マイケル・ジャクソンのファンじゃないけど、やっぱり2週間限定

の上映とあっては見逃せません。

これは絶対大きなスクリーンで観なきゃと思い、時間をやりくりし

ながら観てきました。



解説
2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日
前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメ
ンタリー。
何百時間にも及ぶリハーサルを一本の映画にまとめあげたのは、
『ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー』の監督兼振付師で、
予定されていたロンドン公演のクリエーティブ・パートナーでもあ
ったケニー・オルテガ。
コンサートを創り上げる過程では、偉大なスターであり才能あふれ
るアーティストでもありながら、なおも進化を続けたマイケル・ジ
ャクソンの素顔が垣間見える。

A Day In The Life


あらすじ
2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然
この世を去ったマイケル・ジャクソン。
照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無
二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダ
ンスの猛特訓は死の直前まで繰り返されていた。

A Day In The Life


ムーンウォークをはじめとしたダンスパフォーマンスはやっぱり一流

ですよね。

そして何よりも彼といっしょに仕事ができるなんて夢みたいだってい

うバックダンサーやミュージシャン。

特にバック・ダンサーはロンドン公演のために公募され、選び抜かれた

プロのダンサーたち。

オーディションで勝ち残って、その座を射止めた猛者。

「君たちはマイケルの体の一部になりきること」という注文を確実に

実行に移す。

マイケルのコンサートリハーサルは、どちらかといえばマイケルが舞台

監督でもあった。

こういうパフォーマンスになるように、ギターはもっとここで音を大き

くして。

照明はここで切り替えて。

音響はもっと音を絞ってなど、ディレクトしていく。

スタッフはマイケルを信頼しきっているからその通りに動く。

そしてマイケルも君たちは僕の家族みたいだ。

なんども感謝の言葉「God Bless you.」と言う。

ロンドン公演が実現していたら、このドキュメント映画もなかったかも

しれない貴重な映像が観れてよかった。

実は僕が知っているマイケル・ジャクソンの曲といえば「スリラー」とい

うモンスターアルバムの中の数曲しか知らないのである。

にほんブログ村に参加しています。

応援のクリックをお願いしますね。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村