散居村縦断マラソン

テーマ:


1週間前の予報では ずっと 雨になってたけど、金曜日辺りから、日曜日は 晴れマークに変わった!ラッキー。
この今の時期に雨やと寒い〜

富山マラソン後 ほとんどトレーニングしてなくて 凄く 不安だったけど
調べたら 中間地点の 庄川水記念公園のエイドは、給食も あるって わかったので、がぜん やる気がでた  笑笑

けれど体調が少し悪く   走り始めから、やめたい気持ちが満タンで・・・

とりあえず、水記念公園までは 行こう    と

やばやばな走りでなんとか公園に。
歩きながらエイドのりんごを食べる
バナナがあったけど、食べず。
昆布アメ渡してもらったから 貰い、ポケットへ。
寒天も 持って行かれって 言われたから ポケットへ。
卑しい私は 食べれないのがわかっていたけどオニギリも ポケットへ  (帰りにはペッチャンコになった   涙)

いつもの通り エイド後は  元気になり、走る!!

後は キロを逆算して、あと 何キロ、あと 何キロ  と頑張る

走り込んでないと やっぱ ダメやね

ギリギリで完走〜〜
完走できて良かった〜〜

石川県の お友達が待っていてくれたので 一緒に  豚汁を食べる

箸をよかして写したつもりが、写ってみっともない😅


お風呂に寄って
13時半からお客様の 予約なので
店 オープン‼️



エントリーした時はやる気マンマン、しかし 8月、9月、10月と 走り込みができなくて、だんだん自信もなくなり 走りたく無いなーとか 棄権しよーかなーとか ばかり 考えていた。

でも そんな 葛藤のある日、ふっ、と

そや、タイムなかんかどーでも良い、とりあえず、楽しんで、完走できたらいーんや!

って     思ったら
いっぺんに気が楽になり 練習ランもできるようになった。ほんの2週間前・・・
自分なりの 速いタイムを目指すには、練習不足だから、  目標は、完走する事。

数日前のランでは、キロ7分弱。
うまくいけば、5時間。もっとうまくいけば、ギリギリ4時間59分59秒!と 密かな狙いも あったのですが ・・・

やはり未踏の 42.195キロ

笑顔で 完走できたら良い

当日

走り出して 辛くない。楽しい。このペースで行ける
と 思った走りは6分15秒平均くらい   確か・・・

沢山の沿道の応援を楽しみ、エイドの給食を楽しみ、
辛いよ  と 聞いていた 新湊大橋にさしかかり 4時間30分の ペースランナーさんに 追い抜かされた頃からペースはやや落ち
でも まだ、大丈夫と 思っていた。ここで無理したら後がつづかないから、ペースをゆっくり、脚に負担がかからないように走ろう
と 思っていた矢先、脚が ビーンと 攣った!
ヤバイ‼️と 思い、なるべく 酷くならないよう、止まるより、走り続けようと 思ったが 結構大変。橋を下る途中、下ったあと、あちらこちらで 脚の屈伸をしている。
エアーサロンパスを振りかけている場所があったが、多分 変わらないだろうと そこは スルーして 
しかし、何回か 脚が、ビーンとなり、歩行困難状態に( ̄(工) ̄)
もう、つらくてやめたいと 少し頭をかすめましたが、皆んな、とは 言わないけど、辛い思いは一緒だ、どれだけ 踏ん張れるかだ と 思い 脚を前に、前に・・・
加茂あたりの ずーっとの 田んぼ道が一番脚が動かず、寒くて 辛かったかなー
沿道の 応援も 少ないし

やはり、応援は力になるね。

あと 10キロ、と 思っても 10キロの長さは知ってるから、
あー、まだまだ じゃん    って。


北大橋が近くなった辺りから、俄然元気出てきた。最後の2キロ、最後の1キロは 最後の力が湧き出て きて 楽しく走りきれた

こんなに、辛くて、こんなに楽しいこと、
癖になりますね! 笑

私なりに 課題、もって、次のステップ 頑張ろうと 思った。
そして、完走メダルを 6人いる孫に 渡そうと思った。
最低でも6回出場、完走しなければ行けない。
これをモチベーションにして、頑張ろう と 思った
ゴール手前のスタバ辺りで 娘、孫が応援

1人目の 孫

下の廊下2日目

テーマ:
朝5時半過ぎ  まだ 暗くヘッドランプを点けて出発。激登りをしばらく行くと平坦な道になり、ライトは消して 着込んだ服を脱いでいく

仙人谷ダム


足元狭し
S字峡キレイ

十字峡。一番見たかった場所
白竜峡
天然シャワーを 浴びます
景色の良いところは危険なところ


黒部ダムに着いた時は
ほーっと  しました

黒部下の廊下を歩く

テーマ:
少し前の話になります

ずっと行きたかった、下の廊下へ行って来ました。
10月15日、16日  富山の居酒屋さんとそのお知り合いメンバー。総勢9名。
私はその中で面識のある方は居酒屋マスターと もう1人のみ。6人が初めてさんでした。
でも 皆さん良い方で 脚も強いし まとまりある パーティでした。
まず朝一番立山駅を5時22分発の富山地方鉄道に乗り そこでは、5人。次の駅で一人合流、乗り換えてまたお二人と合流と いった形で 会い
最後のお一人とは 宇奈月温泉駅からのトロッコ乗り場、実は 乗り換えで あまり時間に余裕なく、チケットもその方にとって頂いたのですが、乗り換え時に皆んなトイレに行っていたら発車時間になってしまい、先に乗られていた方を待たしてしまう事に!あろう事か 予約した車両は かなり後ろの 方だったので 、皆んなで走りましたが、多分出発時間遅れたと思います。迷惑おかけしました


欅平に着き 準備を済ませて出発

直ぐに激登りになります。
1時間弱で、水平道にはいります







皆んなで写真を撮り合いながら歩きます。

私らが通った2日後 この道で 滑落死亡事故がおきました。

この日は阿曽原温泉小屋泊まり

噂に聞いていた、一つの布団に2人で寝る 状態でした。
心配でしたが、寝返りも打てたし、まあまあ 寝れて良かったです
部屋で宴会
夕食は美味しいカレー

翌日の 出発前


写真の貼り付けが枚数を超すので 
次へ

10月9日 立山室堂散策

テーマ:
晴れた気持ちの良い日に
孫と 立山室堂散策に
孫は4歳だけど ばあちゃんと 山に行きたいと言ってくれ、最初のお山はどこにしようかと迷いましたが 最初は 楽しい思い出が良いかなと 室堂に

私的には室堂は さっさかと 通過する山だったのですが 今回は まったり ゆっくり できて 楽しかった
孫は ソフトクリームで 釣り、ラーメンで釣り
歩かせました  笑笑
次は尖山に 行こうと思います
RA SORAカメラマン


アイス大好き
ほおばる
ラーメン


帰りはバスの床で寝る

剱岳北方稜線

テーマ:
9月18.19日と 剱岳北方稜線へ 行ってきました。

8月に池の平小屋にお手伝いに行っていた時に、皆さんが北方稜線に向かうのを見てて どうしても行きたくなったから。

バリエーションルートで 時間もかかるし 道が明瞭ではないから ルートファインディングが 必要な道。

一旦向かい出したら 戻ることも難しいところです。
力尽きたり 迷ったら ビバークも必要かも

しかし、歩き通して登頂して 下山したい。

8月に心の中に 湧き出した 登頂への願いは 一ヶ月たって 叶う事になりました。
私の周りの男子は 皆んな高所や 岩が苦手。
一緒に行って〜〜って いっても 誰も手を挙げてくれない。

半ば諦めていた時  昨年 立山を一緒に登った ニューヨーク在住の お友達が こちらに 帰郷していて 一緒にボルタリングや ランニングを一緒にした。
この子しかいない!!と  
一緒に行ってもらう事にした。
彼女は、今回約1ヶ月休みを取ってきて、
槍から穂高岳の 縦走や  剱岳のバリエーションのクライミングをしていた。
健脚で うってつけ。
私の方がヘタレ。

さて 
18日火曜日は ピーカンの中
室堂から一路、池の平小屋へ

劔沢雪渓
1ヶ月ぶりの小屋番さん
一緒に行ってくれた綾子さん
小窓雪渓
小窓雪渓
小窓の王
池ノ谷ガリー
ポーズをとる綾子さん
登頂できました

劔沢あたりからの 剱岳


ルーファイは なかなか 難しく
 この岩を登った先はどうなってんの?
登るの?下るの?どっち方面?

と いう場面ばかりで 

楽しかったんだけど  余計な時間ばかりかかってしまった。

でも 歩きながら楽しくて楽しくて仕方なかった。



登頂からの 下りは気力無くしてしまい 
ゆっくりの下りに なってしまい、

剣山荘からは かなりハイスピードで いかないと 最終バスに間に合いそうになかったから
私は 天狗平山荘に 宿泊予約をした。

綾子さんは 翌日予定があるし、
走り通して なんとかギリギリバス時間に間に合ったそう。やはり 健脚、すごいな。

私はもう一回リベンジして 迷いなく 頂上まで いって、次は早月尾根に下ろうかな(o^^o)

生食パン

テーマ:
富山県では 富山市に続く 砺波に
生食パン専門店の   乃が美 が 今日オープン。
店から近いし ちょいと のぞいてみようかなと 行ったら開店前に 長蛇の列。
行列に並ぶのが嫌いな私だけど
買うだけの店だから そんな に待たなくてよかろぅと思い 列に並ぶ。
15分でお店の中に
皆んなの分も 買ったよ


9月1日、加賀温泉郷 秋の陣 寛平ちゃんプロヂュースの ナイトマラソンに行ってきました〜〜

一緒に写ってるのは、控え室で 知り合った方々。お2人はフルを何回も走っておられるそう

16時スタートで、12時頃から受付して 一緒にお話しとかしていたので すっかり お友達気分です

フラフラしていたら野尻あずささんにお会いしたので、あずささんの愛犬チャロちゃんと 撮影。チャロちゃんは しっかりカメラ目線


16時スタートで 18時過ぎていくと段々と暗くなって行きます。その頃の お山も 幻想的で素敵でした。
どんどん暗くなって
峠の20キロ近くは 夕陽の終わりがけ

この場所からは 劇下りです。
今まで 遅かった分を取り戻したく 駆け下ります。
この辺りとゆーか、10キロ以降の登り坂続きで 気分が悪くなった方や 足がつった方がどんどん出始めます。
私も ヤバーい 時点が何回かあり、無理をしないように ユックリ走ったり 歩いたりを繰り返し。
下りは スピードを抑えつつ 少し早走りで・・・。下りだけどしんどいのか 歩いている方も沢山おらた。
この辺りから辛いけど なんか 幻想的な 景色もいっぱいあって 泣きそうになります


沿道の応援も 真っ暗の中 沢山いらして、ありがたい。

走り出しから ハイペースになってしまい、早いうちから 気持ちが萎えていたけど なんとか 奮い立たせて   歩きもたくさんあったけど 32キロ完走できた。
まだ、10キロ 一回と ハーフ一回しか 走った経験しか無くて、初めてのエイドの給食でしたが、美味しかったわー。

今回のミッションの、寛平ちゃんと写真を撮る!と 言うのは叶わず、握手はしたんだけど、残念で 来年の課題かなー


とても素敵な大会でした





いよいよ帰る日になってしまった

まだまだ 居たい場所
しかし 帰らなくちゃ

みんなと写真を撮ってもらいました




見送って頂きました

この後は長い長い 帰り道

綺麗に見え出した
もっとゆっくり見れたら良かった
仙人池ヒュッテへの 木道
仙人池ヒュッテ
雪渓
今期は営業してない 仙人温泉
硫黄の匂い

源泉です

阿曽原温泉小屋
ビール500mlを ぐびぐび
絶対に気持ち良いだろう お風呂


この後がまた、ゲキ登りで・・・

それからの水平道がまた長くて長くて

15時半に 欅平につき、すぐに16時の トロッコに乗る

疲れました〜〜