今週はインドではポンガルと言うお祭りがありました。




この祭りは冬至の終わりを告げるお祭り。
そして、冬の収穫祭でもあるのだそう。 

お祭りは数日に渡って続き、
職場や学校は休みになるそうですが、
ヨガの練習はいつも通りです。

一日め:
人々は古い服などの持ち物を捨て、それを燃やすために、たき火を組み立てて点灯します。
家はきれいに掃除され、塗装され、お祝いの外観を与えるために装飾されています。お祭りの始まりを記念して新しい服を着る日です。 

近所ではインド人の女の子たちや、マダム達が一張羅の新しいドレスやサリーを着てオシャレをしてお寺などにお出かけしています。

本当に、キレイでかわいいのです。

2日め:新米を牛乳と生黒砂糖で煮たポンガルという甘いおかゆ料理が用意され、家族や友人とお祝いをする日です。

色付きの米粉を使用して、コラムと言われる絵を書き花や幾何学模様で家、廊下やドアの前の入り口スペースを飾ります。

うちの近所のコラム写真集。
主婦の方が手描きするのですが、素人とは思えない力作ばかり!






中にはこんな大作も。




3日め: 家畜に感謝する日。
牛をお花や色粉で飾ります。牛に花輪をかけます。


この牛たち↓リオのカーニバルばりにデコレーションされてますね。牛との距離が近いから顔が引きつり気味の私たち。

真ん中はウチのマンションの下のチョウさん(アシュタンガヨガ神戸の誠也さんのアシスタントさん)
上の階の京都のバーディー主宰の、のだゆみ先生。

いつもお世話になってます!


そして、4日めは女性に感謝をする日なのだそう❤️


3日目のお祭りの日にマイソール郊外のシッダリンガプラと言う村で、デコレーションされた牛が焚き火の上をジャンプする儀式があると言うので見物に行って参りました。







一頭めの牛は、悠々と火の上を歩いていると思ったら、その後暑さに耐えきれなくなったのかルートを外れて川にジャンプイン。

そりゃー、川があったら入りますよね。
私が牛でもぜったい入る。(動画参照)

積み藁に火が入った瞬間人々は熱狂的に歓喜し、その上を何頭もの牛や家畜が火渡します。

牛だけではなく、牛飼いも牛と一緒にボーボーと燃え盛る火の上を渡ります。

日本にも柴灯護摩と言う、野外で大規模な護摩を炊き、その後を山伏などの修験者が歩くという儀式があるのですが、インドでその原点を見たような気がしました。

 ※さいとうごま【柴灯護摩(採灯護摩)】 修験道独自の護摩儀礼。 野外に護摩木や藁(わら)などを積み上げ,そこへ仏菩薩を招き点火する。 その火により修験者の煩悩を焼き尽くすとともに,天下国家安穏,家内安全,五穀豊穣などを祈願する。(wiki)

高野山でも春に高野の火祭りというイベントで柴灯護摩をやっています。

こちらは金剛峯寺よりお借りした写真。



ポンガルの儀式は柴灯護摩よりも、もっとプリミティブで、シンプルな感じでしたが、きっと自然に感謝を捧げて、火の力を借りて厄祓いし、五穀豊穣などを祈るという骨子の部分は同じように思います。

翌日のマイソールの地方紙にもこの模様がレポートされました。

以下はWebサイトの記事の写真と、日本語訳。





昨夜、マイソール近くのシッダリンガプラで行われるMakara Sankrantiという祭典の一環として、装飾された牛と羊が小さな干し草の山の火を飛び越えてジャンプしました。

村のイーシュワラ寺院の前で行われた「火縄跳び」は古くからの伝統です。

村人のプルショタムは、牛と一緒に火を飛び越えようとして火傷を負い、現在私立病院で治療を受けています。(翻訳おわり。)

…やっぱりケガ人でたんですね。

祭りは昨日で終わった様子ですが、自宅近くの牛は祭りが終わっても黄色いまんまでのんびりと
朝日を浴びていました。


のどかな日常が戻ってきました。


インドに来てから2週間になろうとしています。

※元旦の日の道路のデコレーション

練習の調子も、心身の調子も穏やかに落ち着いています。

1月1日から練習を始めて三日間はフルプライマリーのマイソールスタイル、4日目は土曜日で週に1度のプライマリレッドクラスでした。

1月から練習に来はじめたヨギ達も多いので、
レッドクラスは、ビンヤサやポーズの大事なところを確認しながらゆっくりと進んでいきます。

はじまりのチャンティングからおしまいのチャンティングまでで1時間半キッチリ。 

所々で、カウントより先に進む生徒などがいと、ビンヤサを止めてのシャラート先生の厳しい指摘が入ったりします。

Why you so hurry?
何でそんなに急ぐんだ?

Who said ‘come down’? Up ! Up!! Lift up!!!
誰が降りていいって言ったんだ?上がれ!上がれーーー!!!

I can see you all, I see you, Up! 
全員見えてるからな。お前の事も見えてるぞ。ウップルティヒに上がれ!

1/5の日曜日が週に1度のシャラの定休日で、

*日曜日よるのマイソールパレスのライトアップ

そして、月曜日にいきなりセカンドレッドからセカンドシリーズの練習が始まりました。

※新しいシャラはこんな建物です。正に体育館。

参加したことがある人はわかると思うのですがシャラート先生のセカンドレッドクラスはかなりの体力的負荷ががかかります。(メンタル的な負荷ももちろん)

普段マイソールクラスで自分のペースで練習しているときには何の苦もなくできたことも、レッドクラスでゆっくりとしたカウントで練習を進めていくとなかなかにきついものがあるのです。

これは単に私の練習不足なのかも知れませんが、周りのヨギたちも同じようなことを言っています。

※ヨギ達がシャラ前で脱ぎ散らかしたサンダルの数々。

セカンドレットに参加している人は全員でおそらく70人近くいるのではないかと思いますが、最後までコンプリートするのは、およそ30人ほどでしょうか。

カポターサナは全員1度で踵をつかみます。

エーカパーダシルシアーサナなどの頭を足の後にかけるポーズなども、もたもたしていると「早くやれ!」と鋭い指導が入ります。

シャラート先生の1カウントが自分の呼吸で4カウントくらいのゆっくり具合なので、腕はバカーサナくらいで、バカになります(笑)

※時には半屋外でサンスクリットの授業も。

それでも、ゆるりゆるりとカランダバーサナを終え、ようやく最後の7ヘッドスタンドまで。

バックエンドは3回目で全員もれなくガムアップ。

それから自分のペースでドロップバックを3回やります。

セカンド最後まで終わっている人はほとんどシャラート先生が仕上げのバックベンドを手伝いに来てくれます。

マイソールクラスの時はシャラート先生が来てくれたりアシスタントの人が来てくれたりですが、レッドクラスの時はもれなくシャラート先生が来てくれるので嬉しいです。

何と言っても、やはり世界で一番バックベンドのアジャストが上手いと思うのです。

何しろこなしている数が普通の先生と違います。
30 年もの間。毎日200人アジャストできますか?

経験量=技術とは、一概に言い切れないのかもしれませんが、「ギリギリの見極め方」がこんなに上手い人を私は知りません。

シャラート先生は、私たちの「これ以上、1センチも無理〜」っていうムリのギリギリのラインをしっかり追及してきます。

ゆるくもなく、かと言って身体能力の限界以上でもない正にギリギリなのです。

しかも、

何も言わなくても調子の良い時はいいなりに、
悪い時は悪いなりに、
その日のギリギリを見極めて手伝ってくれます。

ご本人もバックベンドのアジャストする時は

「100%生徒に集中する。そうじゃないと生徒がケガをするから」

と言っているので、かなりの集中力でアジャストしてくださっているのではないでしょうか。

そんな訳でシャラート先生のバックベンドが一番背骨が整うし、

何より安心して気持ちも身体も任せられるので、
手伝っていただけると嬉しいのです。

※シャラの離れにはカフェがあって、美味しいスムージーやコーヒー、マフィンやパイなどがいただける(らしい)

始めるまでは気が重いけれど、終わると楽しいセカンドレッド。

前のシャラの時のように室温が高くは無いので、体力の消耗や発汗量は少ない気がします

マイソールクラスのレポートは、また次回の時に!

どなたさまも
素敵な1週間をお過ごし下さい。

インドは今週ポンガルというお祭りがあって、こちらもなんだか浮かれた祝日モードです。

※ある家の洗濯物干し。赤い服が好きなんですね!面白いので写真撮っちゃいました。










(1/13 加筆修正)
弘法大師のご縁日である、21日から詳細をこのページで告知します。

Yoga for Peace 高野山 2020


あなたがこのリトリートに参加する3つのメリット

①弘法大師が入定された旧暦の 3 月 21 日(2020 年は 4/13)の前夜は 1 年にただ 1 度だけ高野山の中心である壇上伽藍のお堂が全て開帳される特別な日です。

普段は直に見ることのできない数々の国宝級の仏像が間近に見られます。 また、普段は一般の立ち入りが許されない御影堂内部にも、参拝が許されます。国宝レベルの仏像や建築を近くで見るチャンスです!

②様々な流派のヨガの先生のクラスが(基本的には無料で)受講できます。講師の先生のお名前や、クラスの内容・時間はこれから特設ページで公開していく予定です。

③総本山金剛峯寺に特別許可をいただいて、普段はヨガができない壇上伽藍の中での外ヨガ、奥の院での水行などをさせていただきます。

壇上伽藍 根本大塔内の立体曼陀羅

※一部の写真を金剛峯寺Facebookページ、Instagram 【高野山結縁灌頂】【高野山ぐらむ】からお借りしています。

それでは詳細をどうぞ!

Yoga for Peace 高野山 2020

世界遺産 聖地高野山 
ご来光100人108回太陽礼拝奉納リトリート

一年に一度だけ、高野山壇上伽藍の主要なお堂の扉が全て開帳される旧御影供養の前夜。弘法大師が永遠の瞑想に入られた前日に、世界の平和を祈念してヨガの奉納を行います。

総本山金剛峯寺に特別許可をいただいた伽藍伽藍での「ご来光108回太陽礼拝奉納」の他にも、様々なヨガの先生によるお寺でのヨガクラス、奥の院弘法大師御廟参拝や水行体験。

その他、高野山ならではの僧侶の指導による瞑想の実習も予定しています。

このリトリートは、関東・関西からリトリートの趣旨に賛同してくださるヨガの先生方との共同開催です。

リトリートへご参加の方はMomoのアシュタンガヨガのクラス以外にも、沖ヨガ、リストラティブヨガ、ハタヨガ、レディ二グマヨガなど様々な流派のヨガクラスを基本的には無料で受講いただけます。

宿泊は皇室や武田信玄公とも所縁のある由緒ある宿坊寺院、櫻池院にお願いいたしました。Momoが僧侶になるための修行をさせていただいたお寺です。

【日時】
2020年4月11(土)〜4月12(日) 1泊2日コース
または 4月11(土)〜4月13(月) 2泊3日コース

【会場】高野山 櫻池院

【リトリート参加費】
1泊2日コース 29800円
2泊3日コース 38000円
※素泊まりの延泊代を含みます

このリトリートは、3日間のリトリート期間のどこからでも合流・離脱が可能です。(ただし参加費は一律です)

解散時間は定めませんので、各自のご都合に合わせて気をつけてお帰りください。

4/13(月)のスケジュールが調整できる方は、正御影供当日の儀式も体験できる2泊3日コースを強くおすすめいたします。

【タイムテーブル】
04月11日(土)

☆13:00高野山櫻池院集合(集合時間に間に合わない方はタ食までに宿坊へお入り下さい)

☆13:15〜アシュタンガヨガ(合同クラス)




☆受付レセプション(108回太陽礼拝担当講師の紹介)
☆イベント大成功祈願の勤行 (僧侶によるお勤めと護摩)
☆略式食事作法の指導付き 精進料理の夕食
☆櫻池院住職 近藤堯寛先生の指導による密教瞑想と講話。
☆寺門久仁子先生のボディトーク座学講座

フリータイムにはライトアップされた夜の高野山散歩などをお楽しみ下さい。

04月12日(日) 【旧正御影供お逮夜】
☆早朝:壇上伽藍根本大塔前での「100人108回太陽礼拝」奉納(全員参加)

講師全員のリレー形式で108回の太陽礼拝をガイドします。体力に自信のない方や初心者の方は21回を目標にしてみましょう♪

〜各自で朝食休憩〜

☆10:30 奥の院弘法大師御廟参拝と水行(希望者)


〜フリータイム〜
各自で昼食休憩。他の講師の先生によるヨガクラスの受講や、高野山内散策、霊宝館の参拝、写経やハイキングなど自由にお楽しみください。

☆14:00 静慈彰先生のヴィパッサナー瞑想講座

19:00〜お逮夜法会。以降、御影堂の参拝が可能。また、壇上伽藍の全てのお堂か開帳されます。(〜20:30 頃まで) 夕食は各自でお願いします。

04月13日(月) 【旧正御影供】
☆午前:ヨガクラス

〜フリータイム〜
高野山滞在が可能な方は、ヨガクラスや正御影供法会見学、写経、受戒などをお楽しみください。


【お申込み方法】momoshanti@gmail.comにメールにてお申し込みをお願いいたします。

タイトルに「2020高野山リトリート」とお書きいただき、本文には

・お名前・電話番号・メールアドレス(出先でも確認できるアドレス)・水行体験の希望の有無

をお願いします。

お支払いの方法については、お申込みのメールへの返信でご案内いたします。参加費のお支払いをもってお申し込みを完了とさせていただきます。お申込み後のキャンセルには所定のキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。


【高野山へのアクセスについて】

・このリトリートは現地集合・現地解散です。
・会場へは東京から新幹線・飛行機・夜行バスなどで、まず大阪の南海難波駅に向かいます。難波駅より南海高野線で高野山駅へ。高野山駅からはバスで宿坊へ向かいます。奥の院行きバスの千手院橋、もしくは大門行きバスの金堂前で下車。

・お金や時間を節約派の方は夜行バスや格安航空、新幹線の早割(EX早得21)を使ってアクセスするとGOOD! 交通機関の手配は、早ければ早いほどお得です。

*金剛峯寺の廊下



【その他の連絡事項&注意事項】
・参加費に含まれるものは、1泊1食付(夕食一回)の宿泊代金と☆のついた講座やアクティヴィティです。
現地までの交通費や寺社などの拝観料、宿坊で提供される食事以外の食事代、写経や水行体験に伴う実習費などは含まれませんのでご注意ください。
・このリトリートは定員に達し次第、募集を締め切りますので、お早目のお申込みをおすすめいたします。
・ヨガマットを忘れずにお持ちください。着替えやタオル筆記用具なども各自でご用意くださ
い。
・ヨガをなさらないご家族やご友人の同伴も可能です。
・基本は男女別の相部屋です。健康上の理由やご家族でご参加の方で個室をご希望の方は、ご相談ください(追加料金がかかります)
・スケジュールは当日の天候や主催者の都合により変更・中止となる場合もあります。ご了承の上、ご参加ください。
・主催者はヨガクラス中を含め旅行期間中に起こる一切のケガや病気、事故などについて責任を負いません。また、天災や災害、交通機関の遅延などによる理由を含め、リトリートへの遅刻や、キャンセルによる参加費の払い戻しはありません。貴重品などは、各自の責任のもとに管理してください。不安のある方は各自旅行保険などにご加入ください。上記の注意事項に同意の上でご参加のお申し込をお願いいたします。
・奥の院で水行に参加される方は行衣をご用意いただきます。(3千円程度) 健康上の不安のある方、特に血圧・心臓に不安のある方はご参加をお控えください。
・このリトリートにご参加をお申し込みの方は、上記の注意事項を熟読し遵守することにご同意いただいたものと見なします。


【キャンセルについて】
・コース開始日の1か月前までキャンセル料なし
・コース開始日の7日前迄:キャンセル料30%
・コース開始日の7日前以降:キャンセル料100%

ご質問などございましたら、お気軽にお問合せください。
ご参加表明を心からおまちしております。
一緒に世界遺産高野山でのヨガを満喫いたしましょう!


【講師】
ヨガクラス:Momo 

(もも)
高野山真言宗僧侶。
KPJAIY Authorized Ashtanga Yoga teacher、IYCインストラクター

IYC荻窪早朝マイソールクラス担当講師として、東京を中心に月間延べ1000名以上にアシュタンガヨガを指導の傍ら、高野山大学大学院密教学科で仏教と密教を学び、高野山で出家・得度。2019年秋に大本山金剛峯寺の伝法灌頂に入壇し飛鷹全隆法印より高野山真言宗の阿闍梨位を授かる。

ヴィパッサナー瞑想:静慈彰
(しずか・じしょう)
高野山真言宗大僧都位。南福寺住職。1978年、高野山生まれ。高野山大学大学院密教学専攻博士課程卒業。真言宗海外布教師としてロサンゼルス別院、シアトル仏教会勤務。世界宗教会議にて声明講演、Burningman護摩など。2016年から車中泊生活を送る。現在、東福寺(滋賀県彦根市)の復興に従事。著書『サラスワティーに連れられてインドを旅する』『社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし』


ボディトーク:寺門 久仁子 

(てらかどくにこ)
米国IBA認定ボディートーク施術士

ヨガで学んだ心身の調和と繋がりの大切さを更に探求するうちに出会ったのが、生体が本来持っている自然治癒力活性化し、心身のバランスを整えるシンプルで安全な手法のボディートーク。その奥深さに魅了され、その後も上級コアセミナー全て受講し生きとし生けるものの健康と幸せをつなぐ活動をしています。

【宿泊】宿坊櫻池院


白河天皇第四皇子覚法親王が開基。武田信玄の菩提寺でもあった平安時代の建物が残る由緒正しき宿坊です。重森三玲作の庭園は国の登録記念物。丹精込めて作られる精進料理の評価の高い宿坊です。

*写真は櫻池院Webサイトより


【開催日時について】
「2020年 4/12 が高野山に来る最良の日」の理由。

弘法大師が入定された旧暦の 3 月 21 日(2020 年は 4/13)の前夜は 1 年にただ 1 度だけ高野 山の中心である壇上伽藍のお堂が全て開堂される特別な日です。

普段は直に見ることのできない数々の国宝級の仏像が間近に見られます。 また、普段は一般の立ち入りが許されない御影堂内部にも、参拝が許されます。


この行事はまだ一般の観光客へはほとんど知られていません。ですから今のところ観光客 による混雑はほぼありません。

4/12 夜〜4/13 日の、高野山内の住職方が一同に出仕する大規模な法会の見学も可能です。

法会は 1200 年以上も続く大変荘厳なもので、僧侶たちによる散華、声明や読経などは高野山ならではの大変素晴らしいものです。



【100 人 108 回太陽礼拝開催の趣旨と理念】 
日本に初めて瑜伽(ヨーガ)をもたらし、高野山を開かれた弘法大師空海は、835 年 3 月 21 日の寅の刻(午前 4 時頃)を入定の時と決め、一切の穀物をたち身体を香水で浄めて結跏 趺坐し、手に大日如来の定印を結んで永遠の三昧(マハー・サマーディ)に入られました。

その日から今日に至るまで、この高野山において一切衆生の幸福と世界の平和を祈られて 瞑想を続けていらっしゃいます。

日本に初めて「瑜伽」、即ちヨガをもたらした弘法大師の偉業を讃え、私たちも弘法大師が 入定なさった前日であるこの日に 108 回の礼拝行を捧げます。

この礼拝行を通して、私たちは自らの身体と心と言葉(身口意)を浄化します。

そして、私たち一人一人の中に生まれる内なる平和が世界の隅々へと広がっていくことを 祈念いたします。

日本でオリンピックが開催されるこの年に、世界遺産であるこの聖地高野山に人々が集い 世界の平和を祈念することには大きな意義があると考えます。 
また、ヨガを通して私たちは人々の健康増進を啓蒙します。


【フリータイムにオプションとしてアレンジ可能なプログラム】
 
金剛峯寺・壇上伽藍・奥の院、高野山霊宝館に参拝、夜の高野山トワイライトツアー

*金剛峯寺内の庭園 「ばんりゅうてい」

僧侶の指導による写経・写仏、密教瞑想・阿字観、大阿闍梨様から仏教の戒律を授かる金剛峯寺主催の受戒の儀式に参加、

*昨年の櫻池院「上段の間」での写経の様子。

宿坊での朝のお勤めに参加、正御影供法会(理趣三昧)見学、奥の院での生身供と朝のお勤めの見学など

*奥の院では毎日弘法大師空海への精進料理のお食事が一日中に二度、僧侶によって届けられます(生身供)

また、櫻池院では宗派を問わずご先祖や亡くなった方への御供養(回向)や読経、厄除け等のご祈祷を受け付けています。料金3000円程度〜。
奥の院でも300円(水向け塔婆)〜供養やご祈祷などを受け付けています。

故人のご供養を希望される方は戒名をメモしておきましょう。
(戒名が分からなくても俗名でのご供養も可能です)
 
オプションの詳細については、Momoへお問い合わせください。アレンジのお手伝いをさせていただきます。