moriyama-careのブログ

moriyama-careのブログ

名古屋市守山区のもりやま犬と猫の病院の分院ケアセンターです。

トリミング・リハビリテーション・シニア犬のペットホテルを主に取り組んでいます。

こんにちは!メディカルトリマーの岡本です。皆様にたくさんの笑顔を届けられるよう、精一杯努力いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします!

 さて、皆様の周りで「わんちゃんを飼ってみたいけど毛のお手入れが大変だから飼うのはちょっと、、」や動物アレルギーを持っていて飼うことができないなどといった方はいらっしゃいませんか?
実は、全てのわんちゃんがそうではないんです。
中には毛の抜けない・抜けにくいワンちゃんも存在するのです。
今回はそのワンちゃん達を紹介します🐶


 まず、わんちゃんの毛の仕組みについてお話しします。
わんちゃんの毛は、オーバーコートと呼ばれる一次毛と、アンダーコートと呼ばれる二次毛の二層に分かれています。
オーバーコート(上毛)は皮膚の保護、アンダーコート(下毛)は保湿と、それぞれ別の役割を担っています。
また、春と秋の年2回、大量に毛が抜け替わる時期があります。それをわんちゃんの換毛期と呼びます。
このような二層の毛と換毛期を持つ犬種は、ダブルコートと呼ばれます。
一方で、アンダーコートを持たず、換毛期がないシングルコートと呼ばれるタイプの犬もいます。

では、わんちゃんの毛の仕組みも分かったところで早速ご紹介します!!

・トイ・プードル
・ミニチュア・シュナウザー
・シーズー
・ヨークシャー・テリア
・ビジョン・フリーゼ
・ミニチュア・ピンシャー
・チャイニーズ・クレステッド・ドッグ
・パピヨン
・マルチーズ
・ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ

珍しいわんちゃんの名前もありますね!
気になる方は是非調べてみてください😉

しかし、毛が抜けないからといって手入れを全くしなくていいという訳ではありません。
抜け毛の少ない犬は、抜け毛が少ない分、毛がもつれやすいので日々のブラッシングなどのお手入れが大切です。
毛のお手入れにどのくらいの手間や時間をかけてあげられるのかということも考えて、お気に入りの子を探すことをおすすめします!

私の家族も動物アレルギーを持っています。しかし、家族全員わんちゃん大好きでアレルギーの人がいても飼えるわんちゃんはいないか調べたところ、今ではトイ・プードルのセバスチャンが家族の一員として癒しをくれています😉





もし、お家でのお手入れで何かお困りな事がありましたらケアセンターのスタッフにお気軽にご相談ください!
全力でサポートいたします😆😆