離婚しない 『モラハラ』『自己愛性人格障害』対処の超裏技!! 

現在、夫からモラハラを受けているけど、
事情があって今すぐ別れることができない貴女!
そんなあなたの為の、
モラハラの弱点を掴み、離婚せずに自由を取り戻す方法!!
《離婚しないモラハラ対策カウンセラー》Joe

【無料メール講座】
離婚しない モラハラ対処の超裏技(全11回)


モラハラ夫に対する、具体的な対応方法
を知りたい方は、こちらの無料メール講座が
オススメです。

具体的な対応方法とは>
・夫に対する表情の作り方
・夫に対する、言葉の選び方とその時の声質と強弱
・夫と同居の場合の自分の精神の保ち方
・夫の攻撃のかわし方
・夫に接する時の気持ちの持ち方

詳しい説明は、こちらをご覧ください▼
http://www.reservestock.jp/subscribe/21625

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

【おことわり】
このブログでは原則的に、
「モラルハラスメント(モラハラ)」という言葉を
自己愛性人格障害の人からの被害』
という意味で使用しています。

そして、この「自己愛性人格障害」という言葉は、
各記事に個別に説明が無い限り、
医師によって「自己愛性人格障害」と
診断された場合に限らず、
『他人を傷つけずにおれないほど、
 自己愛が肥大化した状態』
と言う広い意味で使っています。


また、このブログの記事では、
私の個人的な解釈に基づき、
最も典型的なモラハラの特徴を記載しています。

読者の方のモラハラ夫の個別の特徴については、
別途ご相談いただければと思います。

離婚しないモラハラ対策カウンセラー
Joe(ジョー)
NEW !
テーマ:

 

散歩って、

その景色次第で、

気持ち良かったり、気持ち悪かったりが

変わるよね。

 

景色は重要。

 

 

 

さてビックリマーク
こんにちは。
『離婚しないモラハラ対策カウンセラー』
のJoe(ジョー)です。

 

 

 

 

ブログの記事に

コメントをいただきました。

 

============

自信のなさが勘違いである

というのはだいたいわかってきました。

 

しかし私含め

ここに来る皆さんは

圧倒的に決断することが苦手だと思います。

 

そんなことは

人にゆだねてはいけない

 

という決断、判断まで

人に任せがちですよね。

 

私は最近、

多少良くなってきたとは感じますが、

 

これはどういう理由から

起こっているのでしょうか?

 

やはり自分が

なくなっているからなのですか?

 

これは意識して

自分で判断していくことによって、

改善していく感じなのでしょうか?

===============

 

 

 

そもそも、

人間の脳というのは

自分でいちいち判断するよりも

 

何かしらのガイドラインに

ただただ従って

ついて行っている方が楽なので、

 

そうしたくなる傾向にあります。

 

 

 

これは、

被害者体質の人だけでは無くて、

 

全ての人が

根源的に持っている

脳の仕組みだと思います。

 

 

 

実際、

 

自分の身の回りの決断を

全て自分でしている人は

ほぼいないでしょう。

 

 

皆さんが働いている会社も、

商品を作る時、

原材料を作る段階から作り上げ、

販売するまで、

 

すべて自社でやっている会社は

ほとんど無いでしょう。

 

 

どの会社も、

 

原料を、

他者から仕入れるか、

 

製作段階で

部分的に外注に出したりします。

 

 

そして、

それらそれぞれの分野についての

細かい決断は

 

依頼する会社が

いちいち全て

決断し、指図しているわけでは無く、

 

その外注する会社や

仕入れ会社を信頼し

丸投げしているわけです。

 

 

依頼している会社は、

その細かいところまでは

知識すらない場合がほとんどです。

 

 

 

会社以外に

目を向けてみても、

 

たとえば

「結婚制度」というのは

 

それ、そのものが、

 

そもそも

 

自分の生活全てを

自分で決断しなくてよくするために存在する

制度と言えるでしょう。

 

 

これは、

被害者体質の人にとってだけでは無く、

全ての人にとってそうです。

 

 

あるいは、

私たちの使っている

生活用品についても、

 

私たちは

当たり前に使っていますが、

 

これらも、

冷静に考えれば

ほぼ全部、

 

私たちは

それがどうやってできているのか

 

本当に安全なものなのかも

知らないわけです。

 

 

でも、

それを作った業者を信じて、

平気で使っています。

 

 

 

つまり、

 

私たちが生活を

して行こうと思ったら、

 

何かしらの形で

他人に決断、判断をゆだねることは

普通にあるわけです。

 

 

そうしないと

生きていけないし、

 

全ての人が

当たり前のようにそうしています。

 

 

 

だから、

 

自分の決断や判断を

他人に委ねること自体が

ダメなわけでは無いわけです。

 

 

それ自体は

普通のことだから。

 

 

 

では、

 

冒頭の

コメ主さんが言われるケース、

(被害者体質の人が陥りやすいケース)

 

は、

どこが間違っているかというと、

 

他者に

決断や判断をゆだねる時に

 

一緒に、

 

自分を幸せにする「責任」

 

まで放棄して、

他人に委ねてしまうことです。

 

 

 

要するに、

 

自分と他人との

境界線の意識が薄いわけです。

 

 

 

あなたが

他人に決断をゆだねる時、

 

他人は

その他人自身の利益に基づいて

あなたに関する決断をするわけだから、

 

もし

その他人が、

あなたのために力を注ぎたいと思えば、

(つまり、あなたの幸せが

 その人自身の利益になるなら)

 

その人は

あなたの為に力を注ぐでしょう。

 

 

でも、

 

たとえ

その人にとって

あなたのことが大切であり、

 

あなたの利益が

その人自身の利益でも、あったとしても、

 

その人はあくまでも、

その人自身の利益に基づいて

やることなわけだから、

 

必ずしも、

あなたが望む形を生み出すかは

分からないわけです。

 

何かしらの

思い違いがあるかもしれません。

 

 

その人が

100%あなたの為に、

やりきったと思っていても、

 

あなたにとっては

およそ納得できない

結果になるかもしれません。

 

 

 

もっと悪いケースでは、

 

それが詐欺かもしれないし、

 

あるいは、

 

あなたが決断をゆだねた

その相手が、

 

その決断をする途中で

飽きたり、

気が変わったりするかもしれません。

 

 

 

これは、

良いも悪いも無く、

事実です。

 

 

他人というのは

あなたとは完全に分離した、

独立した生命体だからです。

 

 

 

でも、

上で書いた通り

 

私たちは、

自分の生活の全てを

自分で賄うのは不可能なわけだから、

 

その、

 

自分とは別人格の

「独立した生命体」

 

何かしらの決断や判断を

任せる必要がある時もあります。

 

 

だから、

 

その時は

それを知って

任せる必要があるわけです。

 

リスクがあることは覚悟して。

 

 

 

 

それを踏まえて、

 

最も重要なのは、

 

何かしらの決断を

委ねる場合でも、

 

 

あなた自身が、

 

「自分を幸せにする、最高責任者」

 

の地位を

絶対に降りないことです。

 

 

死ぬまでに

一瞬たりとも降りるべきではありません。

 

 

その意識さえ失わなければ、

 

他者に決断をゆだねたとしても、

冒頭のコメ主さんが言われるような

 

自分を失っていく結果にはならないし、

 

困った結果になりそうな場合は、

決断を委ねない

ってことも出来るわけです。

 

 

 

ところが、

 

モラハラ被害者になるような人は、

 

その

 

「自分を幸せにする、最高責任者」

 

の地位を

あまりにもあっけなく降ります。

 

 

 

それどころか、

 

「自分を幸せにする責任」

 

を降りているからこそ、

 

逆に、

 

生活の中の

いろんな細かい決断の方は

「他人のもの」まで引き受け、

 

それについての責任も背負うことが

できるわけです。

 

 

 

 

だから、

モラハラ被害者は

 

「せめて褒めてよ」

 

と言います。

 

 

めちゃくちゃ言います。

 

 

 

 

 

「自分を幸せにする責任」

 

を降りてしまってるので、

 

無差別に、

全てを相手の決断に委ねることになり、

 

その結果、

当たり前みたいに

犠牲者みたいな人生になり、

 

 

「こんな犠牲者みたいになってるんだから、

 せめて褒めてよ」

 

というわけです。

 

 

 

これを

惨めだと思いませんか?

 

 

 

 

それはすべて、

あなたが

 

「自分を幸せにする、最高責任者」

 

の地位を降りることによって

起こることです。

 

 

これは

生活の中で

部分的に何かの決断を

他人に委ねるのとは別問題です。

 

 

 

とにかく、

モラハラ被害者になるような人に

必要なのは、

 

 

=============

「自分を幸せにする、最高責任者」

の地位を降りないこと、

 

そして、

「他人が幸せになる、最終的な責任」

を、引き受けないこと

=============

 

です。

 

 

人間関係を作るのに

最も重要なことは、

 

あなたが

「その他人が幸せになる責任」

を引き受けることでは無く、

 

その他人が幸せになることを

「邪魔しない」ことだと思います。

 

 

あなたは、

被害者体質で

他人に認められ、

活躍したい体質かもしれませんが、

 

そのために

その他人が、

「自分が幸せになる責任」そのものを

あなたに横取りされる謂れはありません。

 

 

 

そのように、

 

(あなたも他人も、全員が)

「自分で生きる覚悟」

を持つことが、

 

他人に決断などをゆだねる必要がある

世の中だからこそ、

 

逆に、

重要なのだろうと思います。


 

 

 


にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

メモ【勉強会などイベント情報】はこちら↓
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5581

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

モラハラ夫に対する、具体的な対応方法
を知りたい方は、こちらの無料メール講座
オススメです。

具体的な対応方法とは>
・夫に対する表情の作り方(目や口の動かし方など)
・夫に対する、言葉の選び方とその時の声質と強弱
・夫と同居の場合の自分の精神の保ち方
・夫の攻撃のかわし方
・夫に接する時の気持ちの持ち方
などです。

↓こちらから
【無料メール講座】離婚しない モラハラ対処の超裏技(全11回)



Joeへのご質問、お問い合わせはこちら
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6312

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(2)

テーマ:

 

電子書籍に

だんだん慣れてきたわ。

 

 

 

さてビックリマーク
こんにちは。
『離婚しないモラハラ対策カウンセラー』
のJoe(ジョー)です。

 

 

 

 

モラハラ夫が

ターゲットに対して

脅威を抱くのが

どういう時かというと、

 

死に物狂いで

立ち向かってきた時では無く、

 

ターゲットが

自分(夫)から

離れて行こうという決意が

見えた時です。

 

 

結局、

モラハラというのは、

 

他人に対する「依存」

の一種なので、

 

言ってみれば、

 

被害者体質の人が

相手や結婚に依存するのと

同じことです。

 

 

ただ、

 

被害者体質の人は、

 

「協調」という形で

依存したがる

 

のに対して、

 

 

モラハラ体質の人は、

 

「攻撃」という形で

依存したがる、

 

という、

 

その依存の手段が

違うだけです。

 

 

 

しかも、

 

モラハラ体質の人の、

その依存手段である

 

「攻撃」

 

は、

表面上、

 

「拒絶」

 

という方式をとるので、

 

相手から見ると、

依存しているように見えません。

 

 

むしろ、

潔く突き放しているように見えます。

 

 

 

でも、

 

その「拒絶」は、

実質的に「依存」なので、

 

 

モラハラ夫は、

 

もちろん、

 

ただ単に

拒絶するわけではありません。

 

 

ちゃんと、

相手が離れて行かないような

方策を打った上で

 

「拒絶」をするわけです。

 

 

そういう種類の「依存」です。

 

 

 

具体的にどうするかですが、

 

まずは、

 

相手を拒絶しながら、

結婚生活を不安定にさせ、

 

相手には、

 

相手が歩み寄りさえすれば

結婚生活が継続していけそうな

 

「希望」

 

持たせ続けるようにします。

 

 

 

そもそも、

 

モラハラ被害に遭うような人は

 

結婚であっても

職場であっても、

 

その環境を捨てたくない

 

と思っています。

 

そういう人が

モラハラ被害に遭います。

 

 

でも、

 

モラハラ夫としては、

そういう相手に対し、

 

ただ単に虐待したり、

拒絶することを繰り返していると、

 

さすがに

その相手も、

 

結婚や職場への

 

「希望」

を失い、

 

別の道を見つけようと

するかもしれません。

 

 

だから、

 

モラハラ夫というのは、

 

巧みに

相手の心理を読み、

 

その

「別の道」への「希望」

 

持たせないように、

 

 

相手に対して、

 

=============

私が歩み寄りさえすれば、

今いる環境(結婚など)の維持には

まだ可能性がある

=============

 

という「希望」

 

持たせ続けるわけです。

 

 

 

例えば、

 

モラハラ夫が、

 

妻を虐待したり、

拒絶したり、

 

あるいは、

外で、

家庭を顧みない行動をする時、

 

妻は、

当然、

 

夫がそんなことを続けていたら、

家庭が壊れてしまう

 

という危機を感じますが、

 

 

この時の、

モラハラ夫は、

 

「家庭を壊す意図で

その行動をしているのでは無い」

 

という印象を

妻に与えることに終始します。

 

 

 

つまり、

 

「モラハラ」というのは、

 

被害者から見ると、

 

悪意は無く、

(そのつもりは無く)

家庭(や、その関係)を壊すような行動を

繰り返している

 

というふうに

見えるようにする

 

のが原則です。

 

 

 

明確に、

 

「家庭を壊してやろうか?」

 

などという

発言をするのは、

 

かなり支配が進み

 

モラハラ夫自身、

それでも相手が離れて行かないと

自信を持った後です。

 

 

 

だから、

 

モラハラ被害者というのは、

モラハラ夫に対して、

 

彼のやってることによって、

いかに家庭を壊す可能性があるかを、

 

躍起になって説明し、

理解させようとすることが

よくありますが、

 

 

多くの場合、

 

モラハラ夫は、

そんなことは説明されなくても

 

もともと分かった上で、

 

妻の側が

家庭崩壊の回避に向けて

フォローに回ることを

考慮した上でやっていることなので、

 

 

その

妻の説明に対して

 

「なるほど。そうなんだ」

 

と納得することはありません。

 

 

納得する

「実益」がありません。

 

 

 

でも、

 

妻の側は

それを知らないので、

 

説明すれば

分かってもらえるのだと

 

希望を持ち、

 

歩み寄り、

 

前向きに話し合おうとします。

 

 

そして、

それを続けるうちに、

 

被害者は、

 

歩み寄る以外の

選択肢を取れない

精神状態になっていきます。

 

 

 

つまり、

モラハラ夫というのは、

 

===========

妻には、歩み寄らせながら、

自分は、突き放す

===========

 

というやり方で、

 

妻に

アクセルとブレーキを

同時に踏ませることで、

 

身動きできないようにし、

 

ただただ、

 

相手が苦しむだけの状況を

作るわけです。

 

 

そういう種類の「依存」です。


 

 

 


にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

メモ【勉強会などイベント情報】はこちら↓
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5581

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

モラハラ夫に対する、具体的な対応方法
を知りたい方は、こちらの無料メール講座
オススメです。

具体的な対応方法とは>
・夫に対する表情の作り方(目や口の動かし方など)
・夫に対する、言葉の選び方とその時の声質と強弱
・夫と同居の場合の自分の精神の保ち方
・夫の攻撃のかわし方
・夫に接する時の気持ちの持ち方
などです。

↓こちらから
【無料メール講座】離婚しない モラハラ対処の超裏技(全11回)



Joeへのご質問、お問い合わせはこちら
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6312

 

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(3)

テーマ:

 

今日は掃除の日にしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段はやらんけど、

やる時はやるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間の合間を縫って、せっせとやる。

 

 

 

 

 

 

 

今日中に終わらんかもしれへんなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

メモ【勉強会などイベント情報】はこちら↓
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5581

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

モラハラ夫に対する、具体的な対応方法
を知りたい方は、こちらの無料メール講座
オススメです。

具体的な対応方法とは>
・夫に対する表情の作り方(目や口の動かし方など)
・夫に対する、言葉の選び方とその時の声質と強弱
・夫と同居の場合の自分の精神の保ち方
・夫の攻撃のかわし方
・夫に接する時の気持ちの持ち方
などです。

↓こちらから
【無料メール講座】離婚しない モラハラ対処の超裏技(全11回)



Joeへのご質問、お問い合わせはこちら
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6312

 

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)