ドクターみすずの「見て・聞いて・感じて」

ドクターみすずの「見て・聞いて・感じて」

大阪府東大阪市、小阪小学校のすぐ北側で、クリニックを行っております。
一般的な診療はもちろん、往診やものわすれ外来も行い保健師、医療ソーシャルワーカーとともにより質の高い生活が送れるような、広い意味での医療サポートを目指します!

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:


今年の3月発行の第72号に載せた原稿です。

参考になれば・・。

今日は認知症のお薬についてのお話です。

「認知症の薬」といえば「アリセプト」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?そんな代表になるほど、10年以上日本では「アリセプト」しか認知症の薬が認められていませんでした。ようやく昨年いくつかのお薬が選べるようになりましたので、どう違うのか、便利なところ、などをあげてみます。2~4のお薬は昨年春~夏にかけて発売されましたので、1年間は2週間ずつしかお薬をもらうことができません。

1 アリセプト

 昨年までは唯一の認知症の薬であり、現在も広く使われています。もの忘れについての相談があった場合に「とりあえずアリセプト」、それがずっと続いているケースも少なくないように思います。高価な薬であり国民医療費への影響も心配ですし、何より薬は適正に使われてこそ本領を発揮します。アリセプトは軽度~高度の認知症まで幅広く対応でき、1日1回型、粉薬やゼリータイプもあります。患者さんによってはかえって興奮を強くしてしまう場合もあります。

2 レミニール

 軽度~中等度の認知症に用います。これのみが1日2回型で服薬回数が多いですが、液タイプがあるのが特徴です。

3 リバスタッチパッチ・イクセロンパッチ

 貼るタイプの治療薬なので、お薬をのむのに時間がかかる、嫌がる場合に便利です。名前は違いますがこの2つの成分は全く同じで、軽度~中等度の認知症に用います。副作用として貼った部分が赤くなる・痒くなる、がありますので皮膚のケアが求められます。

4 メマリー

 これまでの3つとは脳の伝達において効く部分が異なります。中等度以上の認知症に対して用い、単独またはこれまでのお薬に追加も可能です。お薬による興奮は少ないといわれています。

 以上これらのお薬の作用機序は簡単にいうと脳内の伝達をよくすることであり、脳細胞そのものを回復させるお薬ではありません。「認知症の進行を遅らせる」ことが目的で、薬だけの治療に過度な期待は禁物です。約2年で内服の効果がなくなるともいわれており、定期的に中止してみて効果を確かめることも必要と思います。

 続いて認知症で困った症状が出た時に使われるお薬についてお話してみましょう。

5 抑肝散(漢方薬)

 最近注目されており、興奮を抑え、穏やかにする作用があります。漢方薬なので独特の味と1回量が2.5gありますので、白湯にとかして飲むなどの工夫が必要です。人によってはとても有効で、これのみで穏やかに過ごせるようになる場合があります。

6 リスパダール

 認知症の周辺症状(困った症状)に用いられる代表的なお薬です。妄想や暴言暴力など、もう在宅無理・・とあきらめてしまう前にチャレンジしてみる価値があります。液タイプもあり、食事や飲み物に混ぜて内服することも可能です。副作用として足がふらつく、ぼーっとする、などがあります。ずっと飲み続けるのではなく、どこかで減量し中止することになります。

 以上、お薬について簡単にお話しましたが、何よりのお薬はご家族をはじめ接する人たちの「笑顔」です。あれもこれもできなくなっていく中、できているところに注目し、笑顔で褒めて自信を取り戻してもらいましょう!そうすれば・・やがて楽しく家庭での役割をはたしてもらえるようになり、いい方向に変わるきっかけになると思います。ファイト!



テーマ:

 学習療法についてのシンポジウムが、5月20日横浜でありました。昨年震災のため延期となり、前年度分がこの1月に神戸で行われたので、わずか4か月しかたっていませんが、約1200名が参加し、学習療法の効果、可能性、役割について学ぶ場となりました。

 介護老人保健施設石きりでは学習療法をはじめて4年がたちました。その中で、私が医師として感じたこと、学んだこと、今後こうなったらいいなという夢♪を、今回あの!脳トレで有名な川島隆太教授が座長のパネルディスカッションで発言するチャンスを頂戴しました。もう緊張いっぱいで、前日はほとんど眠れない状況でした。。。でも、無事発表を終えて、達成感と充実感でいっぱいです。学習療法は、アメリカにも本格的に導入される予定で、今後の発展がとっても楽しみです。読み書き・計算・数字盤による前頭前野の活性化に加え、コミュニケーションの場面で100点!と褒められることによる+αの効果は素晴らしい可能性を秘めています。

 私は今、ものわすれ外来を行っています。認知症に「認知症リハビリ」を行いたい、と思っても現在はデイの利用にゆだねている状態です。クリニックの周辺でも学習療法をはじめ、回想療法、音楽療法、園芸療法、運動療法などのメニューが選べる「認知症リハビリ型デイ」がいっぱいできて、それを選べる時代が来てほしいものです。

 シンポジウムの様子は、また今後くもん学習療法センターのHPで見れるかも?しれません。学習療法が在宅、おうちで家族さんがパートナーとなって行うことも可能です。ご興味を持たれた方は、是非くもん学習療法センターのHPをのぞいてみてください。


テーマ:

 夜明けが遅く、そして日没がはやくなってきました。ついこの間まで明るかった時間帯が真っ暗に。人間は動物なので「暗闇はこわくて不安」と感じるDNAを持っています。春とくらべて秋の夕日がなんだか物悲しく、胸がキュンとした経験ありませんか?

 私は典型的な朝型の体内リズムで活動しており、子供のころから夜更かしは苦手、早起きが得意です。今も夜は10時には就寝し(イマドキ小学生でももっと遅いですよね)朝5時前後に自然に目覚めます。目覚まし時計は5時半に合わせていますが、ほとんどその音を聞くことはありません。お休みの日も同様、目が覚めますのでだいたい5時頃に起きています。健康的な毎日ですがこの時期、目覚めた時に「まだ暗い」のは結構ツライものです。

 昼と夜の長さが変わるのは地球の地軸が傾いているせいですが、秋から冬にかけて日照時間が短くなると気分が沈みがちになります。これが冬季うつ病です。昼間に太陽の光をいっぱい浴びれればいいのですが、仕事中は無理ですし、弱くなってきているとはいえ、紫外線の悪影響も心配です。カンタンな解決策としては光療法というものがあります。明るい光がしっかり目の奥に届くように工夫された器具で、睡眠リズムを整える効果もあります。クリニックに置いていますので、興味のある方は体験してみてください。色んな工夫をして、少しでも楽チンに毎日を過ごしたいものですよね。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス