瀬尾まいこさんの
「そして、バトンは渡された」
が文庫化され、
なんと解説を書かせていただいています。

大好きな作品ですし、
私あとがきや解説を読むのが大好きなので
本当に恐れ多い気持ちでお受けしましたが、
瀬尾さん愛、そしてこの作品への愛を
詰められるだけ詰めました。

単行本の重みや装丁のこだわりも好きだけど
文庫本の手に馴染む柔らかさや
どこにでも連れて行ける身軽さも好き。
愛しい気持ちでいっぱいになる作品です。
何回読んでもじんわり染み入る。
未読でいらしたら、ぜひお手に取ってみてください。



そしてアルバム「note」
沢山の方に聴いていただいているようで
本当にありがとうございます。
歌詞が載っているブックレット、
最後にスタッフクレジットがあるのですが、
皆さんのお名前が入りきらなくて
当初の想定よりもページ数を増やした、
という裏話があります。
それだけ沢山の方がご尽力くだいました。
感謝と共に、大切に歌っていきます。

9月19日の配信ライブの準備も着々と。
よくご質問いただくのですが、
この配信ライブは、
ファンクラブ会員の方でなくても、
アルバムを買っていなくても、
チケットさえお求めいただければ
どなたでもご覧になれます。
チケットの一般発売は9月7日から。
たのしみだなあ。
アーカイブも
時間限定ですが残る予定なので
気が向けばぜひ。

東京は一気に涼しくなりました。
季節の変わり目、
どうか心身共にご自愛ください。