最近の悩み相談では、フルタイムで働いておられるお母様



生徒さんは、幼児ですが、ご主人も忙しい為、遠方から,お母様のご両親が手伝いに来て下さっているとの事。




ピアノの練習をしていると、下のお子さんが起きているから、近寄って邪魔してしまう。




親族の経験から、子供達が夜10時以降まで夜更かししていると、体内時計にもよくありませんが、子供が起きている事で、

両親は毎日へとへとになります。




寝かせてから、家事、ご夫婦の時間となるので、全体的に遅い時間に就寝。



まずは、子供達を早く寝かせられるようにすると良いですと、お伝えしましたひらめき






お子さんを早く寝かせたい!



そんな時、どうしますか?



「早く寝なさい!」




これは、モンテッソーリの教育では、お子さんにとって、何にも生まれないとの事。




お子さん自身が、そうしたい!と言う気持ちにならないといけません。




そこには、そのような気持ちになる為の



"環境"


が,大切です指差し





もう、すでにご存知の方には,当たり前と感じられていると思いますが、効果的なやり方として、ルーティンを作る事です。



そろそろ、寝る時間になったら、





例えば、
本の読み聞かせをしてあげる→寝る時間と認識させる


と、習慣づけします。何でも諦めないで、

継続する事ですびっくりマーク






ルーティンは、最低でも私の経験では、
1か月〜3か月は必要と思いますが、


これには お子さんの発達状態にもよります。






②また、時々、スーパーなどで、騒いでいる小さなお子さんがいます。



そんな時、大声で怒鳴り続けて、親子喧嘩をしている光景があります。




その原因は、わかりませんが、考えられる事として、




"お子さんが、お菓子をねだって、お母様が買わないから"


はじめは、"買わない"


と,言っても、騒ぐ子を目の前にして、仕方がなく、




今回だけよ。今度は もう
買わないからね!」


と,言うと,お子さんは泣き止み


「わかった」


と,言うでしょう。


しかし、ここで お子さんが学んだ事は何でしょう?





欲しい物があったら、泣きわめいて騒げば、最後には自分の言う事を聞いてくれる。




これを学んだでしょう。



このようにならない為にも、

親は絶対にブレない事です!




外出先で、そのような状況になるのは、家にいる時からも既に、そのようなスタイルが出来上がっているからでしょう。




我が家の娘達は、そのような事は ありませんでしたから、祖父母に預けた時でも、とても楽だったと,言われていました。



決して諦めない!



できると信じて、そのお子さんの未来の為に親ができる事は、




"環境"です。




モンテッソーリ教育が、掲げている自立と自律促せるようにするには、ご家族の協力必要ですね。





ただし、これに該当できないケースもあります。
その場合には専門家にご相談する事をお勧めしています。




発達障害によって、自分の力だけでは どうしてもコントロールできず、を処方される事もあります。






これを放置する期間が長いと、思春期になった時、もっと悪化してしまいます。



長女が東京都の小学校音楽専科の教諭ですが、そのようなケースをいくつも見ているようです。




教室公式LINEに友達追加をすると、初回月謝5%引きのお得なクーポンがもらえます。 



お問い合わせもできますので、是非❣️



友だち追加




ホームページ(修正に時間が、かかる為、エキテンが最新です)


https://takapianokoto.com/



エキテン(空き募集の最新を載せています)


https://www.ekiten.jp/shop_93535004/




茉里(まり)先生の演奏動画(YouTube)

 https://youtu.be/9rlqnomUpqY



茉里(まり)先生の紹介動画


  https://youtu.be/wza4mWhU5a8



ゆき先生の紹介動画

.https://youtu.be/fTui_4uw8mc


みか先生の紹介動画


https://youtu.be/BDWQsjlw5cU