ドコモショップの現役店長(本が出た当時)という著者が書いた本。主に部下指導について、自分の苦労話を交えながら記している。

部下指導のほかにも、「働くって何?」「理想の職場とは」という本質的な問いに対しても、一会社員の考えとした上でしっかりと話している。

その分野の専門家という訳ではない人が自分の体験を元に自分の言葉で語るというのは、非常に耳に入りやすいし説得力が高い。

強いて言うなら、この著者は新入社員として入った時から「店長になる!」と公言する程上昇志向の強い人だったとのこと。本当はもっと「普通の人」が努力して成長した物語を、個人的には読んでみたい。