劇場鑑賞



解説
俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、
名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。
2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われなが
らも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のて
ん末に迫る。
『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。
機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言
葉を失う。



あらすじ
2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテ
ラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように
操縦席へ向かう。
飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メート
ルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。
このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害
が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。



クリントイーストウッドの最新作、ようやく観ることができた。

名優トム・ハンクスが主役のヒューマンドラマ。

トムはサレンバーガーという機長役で、出演し、乗客155名全員の

命を航空機事故から救ったヒーローという一面、事故調査委員会は

途中でエンジンの故障があったとしても戻れたはずだ。

シュミレーションの結果からもそれは可能だったはずで、機長の人災

としての見方も捨てきれないと何度も呼ばれて尋問を受けることになる。

40年以上の経験を自負し、自分の取った判断は間違ってはいなかった

と主張を曲げないサレンバーガー機長。

コンピュータのシュミレーションの数値と結果を信じて止まない事故調

のメンバー。

その対立はこの映画の山場であった。

密室劇のような映画で、会話のやりとりが中心になるので、疲れている

方はうとうとしてしまうかもしれないので、集中して映画を観ることが

できる時に観てくださいね。

にほんブログ村に参加しています。
応援のクリックをお願いしますね。



にほんブログ村