DVD鑑賞



解説
『麦の穂をゆらす風』などのパルムドールの常連ケン・ローチ監督がメガホンを取り、社会の片隅で必死に生きようとする男の奮闘に迫る人間ドラマ。病気で働けなくなった主人公が煩雑な制度に振り回されながらも、人との結び付きを通して前進しようとする姿を描く。コメディアンとして活動しているデイヴ・ジョーンズらが出演。ローチ監督にパルムドールをもたらした力強い物語に震える。

あらすじ
59歳のダニエル(デイヴ・ジョーンズ)は、イギリス・ニューカッスルで大工の仕事に就いていたが、心臓の病でドクターストップがかかる。失職した彼は国の援助の手続きを進めようとするが、あまりにもややこしい制度を前に途方に暮れる。そんな中、ダニエルは二人の子供を持つシングルマザーのケイティと出会う。

久しぶりの投稿になります。

映画もしばらくご無沙汰してました。

この映画は、ケン・ローチ監督がパルムドールを受賞した傑作だといえる。

社会で生きる底辺の人にスポットを当てて、人間の尊厳を失わず、

イギリス社会のややこしいシステムに力強く立ち向かっていったダニエル、

そしてこの街に越してきたシングルマザーの親子の困難な生活事情に同情し、

助ける様は涙を誘う。

私はダニエル・ブレイクと役所の壁にスプレーで落書きする場面はスカッと

した。

そして心臓を患うダニエルは、最後、発作を起こし、息を引き取るが、

シングルマザーが喪主を務め、ダニエル・ブレイクの生き様を称える

場面は見応え十分である。

未見の人は、機会があれば是非、観てほしい作品である。

にほん映画村に参加しています。
クリックをお願いしますね。


にほんブログ村