ももぷりん 育児中&漢方勉強中

ももぷりんの日常をつづった日記です☆


テーマ:
この記事、継続中です。


お腹の子 お空へ帰る①

お腹の子 お空へ帰る②

お腹の子 お空へ帰る③

お腹の子 お空へ帰る④





診察を受けたその日の19時過ぎに緊急入院し、ラミナリアを入れられ、
その日はお休み。

翌日もラミナリアを入れる本数が増えただけで経過。


入院2日後が本番です。



人工中絶当日。
薬剤名を言われていないのですが、
この状況で使用する薬剤は、
プレグランディン膣坐剤、という、人口中絶する薬剤です。

ラミナリアで子宮口を広げ、
プレグランディンで陣痛を起こさせるのです。
すでにお腹の中で亡くなっているわが子を出すために。


朝7時。
LDRで1錠挿入。
さらに9時過ぎに医師の診察でラミナリアを抜去したあと、1錠挿入。


診察から戻った部屋は暖かかったのですが、
お腹が痛いためか寒いと感じてしまい、
部屋の温度をもう少し上げてもらおうかな… と思っていた矢先、


破水しました。


すぐにナースコールをしました。
そして分娩台にあがりましたが、
破水とともにすでにわが子は出ようとしていました。


我が子が出るのはあっという間でした。



続く…
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
久々のブログですが継続で書いています。

お腹の子 お空へ帰る①

お腹の子 お空へ帰る②

お腹の子 お空へ帰る③


私たち夫婦の意思は決定していたものの、私自身は浮腫の状態も確かめたく、
超音波の検査を希望し、医師にそのように告げました。


そうしたら…



胎児の心音はすでに止まっていました…ハートブレイク





先生は、

「この子の運命はこうだったんだし、産む・産まないの問題ではないので、
 とりあえず体内から出すことを考えましょう。」

と言われました。


実はこの日、第一子が発熱し、小児科に連れて行って色んな薬を処方してもらうような体調絶不調の日でした。

そんな状態で私は緊急入院の宣告を受け、
第一子を預けることを考えなければなりませんでした。


母に電話をして、数日間預かってもらうこと、
とにかく第一子を迎えにきてもらうことをお願いし
(私は産院でそのまま入院してもらいたい、と言われたのですが、
 何の用意もしていないので一時帰宅をさせてもらいました。)
主人にも入院する旨報告し、
なんだかんだでバタバタと入院しました。



そして入院。


早速ラミナリアを挿入しましたが…



ダンナには、
「お尻の穴に消しゴム付き鉛筆を入れる感じ」
と伝え…



とにかく最初入れるときの痛さ、というか、気持ち悪さ、が
最大級でした…。

続く…
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
現在継続して書いています。


お腹の子 お空へ帰る①

お腹の子 お空へ帰る②




前回丁寧に診察してもらった5日後の午後、
診察もなにもない枠に予約が入っていました。

と言っても、女医さんは人気が高いのか、
枠のない時間帯でも午前予約の患者さんであふれかえっておりました。



前回の診察では、胎児水腫になっているお腹の子を、

●産む or 産まない
●詳細な検査をする or しない

を考えてくるのが宿題でした。


私の意思は帰りのバスの中で決まっていましたが、
ダンナの意見を聞かずにその意思を伝えるわけにはいきません。


一応、医療人である私は、
頭では分かっているんです。


あぁ、こんなこともあるよね、って。
高齢出産だからリスクは高いよね、って。
何よりお腹の子はしんどそうだったな、とか。
心臓は一生懸命動いていて、不整脈もなかったな。。。


でも心がついていかない、というのか。



思うだけで、外出先であっても涙が出ちゃう。


そしてダンナの意思は。


「今回は諦めようか…」



実は私も同じでした。


続く。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。