3.11

テーマ:

目を覆いたくなるような大災害となったあの日から、7年の月日が流れました。





私の住む静岡でも、大きな揺れを感じ、テレビを通じて刻一刻と状況が伝えられていくにつれて、その被害が甚大なものであると気がつかされたのが、つい昨日のことのように思い起こさせられます。




津波という言葉は知っていたけれど、津波の恐ろしさを感じたのはあの日だったと記憶しています。





改めて、震災で亡くなられたかたのご冥福をお祈りすると共に、亡くなられた方のご家族の皆様、地震や津波に被災された方、避難生活を余儀なくされている方、本当に多くの皆様に、心からお見舞い申し上げます。





私の住む静岡県も、私が小さい頃から大きな地震が来る、と今もなお言われています。







地震被災は他人事ではなく、今日という日をあらためて自分や家族、大切なスタッフ達の為の「備え」について考える1日にし、非常食や避難への備えはもちろん、地震が来たらどう行動するか、連絡形態はどうするのか、などの心の備えも大切だと思います。






被災された皆さんの悲しみや痛み、経験を活かして、二度とあのような大災害が起こらないことを心から願いつつ、3.11という1日を過ごしたいと思います。





もしも 今日という日が 自分にとって最後の日だとしたら?







もっと 自分に出来る沢山の事 普段 伝えられずにいるあの言葉 後回しにしていた本当にしたいこと、過ごしたい時間。。 人生は1度きり、今日という1日も 全ての事に感謝をし 大切に 前を向いて歩んでいきたいです。






午後2時46分 黙祷を捧げます。

{A93980DD-5A62-4790-B041-638A72C5DDF6}