注文の多い蕎麦店

注文の多い蕎麦店

人間は何を食べて命を繋いできたのか?
純粋に生きるための料理を実践し
自然に回帰することで
人間本来の生活を取り戻します。


東京の老舗焼鳥店が人気商品であった生つくねなる
鶏の刺身をSNSで批判されたことで。

突然の閉店に踏み切った

というニュースを目にしましたが。
恐らく店主さんはネット上での売り言葉に買い言葉みたいな感じで

じゃあ辞めてやるわ

と半ば勢いで閉店を決断されたのだとは思いますが。
そもそも集客や店のアピールにSNSを使うことが問題だと思うんですよね。
一昔前ならともかく今はもうこちらからあえて宣伝をしなくとも

お客さんが勝手に広告宣伝してくれる時代

になってるので。
わざわざ律儀にSNSでやり取りする必要ないんじゃないでしょうか。
もちろん相手は素性の解らない立場を利用して
無神経に傷つけるようなことをずかずか指摘してくる人も少なからずいるわけで。

誉め言葉にだけ丁寧に対応して
そういうイカれた理屈っぽい人たちを無視するわけにもいかないので。
同じようにネット上でいちいち返答してたら

とうとう自分がぶち切れてしまった

ということなのでしょう。
もう少し落ち着いたらちょっと熱くなり過ぎたなと後悔の念が生まれるのでしょうが
何もなかったかのようにしれっと再開するには事が大きくなりすぎましたよね。

うちの場合は誉め言葉にせよ中傷にせよ
どちらも完全にスルーして直接予約に関すること以外は
SNS上でのやり取りは我関せずを貫いてるのですが。
 

それが原因で集客が落ちたなんてことは一切ありません。
というかあまりそういう世界がよく解らないので落ちたのかどうか実感がないだけかもチュー