東日本大震災から7年4ヶ月…

日本は大阪北部の地震…
そして西日本豪雨…

何十年に一度と言われる災害が
次々と起き

特に西日本豪雨の水害の映像は
東日本大震災を思い出した



思う事は沢山あり
何から書いたらいのかわからない



政府の対応…
マスコミの対応…
SNSで炎上してしまうタレント…
そのアゲアシを狙う匿名アカウント…
西日本出身の人の対応…
それ以外の人々の気遣い…

何が正解で何が間違いか
明確なモノも有り
明確でないモノも有り…



東日本大震災の2011年の秋口に
思った感情にとても近く…

しかしながら
東日本大震災の時と大きく違うのは
宮城県桃生町(現:石巻市)出身の
俺にとって今回の災害は
被災当事者ではないと言う事

東日本大震災の当時は
悩んだ結果
自分の考えを強く持てた
それは強く持たなければ
進んで行けなかったからだ

勿論こう言った大きな災害の時
被害の大きかった地域でも
細かく状況は違い
それによって思う事が違う事は
東日本大震災の時に強く感じた

だから
西日本豪雨の被害があった地域の方
その地域が地元の方
ある程度落ち着いたら
今思っている事を発信して欲しい
考えて発信して欲しいのです

今そこにいる人が
思う事が正解で
それ以上もそれ以外も無いのだから

そんな事を改めて思った
東日本大震災から
7年4ヶ月の日から4日間ほどだった