もりぐち鍼灸整骨院・Medical Aroma Labo

もりぐち鍼灸整骨院・Medical Aroma Labo

大阪市城東区関目5丁目18-27
TEL / FAX 06-6180-5522
スタッフのつぶやき

これから本当にどうでもいい話をします!と宣言しておきます。

 

仕事に使用しているMacのパソコンの話です。

 

好きな人にしかわからない、マニアックな話が続きます。

 

 

何台もMacを買い換えてきましたが、今現在仕事用にはMac miniの2014年モデルを使用しています。

 

カスタムはしていませんので、2.6GHzデュアルコア i5・メモリ8GB・1TB HDDというスペックです。

 

去年Mac mini 2018が発表され、密かに買い替えを目論んでいました。

 

しかし、性能の向上はもちろんありますが2014年モデルから比較して価格が高すぎて…。

 

最新の購入をあきらめ、Mac miniにその当時最新macOSのMojaveをインストールしました(Windowsで言う所のWindows 7からWindows 10にしたと同じことです)。

 

1週間ほど使いましたが、処理が追いつかず、仕事にならないほど遅いパソコンになってしまい、仕方なく元のmacOSに戻しました。

 

最近になってようやく、Mac miniに内蔵されているHDDをSSDにしたらましになるのでは?と思い始めました。

 

しかもSSDは高価であったのが最近では価格が下がってきているのもあり、思い切ってHDDをそのまま残しSSDの増設に踏み切りました。

 

ちなみに、macOSはHigh Sierraにまではバージョンアップしておかないと、Apple純正でないSSDは使用できないようです。

 

増設前に必ずHigh Sierraへ。

 

1TBのHDD内蔵モデルですのでPCleのSSDを組み込むコネクタはついていません。

 

色々とネットで勉強し、中国からアダプタを取り寄せました。

Mac miniの中を開けるのに特殊な工具が必要ですが、それも付属するお得なパッケージでした。

 

ただ、中国から取り寄せると安いのですが、もし初期不良であった場合、お店とのやりとりが非常に難しくなるので、あまりオススメできません。

 

安全のためには同じものをAmazon等のショップで購入する方が、何かあった時に対応してもらえやすいのではないかと思います。

 

SSDは今回シリコンパワーの「SP512GBP34A80M28」を購入しました。

 

512GBです。

ネットで出てくる記事ではサムスンの「960 EVO」を使用しているものが多いように思いましたが、発売して時期も経つせいか新品が手に入らない、中古なのに非常に高い、ので諦めました。

 

現行のサムスン「970 EVO Plus」は今の所Macで使うには不具合があるそうなので、間違って購入しないよう気をつけてください。

「970 EVO」ならMacでも使える?のかもしれませんが、価格の問題で諦めました。

 

SSDですが、購入する際はしっかり種類を把握してからにしてください。

 

SATA、mSATA、M.2とありますし、ソケットが B key・M key・B + M keyの違いもあります。

 

今回でのMac mini 2014に使用するアダプタはM keyのものですのでお間違いなく。

 

PCle SSDは非常に熱を持ち、高温になると処理スピードが落ちるとのことでヒートシンクも用意しました。

 

アイネックス 「HM-21」です。

このヒートシンクは高さが5.1mmですが、シリコンパワーの今回のSSDに貼り付けると高さがありすぎました…。

 

取り付け後に蓋を閉めるわけですが、少し盛り上がります。

 

先ほどのアダプタの裏面がスポンジであるので、そこを少しだけ押しつぶす形で蓋を閉めることは可能ですが、あまりよくないのかもしれません。

 

もう少し低い物(5.1mm以下)の方が理想的かと思います。

 

SSDにラベルが貼られていることが多いですが、そのラベルを外すと補償が受けられない、とかヒートシンクをつけることがすでに補償対象外となったりする商品もあるようなので、自己責任でお願いします。

 

 

まとめると、今回用意した物は、PCleのM.2 SSD「SP512GBP34A80M28」、PCle SSDを接続する変換アダプタ(「a1347 m key」とでも検索すると情報が出てきます)、ヒートシンクの3点です。

 

分解の工具としてT6トルクスネジ(いじり止め付き)も、お持ちでなければアダプタとセットのものを購入するか、単体で用意する必要があります。

トルクスネジでも真ん中が突き出たいじり止め防止になっています。

 

 

取り付け後の手順です。

 

今まで通りのHDDから起動します。

 

新しいSSDが読み込めませんというようなメッセージが出ますので、初期化します。

 

私の場合はMac OS拡張(ジャーナリング)で初期化しました。

 

あえてAPFSで初期化はしていません(APFSで初期化しても問題ありません)。

 

Mojave以降では強制的にAPFSになるかと思いますが、High SierraではOS拡張で様子見しました。

 

その後、普段バックアップを取っているTime MachineからSSDへデータ移行ではなく、Carbon Copy Clonerというアプリをインストールし、HDDからSSDへシステムごと丸ごとコピーしました。

 

この作業をするには言うまでもありませんが、コピー元のHDD-1TBからコピー先SSD-512MBにデータを移すのに、元のHDDに容量いっぱいデータが入っていると移しきれません。

 

あらかじめ512MBまで減らしておくか、一旦外付けのHDDやSSDに逃しておくことが必要です。

 

完了したら、システム環境設定から「起動ディスク」を選び、SSDを選択し(起動ディスクの変更には「起動ディスク」ウィンドウの左下の鍵を解除しないといけません)、再起動するだけです。

 

Blackmajic Disk Speed Testというアプリを使用してHDDとSSDを比較すると数字的にも処理が速くなったのがよくわかりますし、体感でもMacの起動スピードは感激するほど速くなります。

↑HDD

↑SSD

 

 

大成功です。

 

デスクトップには今回増設したSSDと今まで使っていたHDDのアイコンがそれぞれ出てきます。

 

起動ディスクのSSD-512MBと、倉庫がわりの1TB-HDDで素晴らしい環境が整いました。

 

今回HDDを取り外して、SATA形式のSSDは選びませんでした。

 

読み込み書き込みで約500MB/sぐらい?だそうで、分解して取り換えできなくはないですが、それよりもM.2の方が簡単に増設できるのでお勧めです。

 

M.2であってもMac mini 2014ではPCIe 2.0 × 2対応であるので約700MB/sしか出ません。

 

今回購入したシリコンパワーのM.2-SSDは3.0 × 4であって本来ならリード約3000MB/s、ライト約2000MB/sぐらい出そうですが、元々のHDDの速度80MB/sから比較すると700MB/sでも雲泥の差で満足できます。

 

 

と言うわけで、完全に私の趣味のお話で申し訳ありませんが、これも偏により速いパソコンで、良い仕事をこなすため!です。

 

世の中にまだ少しはいるであろうMac mini 2014ユーザーがもう少し快適に使い続けられるように、一つの症例としてお知らせします。

 

私もあれこれ調べ、色々な方の資料を参考にさせていただきました。

 

それぞれに選ぶ物が違ったり、相性がどうであるか気になるところですので、今回の選択肢もどなたかの役に立つ情報になれば幸いです。

 

ちなみに現在はmacOS Mojave(10.14)にアップしましたが、以前の時の仕事にならない遅さ!はなんだったのかと思うぐらいにスマートに動作しています。

 

 

この作業をした後、お世話になっている方のMac Pro 2013に、容量の少なかった純正SSDを取り外して、サムスン970 EVOの2TBにのせかえる作業をしました。

 

こちらも大成功。

 

こういった作業、調べる時間は本当にものすごくかかってしまいますが、成功すれば大変さを上回る満足感が得られます。

 

 

以上、興味のない方には全く面白味のないつぶやきでした。

 

 

もりぐち鍼灸整骨院

Medical Aroma Labo