借金沼からの繁栄。幸せもゆたかさも自分で創る。つくること、それが喜び。

借金沼からの繁栄。幸せもゆたかさも自分で創る。つくること、それが喜び。

借金、摂食障害、離婚、人間不信、女性性の否定。陶芸作家として、現代アートの表現者としての場があったから生きてこれたのだと思う。ノートと出逢ってわたしと向き合ってきたことで重たい鎧から解放され、純粋につくることが楽しく、嬉しく、喜びだと感じる今が在る。

 

 

あづうです。

 

 

浦和に移り

移ったと同時に

引っ越してきたよって味わう間もないくらい

すさまじい勢いでリフォームに集中してました

 

 

で。

 

 

で。

 

 

ある意味

リフォームが最終目標的になっていたようで。。。。

 

 

本当はその先の

人の集まる場を創っていくことが

わたしの望みだったのですが

 

 

リフォームにエネルギー注ぎこみすぎて

シェアハウスという形のわたし自身が創りだしたストレスで

(またどこかで書きたいと思います。)

 

ハッと気づいたときに

わかりやすく言うと

燃え尽き症候群のような。。。

そんな状態になっていました。

 

 

そんななか

りこさんの毎月のセッションや

浦和でのお仲間と過ごせる時間のおかげで

意識のスイッチを変えることができました

 

これからのわたし

何ができるかな~

何がしたいかな~

 

 

で。

思ったときに浮かんだこと。

 

 

Echo Vortexで4月から何回か開かれてる

りこさんのノート大会(グループコンサル?的な?)の時に

始まる前にあるランチ時間に

わたしのご飯を食べてもらいたいなって

思ったのです。

 

 

その願いが叶いました。

 

 



 

 

このときは13人前のランチの準備などで

せっかくのランチ写真をなんにも撮っていなくって。

参加者の方が撮ってくださった画像を

載せちゃいます。

 

 

 

 

当日のメニュー

 

・酵素玄米

・ホタルイカのマリネ

・ひえとカブのクリームコロッケ

・ひじきの生春巻き

・酢大豆

・唐揚げ(by かつリッチ)

・人参と玉ねぎのスープ

 

 

やっぱり

ひとりひとりの顔を

思い浮かべながら創れること。

とっても楽しくて至福です。

 

 

これからも

いろんな形でEcho Vortex伝えていきたいですし

知ってもらうためのアクションしていきます。

 

その一つがランチ会でした。

 

 

ひとつ形にさせていただいたので

どんどんといろんな形でご紹介させていただきます。

 

 

 こっそりひっそり

ランチ会✨

これもね。

楽しみながら創っていきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
ご提供中のメニュー●
 

⇒ノートワーク講座のお問合せ・お申し込みはこちらから

 
 ⇒金継ぎのお問合せはこちらから
 

 

⇒器のオーダーメードのお問合せはこちらから
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あづうです。

 

21年暮らした。。。

 

実は生まれ育った新潟よりも長く暮らした

長野から浦和に移って一カ月半が過ぎました。

 

 

この一カ月半が長いのか短いのか

わからないくらい

濃い時間を過ごしていたようです。

 



 

リフォームもなから終わり

残すは細かなところ。

 

でもその細かなところが曲者なのです(笑)

 

 

 

**********************

 

 

 

浦和でのこれからの場所。

そのためのリフォーム作業。

 

 

その中で

実はずっとずっと心待ちにしていたことがありました。

それは何かというと。。。

 

 

それはこの場の名前。

この家の名前です。

 

 

いろんな人が集い、繋がり、ご縁が拡がっていく場。

 

お宿でもあり

ノートワークの場でもあり

レンタルスペースでもあり

いろんな可能性に満ちた場。

 

ここに来た方が自分自身への可能性を感じて

自分への未来への可能性を持ち帰ってもらえたら。

 

わたしの夢でもあった

大人の老人ホーム。人の集う場。

 

 

6年間ずっと私が生きるということに伴走してくださった

言霊師でもある長島由利子さん(りこさん)が命名してくださいました!

 

 

☆ Echo Vortex ☆

   (エコー ボルテックス)

 

 

ボルテックス(源のエネルギー)がこだまする!

 

 

これからこの浦和の地で

新たな可能性を私自身も感じて生きていくんだなと

この名前をいただいたときに改めて

自分の可能性を感じました。

 

 

これから

ひとつひとつ形を創っていきます。

 

今日もお読みくださりありがとうございます!




 

 

 

 

 

 

 


 

 


 
ご提供中のメニュー●

 

⇒ノートワーク講座のお問合せ・お申し込みはこちらから

 
 


⇒金継ぎのお問合せはこちらから
 

 



⇒器のオーダーメードのお問合せはこちらから
 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

あづうです。

 

浦和に移住してきて

3週間が過ぎました。

 

 


(こちらは福岡の朝です)



なんだかとっても不思議な感覚ではあるのです。

きゃっきゃ、きゃっきゃするでもなく

なんか特別なことをしている、

特別なことを感じているわけでもなく



なんだかな~

とっても頭の中が静かなんです。

すんなりと日常になっていることにある意味驚き

わたし、引っ越してきたんだよねと自分に再確認したりして。

 

 

その時に思ったことが

 

 

あたりまえって

もともとあたりまえではなくって

あたりまえって

創っていくし

創られていくんだなってことを改めて意識しました。

 

 リフォームも着々と進んでいます。




 

**********************

 

 

今回の浦和移住計画。

 

 

「ない」から「ある」に変わっていった。

意識や視点が。

 

 

 

 

腹がくくれて「ない」

決めて「ない」

お金が「ない」

選んで「ない」

本気じゃ「ない」

 

いっぱい「ない」を観察していた。

 

腹がくくれて「ない」⇒腹をくくった。

決めて「ない」⇒決めた

お金が「ない」⇒お金は「ある」

選んで「ない」⇒選べる。選んだ。

本気じゃ「ない」⇒本気です。

 

 

日々のお稽古を繰り返していくことで

ないからあるに変換できます。

(これは一例です)



 実は「決める」って本当に本当に

大事で大切なことです。

 

でも

「決める」ことのその前に

「選べる」ということを知れたこと。

 

 

決めることも決めないことも

実は自分で選べるのです。

 

 

自分で選べるということに気づかせてもらう前は

多くを人のせい、何かのせい。

こう思われたい、こうしたほうがいいのかなって

外からの視点に右往左往していた。

 

 

りこさんの講座を受けて

決めることも自分で選べるということを知りました。

 

そこには正解不正解という

いい悪いというジャッジはないので

何をどう選んでも良くて

究極言うならば

決めても決めなくてもいいのです。

 

わたしは

選べるということを知り

そのうえで決めるということの大切さを

今、感じ体感させていただいています。

 

選び、決める。

そして今できることのアクションを繰り返していく。

 

そこに未来はあり

現実は創造されていくのだと

今、点と点が繫がってきています。