ももたろう通信

ももたろう通信

ももたろう腎泌尿器科クリニックから皆様へ

睾丸捻転症または精巣捻転症とも言います。
幼少期から青年期の男性に発症しやすく突然、陰嚢を打撲したような激痛が起きます。
陰嚢の中で、精巣を栄養している精索血管が捻れるため、虚血状態になり激痛が始まります。中には自然と元に戻ってしまう場合もありますが、疼痛が持続する場合は、
発症6時間以内の捻転解除が必要になります。未成年者の男の子の保護者の方は、万一、
お子さんが急に激しい睾丸痛に襲われた時は
早急に泌尿器科を受診してください。
ゴールデンタイム六時間を超えてしまうと
虚血から壊死が進み、摘出しないといけなくなります。
夜中でも、すぐに、病院へ、
受診してください。🤗