モニおじ。の『にょきにょき日記♪』

モニおじ。の『にょきにょき日記♪』

「にょきにょき」は世界平和の願いを込めた合い言葉♪

Amebaでブログを始めよう!

国民民主党と自由党との合流話で、久しぶりにマスコミが戦々恐々となっている。2009年の政権交代時や2010年の民主党代表選(菅VS小沢)の頃を思い出す。
https://president.jp/articles/-/27457

こんな記事が出るのも、自民党や御用マスコミが警戒している証拠ではないかな。

「4党結集を図っていた立憲民主党や社民党は面白いはずはない。」は明らかに事実と異なる誘導だ。立憲民主党は4党結集を図ってなどいない。むしろ野党共闘に消極的だ。この記事自体が左派系市民の「反小沢」感情を煽り、野党分断を図るものだろう。

 

少なくとも、合流話もなく、これまでどおり坦々と参院選を迎えるならば、ましてや衆参同時選を打たれてしまえば、これまでどおり自民党の勝利で終わるだろう。左派系の中には「野合だ」といきり立っている人もいるかもしれないが、まさに敵の術中にハマるものである。
かくいう私自身も、最初は衝撃だった。しかし、脱原発や消費税増税阻止、安倍改憲阻止、共産党との共闘推進など自由党の政策を国民民主党が呑み込んだならば、どうだろうか。国民民主党の支持率が極端に低迷している理由は、「対決よりも解決」などと自民党に擦り寄り、「ゆ党」と化しているからである。民主党の負の部分を引き継いできたからである。一方、立憲民主党が野党第1党として迎えられた理由は、民主党の「負」を脱ぎ捨てて立党したことが大きい。そこで、もし国民民主党が自由党の政策を呑み込むことができるならば、もはや「政策・理念の一致」を主張して共闘を拒んできた立憲民主党の主張は通用しなくなる。自由党からすれば、政策の一致なしに合流するメリットは何もなく、一方、国民民主党は起死回生のためには死に物狂いになるしかないわけで、国民民主党が政策転換を行う可能性は十分ある(…その過程で離党者は出るだろうが)。

この合流が野合でないことは、山本太郎共同代表自身が誓っている。

https://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-12435224258.html

だからこそ、御用マスコミは必死に小沢叩きを再開するのである。私たちが本気で安倍政権を打倒したいならば、こうしたマスコミの習性を顧みてほしい。もう私たちは騙されないし、誘導されもしないのだ。

学校法人「森友学園」が運営する「瑞穂の國記念小學院」を建設するために、同法人に大阪府豊中市内の国有地が超格安で売却されたことが発覚しました。不動産鑑定評価書が9億5600万円の国有地を1億3400万円で払い下げたとのことですが、これは「国の財産は、適正な対価なくしてこれを譲渡してはならない」とした財政法に明らかに違反しています。財務省の対応は背任罪にあたるわけで、本来であれば検察当局がしっかり捜査しなければならない事案です。国会では連日この問題の追及が行われていますが、政府与党は参考人招致にも応じないなど、事実解明に後ろ向きな態度を取っています。
しかも、対象となっている「森友学園」は、その理念に教育勅語を高らかに掲げ、同法人が運営する塚本幼稚園では、園児に教育勅語を暗唱させるという、ビックリ仰天な教育をしている学校法人です。教育勅語とは、ザックリ言うと、天皇を頂点とする支配階級に命を投げ打って戦うことを国民に植え付けた明治天皇の直言です。
http://www.jcp.or.jp/faq_box/001/2000525_faq.html
さらに、塚本幼稚園では児童虐待が頻繁に行われていることが明らかになっています。
https://hbol.jp/130541
そして、さらに問題なのは、こうしたブラック教育機関の名誉校長に安倍首相夫人が就任していたことです。問題が拡大して削除されましたが、当初は「瑞穂の國記念小學院」の公式ページに、教育勅語を基本理念に掲げる学園の教育方針に共鳴しているとの挨拶が掲載されていました。さらに、2015年9月に塚本幼稚園で行われた講演では、「こちらの教育方針は大変、主人も素晴らしいと思っている。(卒園後)公立小学校の教育を受けると、せっかく芯ができたものが揺らいでしまう」と発言していました。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/23/akie-abe-moritomo_n_14963272.html
安倍首相も2月17日の国会答弁の中で、同学園の籠池理事長について「いわば私の考え方に非常に共鳴している方でですね」「妻から森友学園の先生の教育に対する熱意は素晴らしいという話を聞いている」と言明していました。
http://lite-ra.com/2017/02/post-2944.html
財政法違反となる売買を財務官僚独断で行うはずはなく、大きな政治力がはたらいたと見るのが順当です。
つまり、森友学園への国有地格安売却は、教育勅語を理念にいただく学校を開校するために、安倍首相ファミリー自らが便宜供与を指示したという事案と思われます。さらに言えば、学校建設の認可を与えた日本維新の会・松井大阪府知事も同類です。
更なるビックリ仰天は、国会審議の中で「教育勅語いいじゃないか」などの開き直りのヤジが自民党席から多数上がったことです。もはや、自民党は完全に壊れ、極右政党に変質してしまっています。
http://buzzap.jp/news/20170301-ldp-cheer-moritomo/


背景には日本会議の存在があるものと思われます。日本会議とは、皇国史観(「日本民族」の統合の中心を「万世一系かつ神聖不可侵の天皇」に求める思想)に基づく国家統制社会をめざしている任意団体です。その正体は、「日本会議の正体」(著:青木理、平凡社新書)に詳しく記述されています。
http://toyokeizai.net/articles/-/126794
そして驚いたことに、安倍内閣の75%が日本会議メンバー。日本の政治はカルト集団に支配されているわけです。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12971.html
日本会議勢力のロビー活動を背景に、第一次安倍内閣が行った教育基本法の改正に始まり、着々と皇国史観に基づく国家統制社会に作り変えられようとしているのです。森友学園問題は、それを象徴する事案です。
今国会で成立をめざしている共謀罪法案(テロ防止が目的と説明するが、それはカムフラージュであって、真の目的は事前の政権批判潰し)や家庭教育支援法案(国家に従順な子を育てることを家庭に求める法案)も同根です。
http://iwj.co.jp/wj/open/%E5%85%B1%E8%AC%80%E7%BD%AA
http://www.jprime.jp/articles/-/9055
そしてその先には自民党改憲案による憲法改正があります。
http://tcoj.blog.fc2.com/
http://yuruneto.com/jimin-kenpou/
天皇生前退位問題も同じです。
天皇を頂点とする国家神道を国民支配のイデオロギー装置にして、皇国史観に基づく国家統制社会に作り変えたい安倍政権は、生前退位を認めたくないのが本音でしょう。そうは言っても、さすがに天皇陛下の御意向を無下に断るわけにもいかず、特例法による一代限りの生前退位にしようと考えたのだと思います。日本会議をバックにした安倍政権は、女系天皇や女帝につながる皇室典範改正は何としても避けたいわけですから、ある程度の妥協はやむを得ないと判断したものと思われます。有識者会議でもっともらしく検討しているフリをしていますが、委員は日本会議メンバーで占められているわけですから、最初から結論ありきの出来レースです。
http://www.gentosha.jp/articles/-/7208
しかし、天皇制の根幹にかかわる問題が、こんなネトウヨ集団の意向に支配されることは、本当に不幸なことだと言わざるを得ません。明治以前は女帝の例はいくつもありますし、男女平等の民主主義社会において、また皇室の安定を考えた時、皇室典範を改正して女帝や女系天皇を認めることも含めて堂々と議論する必要があります。今上天皇のメッセージは、単に高齢で務めが果たせないから後進に譲りたいと言っているだけではありません。現憲法の理念を守り、国民に寄り添う「象徴」としての役割を十分に果たす天皇制が続くことを願っていると思われます。
http://lite-ra.com/2016/08/post-2481.html
安倍首相は、またしてもマスコミ関係者を赤坂の中華料理店で接待し、問題を矮小化し鎮静化させる報道を求めているようですが、追随するマスコミ報道に騙されてはなりません。
森友学園問題に代表される国家統制社会をめざす安倍政治を終了させ、憲法の理念を生かす「国民の生活が第一」の政治に変えていくために、3月19日(日)に大規模な国会デモが計画されています。
http://blog.livedoor.jp/ura_sta/archives/18829125.html
民主主義というのは、国民の不断の努力で勝ち取るものです。観客のように傍観していては、国家権力に支配されるだけです。私たち自身が、自立した考えを持って、行動を起こすことです。
3月19日の昼に国会前に集結しましょう!


PS
毎度のことながら、リンクがうまくいかずすみません。アドレスを指定し検索をかけると、該当するサイトが最上部に出てきます。そこから入ってください。

いよいよ参院選です。
マスコミは「アベノミクスの是非が争点」と報じ、安倍首相は「アベノミクスのエンジンを最大限ふかす」と述べています。しかし、アベノミクスのエンジンって何でしょう?
安倍政権は、異次元緩和で日銀に国債を大量に抱え込ませ、一時的な株高を誘導させましたが、結局は元の木阿弥になっています。株高誘導のために大切な年金資金を株式運用に投入し、2015年度において5兆円もの損失を出しました。自民党筋は「長期的な運用途中の一場面に過ぎない」と述べていますが、ポイントは2014年10月に株式や外国債の運用比率を36%から65%に大幅に引き上げたことであり、2015年度の損失はその結果であること、そして今後もこの傾向が続くことが懸念されるということです。つまり、これ以上エンジンを吹かせられたら、年金資金の損失は計り知れないのです。出口のない金融緩和政策で、行き着く先は国債大暴落や激しいインフレの危機が待ち受けているという指摘もあります。

消費税の8%への増税は社会保障の財源のためのはずでしたが、社会保障費は必要以上に圧縮され、法人税の減税や軍事費の急増、海外へのODA援助(利権で日本の巨大企業に還元される)へと消えています。「世界で一番企業が活動しやすい国をつくる」を実践し、巨大企業に数々の恩恵を与えることで、自民党への企業献金は43%も増加しています(2013年対前年比)。

巨大企業への手厚い保護とは裏腹に、一般労働者へは厳しい仕打ちが続いています。労働者派遣法の改正により、不安定で低賃金な非正規雇用が原則化し、貧困と格差が増大しています。大企業の内部留保は増大する一方、実質賃金は2012年から4年連続マイナスとなり、貯蓄ゼロ世帯が過去最悪になっています。子育て支援は抑制され、年収 400 万円未満の世帯では教育費の負担が4割に達するという報告もあります。奨学金返済の負のスパイラルに悩む人が増加し、若年世代ほど安倍政治のリスクを被っています。
参院選で自公が勝てば、「残業代ゼロ」「裁量労働制の拡大」「解雇の金銭解決の合法化」が強行されます。社会保障の抑制と産業化の推進により、国民皆保険制度はなし崩しになり、満足に医療や介護を受けることができなくなるとともに、年金の支給年齢の引き上げと支給額の実質引き下げが行われます。日本を多国籍企業に支配させるTPPが国会で承認されれば、農業のみならず国民生活全体が新自由主義の荒波の中で崩壊していきます。
史上最悪となった福島の原発事故は一向に収束されず、原発事故によるガンなどの疾病の増加が疑われる中、情報は隠ぺいされ続け、熊本大地震の活断層の延長線にある原発さえも再稼働させ、放射性物質で汚染された除染土を公共事業に再利用して全国にばらまくなど狂気の政策が推し進められています。
安倍首相は選挙戦で誤魔化しばかり言って国民を騙していますが、これ以上安倍政治を続けたら国民の生活は本当に破滅してしまいます。

 

そして、何よりの問題は憲法改正です。
以下に自民党憲法草案と現行憲法との比較が出ていますので、よくご覧ください。

http://editorium.jp/kenpo/const.html

難しいと思われる方は、こちらを読んでみてください。
「あたらしい憲法草案のはなし」

http://www.tarojiro.co.jp/constitution_draft/

憲法改正というと憲法9条のことばかりが注目されがちですが、もっと根本的なこと、すなわち憲法が国家権力を縛るためのものから国民を縛るものへと180度転換してしまうということです。
自民党の本音がこちらの映像で知ることができますのでご覧ください。
「憲法改正誓いの儀式」

https://www.youtube.com/watch?v=h9x2n5CKhn8

自民・稲田朋美政調会長「国民の生活が大事なんて政治は間違っていると思います」(情報速報ドットコム)

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12135.html

今度の参院選で自民党、公明党、おおさか維新などの改憲勢力を勝たせたら、上記の映像の感覚で憲法が変えられてしまうのです。

国民主権・基本的人権の尊重・平和主義・三権分立は蔑ろにされ、霞が関高級官僚をバックにした自公独裁政権のやりたい放題になります。社会保障など無きものになり、実質的な徴兵制で若者が戦争に駆り出されます。自民党草案による憲法改正を許してしまったら最後、ナチスドイツのような国家統制社会へと変貌し、政権与党への批判もできなくなり、もはや手も足も出せなくなります。
自民党は「緊急事態条項」から始めようと言っていますが、これこそナチスドイツの全権委任法に匹敵するものです。推進者は「国会承認が歯止めになる」と主張しますが、政権与党全体が国家統制社会の推進者なのですから、歯止めになどなりません。

そんなバカな!と思われるかもしれませんが、すでに(「政府が右というものを左というわけにはいかない」と公言する)NHK
をはじめとするマスコミは安倍政治に取り込まれ、その情報を鵜呑みにすることで国民自ら生活を縛る方向にさせられていることに気付きませんか。例えば、「消費税の増税が必要だ」ということを信じたあげく、国家権力のやりたい放題に利用されただけ。

2012年の衆院選後の機密保全法案強行(そして、TPP反対を公約にしながら、あっさり反故)、2013年の参院選後の憲法9条解釈改憲の閣議決定、2014年の衆院選後の安保法案強行と、安倍首相は立て続けに国民を騙してきました。今回も同じ手口で憲法改正を強行するでしょう。

もう騙されるわけにはいきません。

政治とは生活そのものです。

政治に対する諦めや無関心が今日の事態を招いてきたのです。

郵政選挙後の自民党の得票数は15001800万票で大きな変化はありません。それにもかかわらず自公圧勝が続いている理由は、2009年の政権交代時に3000万票あった民主党への得票が2012年の衆院選で1000万票に激減し、それが続いていることです。投票率が15%以上も低下しており、2000万票が主に棄権に回ってしまったことが、安倍政治の暴走を許してしまっているのです。

たしかに民主党の裏切りは許せません。しかし、だからと言って棄権してしまっては、安倍政治を白紙委任したのも同然です。結果は、安倍政治の思う壺。民主主義国家からの離脱(イギリスのEU離脱どころではない重大事)につながる憲法破壊にまで行き着いてしまうのです。ベストな選択などないのですから、少しでもマシな選択をする必要があります。

選挙戦に関する世論調査でも、「どうせ改憲勢力圧勝なら投票に行っても無駄だ」と思わせる情報操作が行われています。しかし、これこそがマスコミを従属させた安倍政治の手法なのです。2012年以降の選挙で棄権してきた2000万人の一人一人が再び立ち上がり、自公政権にお灸をすえる投票行動を取れば、政治は劇的に変わります。アメリカ大統領選でのサンダース現象やイギリスのEU離脱、大規模な集会やデモをはじめとした欧米各地での反グローバリズム運動の展開など、世界では新自由主義に反対する民衆の行動が拡大しています。まして、グローバル企業に国民の資産や生活を吸い取られるばかりか、民主主義を圧殺し、霞が関高級官僚がやりたい放題の国家統制社会に固められてしまう危機にある日本で、これを推し進める安倍政治を白紙委任してしまってよいのでしょうか。私たちの生活を守るためには、もう後がありません。ぜひ投票に行って、安倍政治にレッドカードを投じてください。
一人区では野党統一候補が頑張っています。複数区や全国比例では、原発、憲法、TPP、基地、格差・経済問題について、安倍政治と明確に対峙していることが投票の目安になると思います。ちなみに、私は、全国比例では「生活の党と山本太郎となかまたち」を応援しています。民主党への政権交代時に、霞が関高級官僚をはじめとする既得権益勢力が権益維持のために「政治とカネ」キャンペーンを張って、小沢一郎代表の政治生命を潰しにかかった経緯を知れば、正義はどこにあるのかが見えてきます。国民の生活を本当に守るためには、現在の政官財学報司の癒着構造を無くさなければなりません。癒着勢力に危機感を与え本気で闘っている政党なればこそ、このまま消滅させるわけにはいかないのです。少なくとも、議員経験者の姫井由美子さん、青木愛さんは国会に送り込まなければなりません。癒着構造を断ち切る足がかりをつくるために、生活の党の前進が不可欠です。そして、何としても改憲勢力の2/3を阻止し、過半数を許さない参院選としなければなりません。

大切な選挙権をしっかりと行使し、安倍政治にレッドカードを突き付けてください。