アレルギーとの戦い 番外編からの続き

 

こうして見返してみると、ほんとうにタルぼんにはつらい思いをさせてしまい、

遠回りをしてしまいました。一番最初に小麦粉での異変に気がつけば、

他のアレルギーは発症せずに済んだかもしれないと、後悔が残ります。

 

1年ちょっとを振り返ると、ああすれば良かった、こうすれば良かったという思いが

こみ上げてきますが、これを書くことで私自身が同じ過ちを犯さずに過ごせるように、

またアレルギーでつらい思いをしている猫ちゃんと飼い主さんにとって、

その原因を探すヒントになればという思いでいっぱいです。

 

アレルギーを発症すると、その症状を抑えるために薬を使うこともあります。

塗り薬などの外用薬は比較的副作用も小さいので、炎症が皮膚に現れるような

症状には重宝されます。その他には、炎症そのものを服薬により抑える内用薬、

そして即効性もあり獣医さんのもとで処置を受ける注射薬です。

 

いずれも、有効成分はその症状の鎮静化に大きな効果が見られますが、

その他の成分は内臓で処理され体外に排出されます。それを担う臓器に負担を

掛けることは避けられません。一度壊れた臓器は残念ながら元に戻りません。

 

大和っちの腎不全で、そのことはわかり過ぎるくらいわかっていました。

このような理由により、我が家ではできるのであれば薬やサプリメントに頼らず

原因を探すこと、原因を取り除くことを主軸として治療にあたりました。

 

ですが、やはりあまりに酷くなってしまうと薬の力に頼らざるを得ず。

獣医さんとよく相談し体への負担が最小限で済む量を処方して頂きました。

 

また、猫の介護服を制作している立場からひとつだけ言わせていただくと、

患部の保護のためにお洋服やエリザベスカラーを使用するのは、

本当に症状がひどく血がにじむほど傷を作ってしまう時だけにしてください。

時々、もう何年もエリザベスカラーが手放せないというお話を聞くと、切なくなります。

 

服やカラーは物理的に患部を舐めることが出来なくなるため、簡単にできる

治療の一つかもしれないのですが、アレルギーで痒い猫にとって、痒いまま

動きづらいものを体につけられ、どうすることもできないストレスは想像を

超えるものだと考えています。このストレスによりアレルギーだけでなく、

心因性の脱毛に移行してしまうケースもたくさん見てきました。

 

実際、タルぼんもひどい傷の時だけは服やカラーを使用しましたが、それを外した時、

大きく喉を鳴らし喜んでいました。服もエリザベスカラーも必要なくなり、痒さからも

解放されると、驚くくらいイタズラに精を出し、走り回っている姿をみかけ、こらー!と

いたずらっ子を窘める回数が増えるという忙しくて嬉しい毎日になりました(笑)

 

つい先日は、魚焼きグリルを引き出すということを覚え、引き出す→戻す→引き出すを

延々1時間送り返すという、楽しいレクリエーションを堪能したばかりです(笑)

 

アレルギーの原因を見つけ、それを除去すると本当に今までが嘘のように痒がりません。

禿げてボロボロになった毛もびっくりするほどのスピードで生えてきます。

 

舐めることを無理に止めさせるのではなく、舐めなくて良い状態に持っていくことが

大切だと改めて痛感し、服やエリザベスカラーで遮るのではなく、薬で痒いのを

止めるのではなく、痒がる根本を絶やしてしまうのが、やはり一番の治療となりました。

自分が経験したからこそ強く思います。

 

せっかく出会えた命ですから、その子が幸せに過ごせるように辛い思いをしないように

少しの時間、猫たちのために時間を使ってあげてもいいんじゃないかと思うのです。

猫の時間は、人間の時間よりもあっという間、瞬く間に過ぎて行ってしまいますから。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

明日からは、また通常営業のゆるーいブログに戻りまーす!

 

↓2つのランキングに参加中!ぽちっとをクリックで応援お願いなのだ☆

 

   

 ▽人気ブログランキング▽  

 

ご訪問ありがとうございました! また、遊びに来てね♪

 

 

アレルギーとの戦い 終息編からの続き

 

それはアレルギーを発症して1年が経過し、かなり被毛が薄くなっているときでした。

 

くまむらさん(夫)が帰宅すると痒くなるということが何度も繰り返されました。

朝は機嫌がよく痒そうなそぶりもない日なのに、くまむらさんが帰宅して

数分すると、痒くて仕方なくなる。

 

はじめは、くまむらアレルギーかもねと笑っていましたが、ちょっと深刻になり始めました。

 

帰宅前は本当に穏やかに眠っているのに、くまむらさんが帰宅すると痒い!

かゆいかゆいかゆい!!

 

くまむらさんが帰宅する前に、ジムで泳いで帰ってきた日にそれは起こることが

わかりました。皮膚被毛が薄くなり、とても敏感になっているところに、プールの

塩素を含んだ水着が持って帰られることが原因でした。

 

本人はシャワーを浴びてすっかり綺麗になって帰ってきます。水着ももちろん

洗って帰ってきていたのですが、水道水で洗い流しただけでは洗い足りず、

塩素を持ち帰っていたようです。

 

自宅に戻ってすぐ洗濯機に水着と塩素を中和するビタミンCを入れてしっかり

洗浄するようになると、くまむらアレルギーは影を潜めることとなりました。

 

くまむらさんのジム通いはタルぼんが我が家にやってくる前からなので

今まで通りの生活で何も変わっていなくても、突然それに反応し

アレルギーを発症してしまうこともあると、とても勉強になりました。

 

また、洗濯洗剤はドラッグストアなどでよく見かける添加物のない

赤ちゃんにも安心という口コミのものをチョイスしました。

 

 

食器用洗剤は成分が安心かなと使い始めても油汚れが落ちにくく

何度も洗いなおすのをストレスに感じたり、香料が入っているものが

多く我が家に合うものを探すのに苦労しましたが、エコベールのゼロという

食器洗剤が無香料で汚れ落ちも良くタルぼんにもあっているようで、

これに落ちつきました。

 

アレルギーを発症しているときは、本当に生活の隅々まで注意して

いかないといけないと肝に銘じることになりました。

 

アレルギーとの戦い あとがき編に続く

 

↓2つのランキングに参加中!ぽちっとをクリックで応援お願いなのだ☆

 

   

 ▽人気ブログランキング▽  

 

ご訪問ありがとうございました! また、遊びに来てね♪

 

アレルギーとの戦い 原因編からの続き

 

そこで、まず小麦粉Aを封印しました。トースターやホームベーカリー内を

隅々まで清掃し、他の品種も含めすべての小麦粉を使わない生活を始めました。

日を追うごとに症状は改善し、痒いしぐさがなくなり、毛が生え始めます。

その生え方は本当に劇的です。抜けるときも激しかったですが、生え始めると

あっという間です。禿げて見えていた皮膚は産毛で覆われはじめます。

 

どれ位あっと言う間かというと、これくらいあっという間です。

 

1枚目 アレルギーでハゲている状態。

 

2枚目 小麦粉Aを封印して3日目。うっすら産毛が。

 

3枚目 小麦粉A封印して10日目。縞縞模様がはっきりわかるまで回復。

他の小麦粉でパンを焼き始めていますが症状は改善し、悪化はしません。

 

結果、小麦粉でアレルギー症状を発症していたのですが、これは特定の銘柄では

反応しないというか、小麦粉Aに使われている品種にアレルギー反応を

示していることもわかりましたので、アレルギーとは無縁と思われる品種を

使用して生活を始めました。

 

ちなみに、背中の毛、尻尾の毛は面白いくらいに生えそろいましたが、

腹部と臀部はまだ時々気にして舐めてしまうため薄いですが炎症は全くなくなりました。

 

小麦粉アレルギーというよりは、一部の小麦にアレルギー反応を示していたなんて、

こんな難しすぎるアレルゲン特定は始めてでした。現在は、北海道で生産された

ある銘柄には反応しないので、それを人間が食べていますが、

今までのように小麦が生活の中にあっても痒がったりはしなくなりました。

 

どうにかこうにかすべてのアレルゲンを特定できたことで

タルぼんはやっと痒い毎日から抜け出せました。

 

思いもよらぬことがアレルギーの原因だということがあるよ、獣医さんに

言われていましたが、こんなにピンポイントで小麦粉の中でも、

大丈夫な小麦粉とダメな小麦粉があって、アレルギーを発症する何て。

 

猫さんのアレルギーの原因は本当に様々です。そして、その原因を見つけてあげれば、

お腹と背中禿げも湿疹も治るし、洋服も着なくていいし、エリカラだって着けなくていい。

自由に走り回れるし、飛べるし、邪魔するものは何もなくなります。お薬だって

飲まなくていいし、気を付けていれば今まで通り好きなものも食べられます。自由です。

 

経験して思ったのは、アレルギーを発症している猫さんを見ているだけでも

本当に辛いということです。可愛いかわいい毛むくじゃらの姿から、痒いかゆいと

体中を舐め壊し、後足で掻き壊し、ぼろぼろの毛並みになっていく姿。

 

あれこれ悩んだりどうにもできない無力さで落ち込み、精神的に本当に

追い込まれ落ちていくような気持になることもありました。

 

原因さえ見つけられれば必ず治る。それだけを信じ続けた1年ちょっと。

もしかしたら、また何かでアレルギーを発症することがあるかもしれないけれど、

今度はすぐに見つけてあげたいと思っています。

 

アレルギーとの戦い 番外編へと続く

 

↓2つのランキングに参加中!ぽちっとをクリックで応援お願いなのだ☆

 

   

 ▽人気ブログランキング▽  

 

ご訪問ありがとうございました! また、遊びに来てね♪