唐津の無痛整体師 スッキリ☆の 本日も花マル

唐津の無痛整体師 スッキリ☆の 本日も花マル

治療院でのできごとや、プライベートでのできごとを書いています。

最近は、症例を知りたいというお声にお応えして、

過去の症例を順次アップしています。

ちょこちょこ、美容、ダイエットについても書いています。(^^)

ギャンブルに興味がない人は、

ずっと知らないままだったんじゃないかな?と思う場所を

発見してしまったビックリマーク

まさかこんな場所があるとは思いもしませんでしたよびっくり

 

教えたくないなぁと思う反面、

 

 

あまりにステキだったので、投稿してみましたアップ

 

 

ここは、唐津競艇場。

 

 

買い物に行く途中にあるので、

 

唐津競艇場の前を通ってお店に行きます。

 

 

主人と買い物に行く途中に通り、

 

なにげに見ていたら

 

 

「ブックカフェ」

 

 

という看板が出ていました。

 

 

運転している主人に

 

「えはてなマーク

 

競艇場なのに、

 

ブックカフェって書いてあったびっくり

 

中にあるのかなはてなマーク

 

競艇場の中ってことはてなマーク

 

と疑問だらけキョロキョロ

 

 

主人も、

 

競艇場の中にあるっていうことはてなマーク

 

と、やはり、

 

 

「ギャンブルの場×ブックカフェ」

 

 

っていう組み合わせに、最初は意外そうでしたが

 

 

 

私の好奇心が高まっていることを

 

見逃さなかった主人は、

 

ひらめき電球

 

「行ってみようか?

 

今から行って、見てみよう!」

 

 

と、競艇場の敷地内へ。

 

 

去年だったか、

 

競艇場は、建物も駐車場も、キレイになっていたので、

 

 

テナントも新しくしたのかな?などと思いながら、

 

車から建物の中へ。

 

 

この時、レースは行なわれていなかったのですが

 

ブックカフェまで案内してくれた警備員さんが

 

 

レースが行なわれていない時は、

 

無料開放している

 

 

ことを教えてくれました。

 

 

私と主人が行ったときは、

 

レースは行なわれていませんでしたが、

 

各所の出入り口には、

 

きちんと警備員さんも配置されていますグッド!

 

 

レースを楽しむ人以外にも

 

競艇場という場に親しんでもらえるように、

 

っていうことかもしれませんね。

 

 

 

通路から、数段下がる階段があり、

 

そこにブックカフェのエリアがありました目

 

 

ドアは無く、開放的。

 

 

↑ ↑ ↑

 

入り口から見た左側。

 

入り口から見た右側。

 

↓ ↓ ↓

 

 

カウンターとキッチンがあり、

 

カウンターにはコーヒーマシンがありましたコーヒー

 

 

中には一人、スタッフさんがいらして、

 

コーヒーマシンの掃除をされていました。

 

 

初めて来たので、この場所の使い方を

 

スタッフさんに聞いてみると、

 

 

”ここは、誰でも自由に出入りできるスペースで、

 

コーヒーは150円で買える、

 

マシンが常設されている。

 

このスペースの利用に関して

 

常設のコーヒーマシンでコーヒーを買う、

 

などの条件は無く、

 

外で買ってきたコーヒーを

 

このスペースで飲むのもOK。

 

もちろん、置いてある本は自由に読める。”

 

ということでした。

 

 

おしゃれに飾ってあるラブラブ

 

 

 

ソファ席がある音譜

 

 

 

窓際の一人席もいいね!スター

 

 

 

 

 

 

私は主人とコーヒーマシンでコーヒーを買い、

 

二人席で本を読んで過ごしました音譜

 

 

本は、雑誌などが月1入れ替わるそう。

 

 

本の数は多くないです。

 

たくさん本を置いてある喫茶店が、

 

モールとかのイートインスペースのように使える

 

って感じかな。

 

 

とても落ち着く空間になっていました。

 

居心地が良くて、

 

ちょこちょこ行ってみたいなと思ってますあし