こんにちは

今日は大切なお客様の講演会

守山まで聞きに行ってきた

リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

 

連日の勉強は楽しいなと。

 

 

場所はなごやサイエンスパーク

というところで

 

あまり一般人には

伺いしれないような場所ですので

いろいろ刺激になりました。

 

どんな講演かというと

 

http://www.nipc.or.jp/science/pdf/mini-seminar190418.pdf

 

実はタイトルも内容も

あまりサイエンスではありません。

 

むしろ地道にやるべきことを

一つ一つ確実にやってきた社長と

それを信じてきた社員さんたちの話です。

 

サイエンスというよりプロジェクトX的な

やや人間臭い感じです。

 

 

17年前に

会社を引き継いだときには

誰が見てもすぐに潰れるだろう

という会社でした。

 

3千万の売上の会社に

3.6億の借入金と

2億以上の親の負債を背負って

 

6億のマイナスからのスタートという状況で

 

銀行は300万円の借り入れすら

認めてくれませんでした。

 

なんとかしようと

勉強のためにセミナーに行ったら

 

講師から

「会社見学に行って良い?

すぐに潰れる会社を見てみたいから」

と言われる始末。

 

診断士とかコンサルとか

経営のプロフェッショナルの人たちが

一目みて「あーこれは駄目だ」

というような感じ。

 

そんな状況でも大復活しちゃうんですよ。

村山社長と社員さん達の汗と涙で。

 

そんな内容の講演です。

 

社名はPDFにも出ているので

書いちゃいますが

 

豊田市の

三竹生コンクリート株式会社様

の社長さんが講師です。

 

当店にお客様としてお見えになるときは

村山社長はいつもにこにこして

でもけっこう深い話をしていかれるので

 

以前から只者ではない

とは思っておりましたが

まったくもって只者ではありませんでした。

 

今日も笑顔で

何気ない感じで講演をしておりましたが

話自体はそうとうエグい

修羅場をくぐり抜けてこられている内容

でした。

 

人間そこまでの思いをすると

魂が磨かれるというか

いつもにこにこと人の話を聞く

仏化するんだなという感じです。

 

いや、死んじゃうわけじゃなくて。

 

 

他社さんのことですので

ここであまり内容を書くわけには

いきませんが

 

奇をてらった奇策で再生したわけじゃなく

普通に経営セミナーに行けば

一回は聴くような良いことを

 

確実に自分と社員さんに対して

素直に徹底的にやりこんできた

という印象です。

 

多額でありえないレベルの借金も

銀行さんと綿密に打ち合わせて

経営計画を作り

 

その本気と根性を認められて

再建計画をスタートさせて

減らしていったとか

 

その手法は

魔法のようなことではなく

人間性と熱意と忍耐力で

状況を変えていったようです。

 

 

とにかく、人一倍に勉強し

その話を素直に聞き

良いことはどんどん実行していった

とのことです。

 

私の周りにも

急成長した社長さんは何人かいますが

 

その人達はほぼ全員が

「ただ話で聞いた良いことを

すぐに素直に行動しているだけだ」

と言います。

 

本当はそういう事の継続こそ

一番大切で難しいことなんですよね。

 

講演は最後に

社員さんをものすごく大切にしている

エピソードで終わります。

 

社員さんを家族のように

戦友のように思っている

社長さんだからこそのエピソードです。

 

経営はモノではなく人であることを

口だけではなく

実際に行動で示している社長だからこそ

 

社員さんと力を合わせて

どん底からでも復活できたんだろうな

との感想を持ちました。

 

ちなみにライバルは

ディズニーランドとおっしゃっていましたが

実はこれと同じことは

私も2002年の時から言っていました。

 

 

雑誌で記事になったときには

具体的な社名は書かれませんでしたが…

けっこう気を使うのね。

 

 

やっぱり

人を中心に据えている会社は

そういう発想になるもんだな。

 

ついでにいえば

私のもう一社のライバルは

吉本興業ですが

 

それは経営手法というわけではなく

楽しいを広げていく会社として

勝手にライバル視しています。

 

17日に引き続き

昨日も勉強になる一日だった

リーガルシューズ岡崎店なのです。

 

こんにちは

 

昨日は友人の女性の誕生日のために

名古屋の笹島にある

ワークショップでこんなのを作ってみた

リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

 

 

中をよく見ると赤い服の女性と

幸せのクロネコが入っています

というか入れました。

 

イメージは誕生日の女性です。

エロいですモンローです。

 

 

このワークショップは

 

石を敷き詰めて苔を束ねて

瓶に入れるという簡単なお仕事

なわけですが

 

これがまた意外とけっこう難しいです。

 

 

ピンセットなどを使い

中身を瓶に慎重に入れていく

のですが

 

日本で3番めに不器用な私は

それだけでも失敗してしまうのです。

 

最終的に先生になんとかしてもらいました。

 

 

完成した作品の先生の評価は

 

ぼそっと

「アバンギャルドですねえ…」

 

それはほめているのか?

いずれにせよ楽しい30分でした。

 

 

さてビックサイトで

面白いイベントが開かれているようです。

 

 

うーん

こういうところに行って

食べまくりたい。

 

この記事には

各部門のグランプリ作が

掲載されているのですが

 

文字だけじゃよくわかりません。

 

一部抜粋

 

●わが社自慢の惣菜部門
ぎっしり詰まった旨だれかき飯重(ウオロクホールディングス)、黒酢ソースカツ重弁当(たまご家)、出し巻き玉子弁当(千惣)、まごころ弁当(さとう)

●調理パン部門
大分メイドサンドイッチ(sandwichfactory cyakumi)

●冷凍・チルド部門
健康楽膳 塩分気配りセットA(シュガーレディ本社)

 

ほかいろいろ

 

いや文字はいいから明確な写真を見せて欲しい。

画像ページじゃあるけど

いまいち見えづらかったりします

 

本家の展示会のサイトにも

写真は掲載されていないみたいなので

権利関係で無理なのかな?

http://www.fabex.jp/

 

なんであれ美味いもの好きには

楽しそうな展示会なので

一度行ってみたいものです。

 

記事で気になったのは今年のトレンド

 

2019年の食品トレンドのカテゴリーは

・健康訴求
・おいしさの新発見:コラボ
・刺激を求めて
・珍妙なフレーバー
・豪快にいこう
・進化を続ける時短 簡便
・新食感!
・新しい食べ方 形状 見た目

 

これは食品に限らず

あらゆる商品にも通じる8項目

ではないかと思います。

 

当店で言えば

「健康訴求」は靴でも

健康志向は言える話だし

 

「珍妙なフレーバー」も

今までにないカラーとかが相当する

と思っています。

 

 

「豪快にいこう」

はカラー展開の多さとか

 

「新食感」とか「新しい食べ方、見た目」

は、今までにない提案力などが相当します。

 

大事なのは他業界のトレンドとか

提案にアンテナを張っているか

 

それを自分に置き換えて考えられるか。

 

さらに自社に取り入れて

発信できるかどうか

ではないかと考えています。

 

 

昨日ワークショップをやってみて思ったのは

思った以上に楽しいということです。

 

一人でやるより絶対に楽しい。

 

私どものお店でやる場合

 

ワークショップというと

靴作りはけっこうな作業量になるので

靴磨きになります。

 

これはこれで実は楽しい作業です。

ハマっている人が多いことからも証明できます。

 

この「楽しさ」をどう自分のお店に取り込むのか。

 

 

靴磨きそのものは

普通一人でやることが多いと思いますが

何人かでやるともっと面白い。

 

どうやってその面白さを

お客様に感じていただけば良いのか。

 

そういったことを考えながら

マリリンモンローを

真剣に瓶に差し込んでいた

昨夜だったのでした。

 

リーガルシューズ岡崎店HP

https://moonlight-regal.com/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは

 

今朝はモンキー・パンチの死去に

ショックを受けた

リーガルシューズ岡崎店

の尾崎です。

 

ある意味

60~70年代カルチャーを代表する

マンガでもあるわけで

 

私が子供の時に

大人の世界を垣間見せてくれた

アニメでもありました。

 

おそらく今の30代以下の人にとっては

ルパンとはカリオストロであり

スマートでかっこいい

いまのアニメ画のルパンでしょうが

 

私にとっては

けっこうドロドロした劇画タッチの

ルパンなわけです。

 

初代アニメのルパン

カリオストロのルパン

 

そしてカリオストロは

ルパンの金字塔になるわけですが

 

それ以前のルパンが

本来のモンキー・パンチのルパンであり

 

カリオストロ以降は

宮崎駿のルパン

と私のなかでは明確に区別しています

 

どっちも良いんですけどね。

 

さらに言えば原作の初期マンガはもっと凄くて

 

 

もうこうなると別物なわけです。

なんとなく面影がある程度。

 

この頃のモンキー・パンチ氏は

アニメのルパンをどう見ていたんでしょうね。

 

ちなみに

初代ルパン三世のアニメは

1971年から放送されたそうです。

 

1971年といえば

リーガルの超ロングセラーのこれ

が発売された年です。

ん?こっちだったかな?

 

いずれにせよ

リーガルといえばこの靴!

といわれる2大巨頭が

この頃に相次いで誕生しています。

 

 

ブランド30年説というのがありますが

ファッション関係のデザインで

50年近く作り続けてきているモノは

そうそう無いのではないでしょうか。

 

だいたい50年もあれば

たいていどんな商品でも

何らかのリニューアルが

行われていると思いますが

 

リーガルは頑固にも

同じものを作り続けており

 

(正確に言えば

細かい仕様が変わっていますが

でもほとんど同じです)

 

それが多くのお客様から

支持を頂いております。

 

リーガルの定番と

ルパン三世(アニメ)の誕生年が

同じというのは

他人事とは思えないですね。

 

いっそリーガルのイメージキャラに

ルパン三世はつかえないものだろうか

などと妄想する

リーガルシューズ岡崎店なのです。

 

 

 

こんにちは

ノートルダム大聖堂が

思った以上にひどいことになっていて

驚きを禁じ得ない

リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43772760W9A410C1000000/

フランスの皆様に

お見舞いを申し上げます。

 

フランスに限らず

人類の遺産ですもんね。

 

こんなことなら

パリに行って見ておけばよかったです。

 

早速ノートルダム大聖堂について

Wikiに聞いてみました。

 

https://bit.ly/2GhmOXi

いろいろ書いてありますが

個人的に気になったのは下記の2点

 

ノートルダムとはフランス語で

「我らが貴婦人」

すなわち聖母マリアを指す。

 

パリから各地への

距離を表すときの起点は

ノートルダム大聖堂の前

が起点となっている。

 

本当にノートルダム大聖堂というのは

パリの精神的な中心に存在するもの

なんですね。

 

 

最初にノートルダム大聖堂で火災

と聞いたときには

不謹慎ながらテロかと思いました。

 

今の所まだ断言はできないけど

工事による失火ということが

有力のようです。

 

それならそれで

多少ホッとするものがありました。

 

私はキリスト教徒ではありませんが

聖なるものを尊敬する気持ちは

持っています。

 

そういったものが

憎悪により消失したわけではない

からです。

 

 

 

慰めにはならないかもしれませんが

形あるものはいつか壊れます。

 

 

大聖堂も

もともとは人が作ったものですから

人が作り直せば良いのです。

 

これも未確認ですが

建物内の美術品や聖遺物は

すべて搬出された(Wikiより)

との情報もあります。

 

ならばたとえ時間がかかっても

聖堂をもう一度作り直せば良いのです。

 

フランスならきっとできると思います。

 

 

 

失われた大切なものを

悲しむことは必要ですが

 

早く立ち直って

自分たちに今できることを

考えて欲しいと思います。

 

古き良きものを大切にするのは美徳です。

だけどいつかお別れするときが来るのです。

 

その時にどんなものであれ

感謝の気持ちでお別れすることが

大事なのではないでしょうか。

 

 

私どもが過去3回の

靴供養を行ったのは

その理由からです。

 

リーガルの革も

もとは動物の皮であり

生きていたものでした。

 

その動物の皮を靴にして

毎日のように自分の体重を

支えてくれたものです。

 

感謝してから捨てても

バチは当たりません。

 

ちなみに人が一日歩くと

靴にかかる衝撃は

のべでジャンボジェット1機分かかります。

 

 

サッカー選手がボールを蹴ると

1蹴り2トンの衝撃だそうです。

 

それくらい靴には負担がかかっているのです。

 

リーガルは

サッカーシューズを作っていませんが

 

それでもビジネスシューズで

歩くと1歩あたりに体重の1.2倍

走れば2倍の衝撃がかかります。

 

毎日のビジネスを

足元で支えてくれた靴を

感謝とともに供養して返してあげることは

心に大事なことなのではないかと思っています。

 

ちなみにこの春も

当店では靴供養も行う予定です。

 

今捨てたい靴がある方は

供養してあげるということもできますよ!

 

受付はぎりぎりになりますが

本日(4月16日)と4月18日(木)の

2日間になります。

 

(既に3月から募集していましたので)

 

お預かりした靴は

蒲郡の千日寺さんにて

19日に供養を行います。

 

供養は無料で行いますので

不要な靴をお持ちくださいね。

 

お一人3足までになります。

 

靴を手放す時は

感謝とともに手放す気持ちを

大切にしたい

リーガルシューズ岡崎店なのです。

 

 

こんにちは

ちょっと試しに

口からエクトプラズムを出してみた

リーガルシューズ岡崎店の尾崎です。

 

 

まあ綿菓子なんですけども。

 

さて、東京オリンピックの

ピクトグラムが公開されていました。

 

https://tokyo2020.org/jp/news/notice/20190312-01.html

 

有名な話ですが

 

ピクトグラムは

前回の東京オリンピックの時に

初めて作られ

世界的に広がっていった

 

ということですが

それ以前の案内板は

文字だけだったんですかね。

ちょっと気になります。

 

まずは

今回の発表のものと

1964年のものを比較してみましょう。

 

 

上が1964年

 

下が2020年

 

 

なんだか

だいぶ簡素化したような気がします。

スッキリしたというのかな。

 

あと競技数が増えて

その差を画像で表すのに

苦労の跡が見られますね。

 

自転車関係だけで

5つを使い分けしています。

 

BMXなんかはもはや

すっ転んでいるようにも見えます。

 

いいですね、こういうの。

 

コンセプトムービーもあります。

https://youtu.be/B7YMlcX-ttA

 

さて

東京オリンピックで始まった

ピクトグラムが

思わぬ方向に進化を遂げています。

 

それがヒューマンピクトグラム2.0です。

 

 

http://pictogram2.com/

 

ここには

誰がどんな目的で使うんだろう

と思われるピクトグラムが

満載されています。

 

普通のもあるのですが

例えば

ストップとか

面接とか

 

でもそうじゃないのもあります。

 

 

さあ

ピクトさんの不思議な世界

見てみましょう。

 

おばけに驚く人

リポD

 

インディ・ジョーンズ

かめはめ波

ジャンプキック

 

まだまだいろいろあります。

 

こういう簡単な線だけで

人が何をやっているのか

わかるというのは

実は凄いことだと思うのです。

 

余計な装飾を外して

極力シンプルにするのは

 

やはり禅というか

日本の侘び寂びに

通じるものがある

と個人的に考えています。

 

考えすぎかもしれませんが。

 

シンプルにしても

つまらなくなったら駄目です。

 

シンプルにすることで

そこに見えてくる楽しさというか

美がないとやる意味がありません。

 

ゴテゴテとした装飾も

大事かもしれませんが

 

本当にビシッと決めたいときには

シンプルで美しいもので

勝負するというのが一番です。

 

だから

フォーマルで決めたいときには

シンプルなストレートチップが良い

とされています。

 

https://moonlight-regal.com/lineup/priority/01DR.html

 

例えて言えば

アラブの王族を感動させた

天皇陛下の謁見風景が

わかりやすいかもしれません。

 

サウジアラビアの謁見の間

 

天皇陛下によるムハンマド副皇太子謁見の写真

 

 

なんというか違いは一目瞭然。

特に説明はいらないと思います。

 

どっちが上とかではなく

思想の違いが現れている感じです。

 

シンプルに上品に。

 

冠婚葬祭のようなときには

そのような装いが

その人の格を決めるのです。

 

あなたがキメたいときの靴を

きちんと提供していきたい

リーガルシューズ岡崎店なのです。