百恵ちゃんと防災リュック

テーマ:






ある日S'LUSHのメンバーさんと話してた時のことです。




メ「百恵ちゃんって北海道のどこ出身なの?」




も「滝川市というところです!でも知らないですよねえ〜人口3万人くらいしかいないんで😅」





メ「大学の友達が滝川市出身だわ!◯◯◯◯って人知ってる?」






も「わ!知ってる!!小中の同級生です!!すごーい!」





って盛り上がったんですけど帰り道ふと、思うことがありまして。














百恵ちゃんの様々な奇行
忘れてくれてるかな...






不安です。ヤスアキくん、覚えていても内緒にしてください。

中学時代は時々窓から帰ってました。
みなさんこんにちは百恵ちゃんです。









北海道での震災、ニュースが流れるたびとても心が痛みました。









東日本大震災の後引きこもりの百恵ちゃんは地震が怖くてずっと地震を観測するサイトや2chの地震板に張り付いていました。





一人暮らしなのにみんなに配ることになるだろうと思い、水を60リットル備蓄していたこともあります。重くて自分で運べなくてあばらにヒビが入ってるお父さんに運んでもらったのをよく覚えてます。結局全部飲んじゃったんですけど。備え過ぎて7キロに達した防災リュックに加え、笛もいくつか所有してました。





初めは

「またなんか変なのことしてるw」

と言っていた友達が百恵ちゃんがあまりにも防災に情熱を捧げている姿をみて感化されはじめつられて防災リュックを作ったのですがその時に手に入れた懐中電灯が今回役に立ったようで「まじ助かった。」って言ってくれて嬉しかったです。







百恵ちゃん
また役に立った( ◠‿◠ )







北海道帰省まであと2週間( ◜◡‾)(‾◡◝ )



早くみんなの元気な顔を見て安心したいです。







                                                       おわり