こんにちは、
昨夜の渋谷をご存知の方も多いと思いますが
ここ数日渋谷に通っていて
あんなに楽しんでる人が居るんだなと改めて感じました。

NOVでは、定休日の為仮装営業はありませんでしたが
来年は、しっかりメイクしてサロンワークをしても良いかなと思いました。
(仮装してヘアカットしている様は、滑稽ですが)

そんなハロウィンナイトを肌で感じて
色について書いてみました。

{52515A9C-12CC-431C-9EAC-5B68AFFBE13C}

{21FDF7E4-8B78-4859-94C0-B47154D8352A}

{E460C44F-2E80-434F-9C9E-C040FA0020E1}



ハロウィンはなぜオレンジと黒なのか?

ハロウィンは収穫祭。
なのでハロウィンのオレンジは実りの野菜や果物を表しています。

それと、夜にはキャンプファイヤーのように焚き火をして神に感謝したと言われている事から、焚き火もオレンジですね。

オレンジは元気、活発な意味があるので、みんなでワイワイ騒いで豊富な実りを喜んでいる姿がある想像できます。


日本での収穫を喜ぶ儀式としてよく使われるのは稲穂です。
秋の稲は黄色ではなく金と表現されます。
金には喜びそして、富の意味があります。
自分たちで大切に育てた富を神に捧げるというのは日本人らしいですね。

そして、ハロウィンの黒は夜に儀式をおこなった暗闇を意味しているのと、人を生け贄として神に捧げたとされている黒魔術の黒を表しているとされています。そこで一緒に出てくるのが黒魔術師の魔女と使いの黒猫です。


ちょっと怖いですね。日本でも葬儀や喪は黒を着ます。死に近い場所や恐怖を表現する色は世界共通の黒なんですね。

{C4540B4A-5A04-4DA2-87E5-7DC80DC077B5}
昨日の朝日新聞の
朝刊の一面と二面に

隠岐島の海士町(中之島)の記事がでてました。
(偶然なのか、夜のテレビに隠岐島出身の女優
田中美佐子さんが島を紹介していました。)


最近話題になっている
沖ノ島とは違いますが

様々な取り組みで
こちらも話題になっています。

今回紹介している内容も
これからの仕事についても
とても大事なキーワードだなと
感じながら呼んでいました。


島に対して関心を持ってもらうだけでは無く
島の人達が豊かになる仕組み
作っている事に関心を持って
来てもらう。

アイデアが素晴らしくて
自身の会社でも真似できないか
考えてみよう。