逢いに来てくれて どうもありがとう



『LILIUM MOKA☆ Produce Mixed Chorus』CDと楽譜のセット
「MOKA☆オリジナルCD(お好きなサントラCD付き)」
「サントラCD セール価格」
↓通信販売しています(送料無料)↓

https://pakchys.buyshop.jp/






∞♪・∞♪・∞♪・∞♪・∞♪・∞♪・∞♪・∞♪・∞♪・∞♪
MOKA☆集大成のOriginal Album CD、今夏リリース予定
収録予定曲 Soundtracksセルフカヴァー
「ウィザード・バリスターズ」
「PUPA」
「世界で一番つよくなりたい!」
「路面電車で行く」(仮)

情報ご希望のかたは
http://moka-song.com/contact/
まで、メールアドレスを送ってくださいませ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
October 21, 2017

高橋葉介さん・・

テーマ:Book

 

子供のころ、毎年夏休みに

神奈川県にある親戚宅にお泊まりにいくのが楽しみでした。

いとこたちに逢えるし

都会育ちの私にとって、歩いていける距離に海水浴場があることはウキウキだったし

最大の楽しみは、従兄の蔵書を読めること本

 

「火の鳥」をはじめとする一連の手塚治虫作品、星新一「ショートショート全集」、つげ義春、各幻想短編集やSFなど・・

図書館に置いてないような本や、短時間で読める短編集や漫画を選んで、読んでいた想い出。

 

その場所で、高橋葉介さんの漫画も知りました。

「葉介」というお名前に親近感を抱きつつ

独特で美しく、不思議で怪奇でせつなく懐かしい世界観に魅力を感じて、読み耽っていたっけ

 

 

あれから月日は流れ・・

 

 

2017年 10月 丸善日本橋店にて

『日本橋 BOOK CON』

(3日間で約120のブースと特設スペースが設置され、そこで作り手である出版社や著者が読み手である来場者と交流する本の体験型イベント)

 

高橋葉介さんがいらっしゃるということで、早川書房のブース終了間際にうかがってしまいました〜

 

 

“香葉さんへ” のサイン横に

肉筆の夢幻魔実也サマキラキラ

・・ミーハーだけど う、うれしい笑い泣き・・

 

出版社のかたに「写真も撮りましょうか」と言っていただいて

え〜〜いいんですかっ

て遠慮しつつも、しっかり撮っていただいちゃいました。

(図々しいついでに、ブログ掲載許可はそのときいただきました)

 

 

う〜

スランプ意気消沈気味だったけど、すごくゲンキをいただいてしまった出来事でした

 

作品を通じて、創り手の人と出逢えることは素晴らしいこと。

 

子供時代に影響を受けた漫画の著者ご本人様と

大人になって、たまたまお逢いできたけど

直接お逢いできなくても

作者は作品と共に、ずっと心に影響を与え続けてくれる存在

それは

書物でも、絵画でも、映画でも、音楽でも、どんな表現でも。。

 

 

誰かにとって、生き続ける作品を産み出すことができたら

創り手としてホントに幸せなことだと

あらためて

気を引き締め直したりしてます

音楽創るの 諦めずにがんばらなくてはっ

 

 

 

オマケ・・

 

日経BPマーケティングブースの前で

「できたての本ですよ〜」って編集のかたに薦められて

『世界を動かす100の技術』

も買いました。

 

子供のころから変わらない夢幻世界を漂う心とバランスとって、現実社会のことも把握しておかなくちゃって想ったので。。

 

 

∞・♪・*・∞・♪・*・♪・∞

↓ MOKA☆CD ウェブショップにてセール中です↓

https://pakchys.buyshop.j

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
October 20, 2017

女神の見えざる手

テーマ:Cinema, Theatre

 

“米国では300万人が毎日拳銃を携帯し、900万人が少なくとも月に1回は拳銃を携帯しているとの調査結果が19日、米公衆衛生ジャーナル(American Journal of Public Health)に発表された。銃携帯状況の全米レベルの調査は20年ぶり”、というAFPBB Newsを読んで

試写会で鑑賞した映画

『女神の見えざる手』のことを想い出しました

 

銃規制法案の成立に尽力する小さなロビー会社で、ロビイストという職業に人生を捧げているヒロインの行動力と知性

台詞にあふれた132分、ラストの展開に爽快感を憶えた作品

 

「銃よりも、暴力よりも過激な “知のアクション映画” 登場!」の宣伝文句そのままな感じ。

 

 

ワシントンD.C.には、ロビイストの会社が建ち並ぶ、通称「Kストリート」がある。法案の構築と、それについての運動、戦略によって、すべてが『一夜で変わる』ことも常であり、そうした実態を本作は描いている・・

そういうリアリティ追求の物語は興味深かったけど

 

それ以上に、すごいなって想ったのは

ジョナサン・ペレラの初めて執筆した脚本だった、ということ。

 

脚本家になりたいと弁護士を辞めて書き上げた脚本は、フィルムネーション・エンターテインメントの社長に気に入られ、1年間で映画が完成したという、ハリウッド初の脚本家サクセス・ストーリー。

もちろん

才能も人一倍あるおかただと想いますが、努力ってこういう形で報われることがあるのねって、その事実も興味津々です

 

 

そして、トップ・ロビイストという職業。

ヒロイン“エリザベス・スローン”は家庭も愛情も必要とせず、冷淡にすべてをキャリアに捧げています。

だからといって、完璧でもなく

たまに感情的になったり、お金で男性をホテルに呼ぶ欲望もあったり、24時間戦闘モードでレストルームの個室で向精神薬を飲んだり・・

 

弱みを見せまいとしてるところが

逆にいじらしくも見えるし、カッコよくも見えるし、シンパシーも感じる

・・私はこんなバリキャリじゃないけど

理知的でありながらアグレッシブに、仕事一途に打ち込む女性には、憧れる〜

 

14〜15cmのハイヒールで颯爽と歩く姿や

色は黒がメインで、マゼンタ、ダークグリーン、紫がかったピンクなど強い色味の衣装の着こなしにも、女性としての魅力を感じました

(男性からは、賢くて意見をはっきり言う強い女性は、可愛げが無いと敬遠されてしまうかもしれないけど。。)

 

 

自分から進んで観ようと想う類いの映画ではなかった分、試写会で出会うことができてよかった作品デス

 

 

原題 : Miss Sloane 

<STAFF>

監督 製作総指揮:ジョン・マッデン

脚本:ジョナサン・ペレラ

音楽:マックス・リヒター

製作年:2016年/フランス・アメリカ合作/132分

<CAST>

エリザベス・スローン:ジェシカ・チャステイン

ロドルフォ・シュミット:マーク・ストロング

エズメ・マヌチャリアン:ググ・バサ=ロー

ジェーン・モロイ:アリソン・ピル

 

 

∞・♪・*・∞・♪・*・♪・∞

↓ MOKA☆CD ウェブショップにてセール中です↓

https://pakchys.buyshop.j

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
October 10, 2017

人生フルーツ

テーマ:Cinema, Theatre

 

信頼してる人から久しぶりに電話かかってきて

「良い映画だから、観てみて」って言われたので、渋谷アップリンクに観に行って

 

観る人の状況や性格で受け取りかたが違うでしょう、老夫婦の日常を丁寧に追ったドキュメンタリー。

作品を見終わってしみじみと

鑑賞することができて幸せだったなーって・・

私には心の深いところに響きました。大事なことがストレートに

 

この映画を教えてくれたRさんに、感謝

津端修一さん(90歳)英子さん(87歳)の見せてくださった日常風景に、感謝

作品として残してくださった東海テレビのプロデューサーさん&監督さんに、感謝感謝・・・です。

 

『人生フルーツ』
プロデューサー:阿武野勝彦  監督:伏原健之

ナレーション:樹木希林
音楽:村井秀清

製作・配給:東海テレビ放送(写真は全て(C)東海テレビ放送)

2016年|91分|日本|ドキュメンタリー

 

 

『家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない』

ル・コルビュジエの言葉そのままに

 

建築家の津端修一さんが、師であるアントニン・レーモンドの自邸に倣って建てた家は、私には輝いて見えました。

愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウンの一隅、雑木林に囲まれた一軒の平屋。妻・英子さんの手で美味しいごちそうに変わる、キッチンガーデンを彩る70種の野菜と50種の果実たち

 

 

パンフに描かれていた「つばた家探訪」

サクランボや甘夏やイチジクなど季節のフルーツの成る樹々に囲まれて、畑の野菜も多種。

小鳥の水浴場も、離れも、手仕事ルームも、書庫も、薫製器も・・

 

『すべての答えは、偉大なる自然の中にある』

アントニオ・ガウディの言葉そのままに

老夫婦の積み重ねている生活は、自由で健全でチャーミングに感じました

 

 

修一さんが90歳で受けた設計の仕事に、ちりばめたコメントは

「できるものから、小さく、コツコツ。

 ときをためて、ゆっくり」

 

コツコツ、ゆっくりと、ときをためる

・・年齢や環境は関係なく、大切なことに想います。

 

パンフに掲載された “監督日誌”には、この作品を

「2年間こつこつ、ゆっくりと取材をして、実ったドキュメンタリーの果実」と表現していらっしゃって

その果実を美味しくいただいたことに、感謝しました。

 

「本作は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾。

ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの思索の旅へと私たちを誘う」

 

 

 

修一さんの描くイラストは、英子さんへの愛情たっぷり。

・・・いいなぁ〜。。

こういうパートナーがいたら幸せでしょうね・・

 

 

『長く生きるほど、人生は美しくなる』

フランク・ロイド・ライトの言葉を証明しているように

懐かしいようでいて新しい、人生ドキュメンタリー

 

 

∞・♪・*・∞・♪・*・♪・∞

↓ MOKA☆CD ウェブショップにてセール中です↓

https://pakchys.buyshop.j

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
October 07, 2017

FOR MOON

テーマ:MOKA☆

 

『米航空宇宙局(NASA)の研究チームは5日(日本時間6日)、約35億年前の月が大気に覆われていた、とする分析を発表した。

 

研究チームは、マグマが固まってできた月面の黒っぽい「海」と呼ばれる領域について、アポロ計画で採取した試料データや、月探査機「ルナ・リコネサンス・オービター」の最新の観測結果などから、噴出したガスの組成や量などを推計。火山活動が最も盛んだった約35億年前には、一酸化炭素や水蒸気などからなる大気が、最大100キロの厚さで表面を覆っていたと結論づけた。大気は現在の地球の約100分の1だが、現在の火星より濃かったという。 』

 

・・・近くて遠い 月の神秘

 

☆★☆★☆★

 

写真は4日に撮った夜空 中秋の名月

 

遮るものも無く対面するお月様は

流れる雲の向こうに ただ白く輝いて

 

つらいこと起きても その向こうに

観たいものだけ観ていこうと

私は

鏡のように 

いろいろなものを映してみてた

 

 

MOKA☆が月に向けて創った歌

http://moka-song.com/discography/mp3/for_moon_40sec.mp3

 

新譜リリース、うまくいきますように・・

 

 

∞・♪・*・∞・♪・*・♪・∞

↓ MOKA☆CD ウェブショップにてセール中です↓

https://pakchys.buyshop.jp

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
October 03, 2017

深海2017

テーマ:Art museum,Picture

国立科学博物館の特別展

「深海2017~最深研究でせまる”生命”と”地球”~」

 

デメニギス好きなので

海洋堂フィギュア・会場限定3種コンプリート付チケット(前売り)を買ってて、会期終了間際に観てきました

 

いきなりですが

会場で購入した図録(¥2200-)は192頁、情報も知識も写真も豊富で、巨大災害の項目も頁が多くわかりやすく、クオリティ高い本

混雑した会場で流して観ていた内容を、反芻することができてヨカッタです。きちんと創られた図録って、何度も好奇心を刺激されて読み返すことできるもの。。

カバー裏付録に “深海 蓄光ポスター”が付いている仕様も、こだわりがあって好感うお座

 

 

ちなみに限定フィギュアは、デメニギス・アゴスケホシエソ・クロカムリクラゲ

 

 

ダイオウイカブームの2013年の深海展テーマは

「深海すごい」だったのに対して、

今回のテーマは

「深海研究すごい」だとか。

 

その通り

現状の知識・最先端の研究成果など6章に分かれた、わかりやすい展示で

知らないことを知ることができて、知的好奇心が刺激された感じ。

 

 

「〈第1章〉 深海とは」

推進200m以深を深海という、とか

太陽の光はどこまで届くか、とか

深海の環境は“暗く高圧で冷たい世界”だ、とか・・基本をパネルで説明されてて、科学の授業を想い出しました

 

 

「〈第2章〉 深海と生物」

展示スペースのおよそ3分の2を占める第2章は、生き物好きな私には興味深かったところ。写真撮りまくり〜

 

生物発光シアターには、観たかった“デメニギス”と“クロカムリクラゲ”の動画と標本。

“デメニギス”は、生きてる姿が撮影されたのが2004年だったとのこと。

この標本からは想像できない姿に、最初に観た人は驚いたでしょね

 

透明の膜でできたドーム状の頭や

緑色の大きな眼球(管状眼)・・ワタシ的にはスタイリッシュで好き

 

 

昨年に駿河湾で捕まった個体 “オンデンザメ”(体長約3メートル、体重約300キロ)の液浸標本にも興味津々でした。

 

 

「〈第3章〉 深海と巨大災害」

これからも起こる海溝型巨大地震によって発生する災害の減災に役立てるために、有人潜水調査船 “しんかい6500”、地球深部探査船“ちきゅう”など、すごい調査をしています

 

「〈第4章〉深海と資源」

日本の排他的経済水域(EEZ)の面積は世界第6位、領海と合わせるとその面積は約447万㎢に達する。

メタンハイドレート、マンガンクラスト、レアアース泥・・開発が進めば、海外に頼らず必要な資源を得ることができる、希望の分野だとリアルに感じます

 

「〈第5章〉 深海と環境」

海洋酸性化は深刻な問題。。

 

 

「〈第6章〉 深海を調査する機器」

有人潜水調査船“しんかい6500”のコックピット(直径2メートルの球形で、実物の1.5倍サイズ。定員は3名とか)が展示されてたので

 

自分がこの中に居て、未知の深海に降りていったら・・

なんて

しばし妄想タイム

 

 

 

本来なら人間が足を踏み込んではならない場所

地球上に残された最後のフロンティア「深海」

 

その最「深」研究を知ることで

表面だけではわからない

海の深淵さをヒシヒシ感じた鑑賞時間、よかったです

 

∞・♪・*・∞・♪・*・♪・∞

↓ MOKA☆CD ウェブショップにてセール中です↓

https://pakchys.buyshop.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。