ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

ちょっと宣伝・・・


*****貸別荘となり ご案内*****

山の中の貸別荘 となり 2018年分ご予約受付中です。

1泊からご利用いただけます。
image
緑と清流の里、キャンパーの聖地ともいわれる道志村で、小さなお子様のキャンプデビューにいかがですか?
一軒家をまるまる一棟貸切、庭にテントを張ったり、バーベキューをしたり、ハンモックに揺られたり。
王道の川遊び、夜は星空観察、ホタル観賞もよいですね。
もともと管理人宅の離れ(別宅)なので、生活に必要なものはそろっています。
思い切って、1~2週間のロングステイなんかもできますよ。
子どもたちに、思いっきり自然の中で深呼吸させてあげてください。
アスファルトじゃない、土の地面を踏みしめ大地を感じ、山や川、目の前に広がる自然の圧倒的な存在感。里山の人々の暮らしの息吹。
大人も子どもも、自分が自然の一部であることを感じにきてください。
そんなはじめの一歩のお手伝いができれば、幸いです。

詳細は以下のHPをご覧ください(道志村観光協会HP内)
http://doshi-kanko.com/minsyuku_01/tonari/index.html

本ブログ内のカテゴリー「貸別荘となり」にて、各種情報発信しております。

■関連記事一覧

山の中の貸別荘 となり 貸し出し開始です

となり 備品一覧



秋〜冬季も、貸別荘は営業しております♪

ただし、冬季はだいぶ寒いですよ、そのつもりで来て下さいね❤︎

冬には冬の、田舎の良さがある〜♪

空き状況は、電話にてお問い合わせください


******************

 

ここから、ブログ本文です。

 
2018年11月某日
 
チビ2人と、遠方から遊びに来ていたばーばを連れて、
道志村は野原地区の吊り橋に行きました。
 
目的は、写真が趣味(いわるゆアマチュアカメラマン)のばーばを、
紅葉の素敵な撮影スポットに連れて行ってあげること♪
 
ばーば、野原の吊り橋が初めてなのと、吊り橋の床部分が木なのが良い!って、喜んでくれました。
紅葉はもうちょっと!な感じでしたが(ちょっと早かった?)
秋の晴れの日に道志村にばーばが来ていることがレアなので、連れて行ってあげられてよかった!
 
 
息子、久しぶりの吊り橋にビビるの巻。
2歳くらいの時は、高所への恐怖心とかまだ無くて、余裕で吊り橋を渡っていましたが、
高いところが怖い!という感覚を持てるのも、成長の証だね。
 
 
吊り橋序盤には、どんぐりがたくさん落ちていて、のっけからどんぐり拾いで数分経過。
久保の吊り橋も怖かったけど、やっぱりこっちも怖いな。
でも、渓谷美はすばらしい。
 
 
吊り橋を渡ると、森があり、子どもたちとしばらく(ばーばの撮影熱が冷めるまで)
森遊びです。
 
落ち葉いっぱーーーい!
 
おや、葉っぱ以外にもいろいろと森の宝物が落ちているらしい・・・
 

クルミ(オニグルミ)の実を発見!
この実の中に、みなさまご存知なクルミ(種)が入っていますー
↓写真のは、落ちてからだいぶ経っていて黒ずんでボロっと実を剥がせます。
落ちたての、まだ黄緑色した新しい実は、素手で触るとかぶれる場合がありますので気をつけてください。
 

↓リスの食痕
パッカリ2枚に割るリスさんの技術すごいなぁ
みとれてしまう。
 

こちらは、アカネズミの食痕
小さな身体で、前歯で一生懸命丸い穴をあけて、中身を食べる姿を想像して、お疲れ様!
って言ってあげたくなった。
 
 
食べられていないクルミもたくさん見つけたので、お持ち帰り。

 
↓こちらは、蛾の繭(クスサンという、ヤママユ蛾の仲間)のぬけがら
網目模様が美しいので、お土産にお持ち帰りてへぺろ
むかーし昔、クスサンから取り出した糸をテグスとして、釣り糸に利用したらしい。
自然界に無駄なものはないね。
 
森の宝物は、持参の容器にいれてお持ち帰り。
 
 
 
バーバのひとり撮影会が長引いていたので、吊り橋の手前で一休み。稲刈り済みの田んぼの前で、シャボン玉〜
のどかすぎるぅ〜笑
 
気持ちの良い秋の一日でした。
 

 
【後日談】
 
数日後、持ち帰ったクルミをわってみよう!
ということで、どーやって割る?
人間には齧歯目ほどの強靭な前歯、無いしなあ・・・
 
ということで、文明の利器、トンカチ登場!
 
 
クルミにトンカチを当てるのおチビさんには難しいのよね・・・
目は真剣!
 
 
 
何個か失敗してぼろぼろにしちゃったのもあるけど、
ひとつは成功!して、いい感じ♪
ちゃんと、仁(クルミの可食部)があるドキドキ
 

貴重なクルミを、薪ストーブでロースト!
取り出す時に、ぼろぼろになっちゃったけど、味見できるくらいは採れた。
よかった!
 
 

お味は・・・
ちゃんと、クルミの味でした。
新鮮だからか、市販のものよりも、柔らかくて香りが良い!
こんなちょびっとのクルミを、こんな大事に味わって食べたの初めてだよ。
森の恵みに感謝ラブ
 

ふむふむ、しかし。こんだけちょびっとのクルミの仁を取り出すのにけっこうな手間だったけど、
スーパーなど市販の一袋数百円とかで売っているクルミは、
いったいどこからきて、どのように栽培されて、誰が、どのように収穫し、割って、製品化するんだろうね。
 
どこかの国で、農薬使ってたり、農園で働くひとは安い賃金なんだろうな。
でなきゃ、あの値段でスーパーで気軽に手に入らないっしょ。
 
森の中で、社会の、経済の仕組みについて考える教材(題材)を見つけたのが、私的収穫。
おチビたちがもう少し大きくなったら、また森にクルミ拾いにいこう。
そして、そこから、いろいろ考えてくれるといいな。
 
【関連記事】
 
*おわり*
 
↓私が森に遊びに行く時にいつも持っていく本、おすすめです。