100人で書いた本、第3弾! | もりた毬太の 漫画家の雑記帳

もりた毬太の 漫画家の雑記帳

漫画家・もりた毬太(まりた)が他愛のない日常をつづったり弱音を吐いたり色々したりしなかったりしております


テーマ:

 

100人が一篇ずつ書いた匿名の100の文章から読者投票で1位を決めてギャラ総取り、でもうお馴染みの

「100人共著プロジェクト」の第3弾~場所篇~が現在絶賛発売中の模様です! 
 
 
第1弾、第2弾と僕自身も著者の一人として参加させていただいてましたが、
実を言うと、残念ながら今回は参加ならず。
 
エントリー期間と本業の打ち合わせがカブっちゃって、バタバタしてる間に100人の枠が埋まっちゃったんですよね。(エントリーは先着なのです) 
そんなわけで、今回は僕も読んで投票する「読者」としてのみの参加です。
 
だがしかし。
 
それだけかと言うと実はそうでもなかったりもするのだなあ。
なんと、巻末に、僕の描いたマンガが掲載されています!!
 
 
…すいません、ちょっと大げさに言いました笑
 
説明するとですね、100人共著プロジェクトとは別にTwitter上で「深夜の創作60分一本勝負」という企画がありまして。
出されたテーマを用いて60分でイラストや文章を仕上げてタイムラインに投稿するっていう、いわゆるワンドロとかワンライって言われるやつですね。
で、今回はコラボ企画として、100人共著のテーマである「場所」をお題に投稿されたワンドロ・ワンライ作品が、100人で書いた本~場所篇~に掲載されたって寸法です。


やー、やってみて分かりましたけど、60分短っっ!
イラストだとまず完成までは無理だなぁと思って、マンガ…というかネームでの参加にしたのですが、
結構念入りに事前準備に時間取ってなお、足りなかったですね。
なので本に載せてもらったバージョンは実のところプラス60分ほど時間かけちゃってます。

ちなみに、事前準備ってのがこちら↓
要はプロットやキャラデザですね。
この辺なんにも決めずのガチ60分だと、たぶん自分にはなんにも描けないなあ。


そんなこんなで、僕のマンガも載った「100人で書いた本~場所篇~」
投票の受付は今週いっぱい!
せっかくなので期間内に読んで投票して、参加してみてはいかがでしょうか?

…かく言う自分も、まだ投票できてないんですけどね笑

 

 
 
 

もりた毬太さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス