DVDにて観賞



解説
実在する伝説のプロボクサーと異父兄の家族愛、さらにはリング
での熱き戦いを描く感動作。
ゴールデン・グローブ賞をはじめ、2010年度の各映画賞を席巻。
監督は『スリー・キングス』のデヴィッド・O・ラッセル。
主人公を『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグ、その兄を
『ダークナイト』のクリスチャン・ベイルが演じる。
激しいボクシングシーンを見せるマークと、外見をがらりと変えて
薬物中毒の元ボクサーにふんするクリスチャンの熱演が見どころ。

A Day In The Life


あらすじ
地域の期待を一身に背負う名ボクサーだが、短気でだらしない性格
から破綻した日々を送っている兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)
と、才能に恵まれていないボクサーの弟ミッキー(マーク・ウォールバーグ)。
過保護な母アリス(メリッサ・レオ)や兄に言われるがままに試合を重ねるが、
一度も勝利を収められず……。

A Day In The Life


シュガー・レイ・レナードからダウンを奪ったことが唯一の自慢の

元天才ボクサーで兄のディッキー役をクリスチャン・ベイルが演じている。

ベイルは実在の兄に近づけるために、髪の毛を抜き、歯もいじったというほど

役柄に徹していた。

弟のミッキー役をマーク・ウォールバーグが演じている。

ミッキーは才能に恵まれず、全く勝てない日々が続いていた。

そんな弟にディッキーは「ヘッド&ボディを心がけよ。ボディへのパンチ

の方が後でダメージが大きい」とアドバイスをする。

その兄のアドバイスのお陰で徐々に勝てるようになってくる。

しかし兄のディッキーは薬物に溺れ、身を滅ぼしつつあった。

ミッキーは酒場で飲んでいるときに、カウンターで働いているシャーリーン

と恋に落ちる。

シャーリーンはミッキーの夢の実現のために応援をするが、しつこく介入して

くるメリッサ・レオ演じる母アリスやディッキーの存在が気に入らない。

あるときシャーリーンは「自分を取るか、アリスやディッキーを選ぶか、どちらか

にして」と選択を迫るのだった・・・

世界タイトルマッチがロンドンで行われる時、ミッキーのセコンドには兄ディッキー

の姿があった。

この映画で、メリッサ・レオは助演女優賞、クリスチャン・ベイルが助演男優賞を

受賞している。

それだけ二人の演技は、主役のマーク・ウォールバーグをうまく引き立てていた。

にほんブログ村に参加しています。
応援のクリックをお願いしますね。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村