屋根について

こんにちは、古河です!


今回は、屋根について・・・です。



木造住宅に使用されている屋根材は、

 日本瓦・洋瓦・セメント瓦・コロニアルなどです。 



瓦は、金属製のものを除いて、

衝撃には弱いので、

物を落としたり瓦の上を歩いたりすると

割れてしまうことがあります。



台風の後は、飛来物などで割れている場合があります。



定期的な点検・補修が必要です。



安全や歩き方などの問題もあるので、

専門家に任せることが必要です。



点検後、瓦がずれていたり、

割れていたりしたら


雨漏りの原因になりますので、

早めに補修して下さい。




コンクリート造の屋根は、

屋上防水を施工してあります。

 


埃や木の葉などで排水口にごみがたまり、

水はけを悪くしている場合があります。


点検と掃除が必要です。


屋上防水は、状況にもよりますが、

10年サイクルで工事をすることをお勧めいたします。



屋根は雨漏りにつながりやすい場所です。

 定期的な点検と補修が最も必要な場所です。


AD