建築エコノミスト 森山のブログ

建築エコノミスト 森山のブログ

マンガ建築考の森山高至が「たてものと生活と社会と文化」を考えています。
twitter始めました。https://twitter.com/mori_arch_econo
連絡先は moriarchecono@gmail.com


テーマ:

菊竹清訓さんという人はですね、建築家として圧倒的に独自ですという話をします。

 

建築に限らずですが、日本は江戸から明治への急速な近代化の過程で、その多くを西洋に学びました。

なので、日本の戦後の建築界は、戦前にヨーロッパやアメリカに留学していた方々によって、大きな潮流がつくられています。

 

その中でも、フランスの建築家ル・コルビュジェのところに行った方々の系譜です。

 

これは非常に特殊で、本来なら明治維新での近代化の過程でとった政策が現代までつながっていくはずだったのですが。

 

明治政府は各国に働きかけお雇い外国人と連動するように、さまざまな外国のシステムを導入しています。

憲法や医学はドイツを参考にしたとか、軍隊はフランスが中心で、アメリカ人は教師とか開拓使とか、

建築や鉄道等のインフラは圧倒的にイギリスでした。

海運や港湾、運河や河川の水利については、その道の先進国家のオランダで、船員や海軍もオランダでしたが、

後に海軍もイギリス式に変わっています。

 

それくらい、英国贔屓でした当時の日本は。

40年後には日英同盟とか結んじゃうくらいですからね。

 

その英国から日本に建築を教えにきたのが、有名な日本近代建築の父、ジョサイア・コンドルです。

 

 

同様に、鉄道を教えにきたのがエドモンド・モレル。

 

モレルは来日して2年目には結核で亡くなってしまい、その意志を継いだのがジョン・ダイアックです。

 

 

彼らの設計した多くの建設物がいまだに現存しているのは素晴らしいことだと思いませんか?

 

 

コンドルは工部大学校(現・東京大学工学部)の教授でもあったことから、明治以降の日本の建築家を数多く育てています。

片山東熊 、辰野金吾 、曽禰達蔵、佐立七次郎、渡辺譲、久留正道、河合浩蔵、新家孝正、滝大吉、妻木頼黄、桜井小太郎といった、錚々たるメンバーです。

 

この時代の建築は、関東大震災とその後の火事、太平洋戦争のときの都市爆撃による空襲によって、

多くのものが失われてしまっています。

また、せっかく残っていたのに戦後の高度成長期に再開発等で失われたものも多いです。

 

日本の工部省(建設とインフラを合わせたような省庁)は、ほぼ英国伝授のエンジニアリングの伝統が続いていました。

彼らの世代が現代まで続く日本の近代化の屋台骨をつくったといってもいいでしょう。

 

そのコンドルの教え子たちの中でも辰野金吾は、その後の日本の建築学を背負っていく立場になりました。

 

 

よく知られた辰野の作品が、東京駅です。

 

 

ちょっとなあ、そこの高層ビル!正面くらい遠慮しろよ!と思いますが、この東京駅を解体しようとしていたんですから残って完全修復されただけでも、よかったとしなければならないでしょう。

 

今から考えると、なんとも恐ろしい計画なんですが!実はこの立派な東京駅を壊して、こんなものを建てようとしていたんです。

これ、八重洲側じゃないですよ!丸の内側です。

 

 

まあ、高度成長期の1960年代頃の構想といいますから、当時は「古臭い東京駅は老朽化しているから…」とお決まりの常套句で実行しようとしていたわけです。

その中身は、東京駅を24階のビルに建て替え、丸の内側と八重洲側に高架の人工地盤で自動車を通りぬけさせようという、もう、まったく町田駅や柏駅や、相模大野駅のごときもの、地方の新幹線駅と同様になるところでした。

 

これらの3駅や地方駅がダメといってるのではないですよ、新興の町と歴史のある街では自ずと考え方を変えねばならんだろ?ということです。
しかも、東京駅はあの東京大空襲を生き延びたのですから

 

 

▲終戦直後の東京駅です。

 

▲簡易修復されて使われてきた昭和の東京駅


国鉄は東海道新幹線などの大規模プロジェクトが動き始めていたことと、国鉄内部では慎重論も根強く、計画が具体的なものになかったのが幸いしました。
ところが、こっそり東京駅構想はさらに蠢き続け、ニューヨークのワールドトレードセンタービルみたいな「世界貿易センター」構想にまで発展してたそうです。

最終的に東京駅は高層化されるのではなく、「復元」ということになりました。

 

浜松町に移動した「世界貿易センター」のことを考えれば、大変賢明な判断だと思いますが、

時代の変遷や社会構造の変化によっては、「古い、汚い老朽化しているから…」の建物がどんどん価値を増して、

「新しいツルツルぺらぺらの小奇麗な…」ほうが先に消えていくことにもなるのです。

 

これは、もう世界的な定説です。

 

この辰野金吾の元から育った建築家に

伊東忠太、長野宇平治、武田五一、中條精一郎、塚本靖、野口孫市、大沢三之助、関野貞、岡田時太郎らがおり、

大正から昭和初期にかけて活躍しています。

 

▲伊東忠太による築地本願寺

 

▲武田五一による京都市役所

 

昭和10年頃の建物って聞くと不思議な気がしませんか?

えっ?もっと古いんじゃないの?と、

なんで、この頃、今から70~80年前はこんな意匠的建物がバンバン建ってたのに、なんで今は建てないの?と

 

それは、太平洋戦争を挟んで社会状況が大きく変化したからなんです。

そのあたりは後程、詳しく書きますが、明治から3世代を経て日本の近代建築家三代目ぐらいから変わってきます。

 

明治維新から50~60後の大正年代に登場したのが、ル・コルビュジェを中心としたモダニズム建築運動なんです。

 

コンドルの弟子たちの孫世代にあたる建築家、前川国男がコルビュジェの事務所に入所したところから、日本の近代建築の流れが大きく変わります。

 

森山流のザックリ建築家系譜年表です。

この年表で分かるように、明治維新以来の英国気風が、太平洋戦争のときにいったん断絶していると見ます。

それは、英国に教わったヨーロッパ由来の様式建築を、昭和の初期頃から超えよう変えようという試みが始まったのです。

日本流の日本系譜の「建築様式」をつくろうとした運動です。

 

帝冠様式と呼ばれるもので、伊東忠太や武田五一、佐野利器らによって始められてもので、有名な作品に九段会館や京都市美術館があります。

 

箱型の基壇部の上に天守閣のような屋根を掛けながら、全体で調和を取ろうとしている工夫がうかがえます。

 

国会議事堂も、当初はこんな城郭的なデザインだったんですよ。

 

西洋の模倣から脱しようとして、様式を考案する必要に迫れていたことがうかがえます。

西洋と東洋がミクスチャーされており、ちょうど大陸の中心に位置するにあるチベットとかインド建築のようにも見えて、

かえって無国籍化しているようにも見えますが、実際にこの様式で建てられた満州の関東軍司令部庁舎です。

 

 

これはこれで、いいような感じもしますが、戦後の中国政府の建築デザインに影響を与えているように見えますね。

 

名古屋市には市庁舎と愛知県庁舎が並び立っており、帝冠様式も日本独自の近代建築の姿として、なかなか完成に近づいていると思います。

 

 

この名古屋市庁舎は設計コンペによって選ばれたものなのですが、「日本独自の様式づくり」に対し、

 

もう様式なんていらないよ、地域ごとの様式って考え方は古いよ、と言っていたのが、

フランスのル・コルビュジェを始めとするモダニズム運動の人達です。

そのル・コルビュジェのいるパリで大学卒業後働いていたのが、前川国男さんです。

 

なので、名古屋市庁舎のコンペに、こんな案を出しました。

 

 

普通じゃん、って思うでしょう?

 

当時は、まったく普通じゃなくて、超過激なものだったんです。

このモダニズムスタイルは…

 

 

前川国男さん、こんな感じです。

なんか、眼光鋭く、建築家というより大新聞社主とか、映画監督とか、ジャーリストみたいな雰囲気ですね。

 

 

 

つづく

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス