八幡の藪知らず の謎

テーマ:

2018年11月17日 ㈯ 宇都宮から電車に乗って

東京で用事を済ませ その後千葉県市川市へ出かけました

 

天気の良かった昼間 

たくさん歩いて 電車で小刻みに移動して

堀之内貝塚、国府神社 下総国総社跡 の名所を見ました

 

行けたら探しに行こう 

と漠然と考えていた「八幡の藪知らず」ですが

時間的に行ける感じになりましたので

京成八幡駅へ行って 電車を降りてみました

 

駅を出てこの場所を探し始めたのは 

すっかり日も落ちた夕方になっていました

晩秋の落日はほんとに早い。。。

あっという間に夜。。。

 

事前に地図で確認していたものの。。。

初めて歩く土地なので 道を間違えて 引き返し。。。

 

やっぱり無理かも。。。

 

と 駅の方へ歩いて。。。

 

ほわ?! と気付いたら。。。

 

突然 目の前に大きな鳥居が現れました

 

地図で下調べをしていなかったのですが

大きな神社のようでした

神社名もわからないまま(すみません) 

失礼します~と 境内に入らせてもらいました

散歩をしてる方が かなり いらっしゃいました

地域に愛されてる神社だな~と 感じました

私が入ったのは 北口?の鳥居のようでした

 

葛飾八幡宮と 判明しました!

ものすごく美しい!!

大きくて立派! 豪華! 華麗!

 

 

 

 

 

↑ 4時過ぎていたので 閉まっていました 

ので

拝殿前の門の外からご挨拶をさせて頂きました

 

その後 あてはなかったのですが

南へ進みまして 大きな参道を通って 線路を渡りました

 

そうしたら。。。

前方に 大きい道路がありまして

うっそうと茂った森らしき藪と 白い鳥居が見えてきたんです!!

 

うわー!!

八幡の藪知らず!

あったー!!(失礼千万)

見つけたー!!

 

 肉眼で感じた明るさ↓ 

空を入れたから 明るく撮れた?

 

 

 

 ↓ 普通に撮影すると こんなにまっ暗

 

 

 

ここは昔から 何の場所だったのか はっきりとはわからないようでして

色んな伝承が残されています

八幡宮さんが管理されてるみたいです

 

 

 

 

 

私が一番好きな伝承は 

日本武尊が東征の時 戦でここに陣を張った というものです

 

ですが 現在は 日本武尊よりも

 

謎のミステリースポット的な場所として 有名みたいです(ネットの記事参照)

ちょっと怖い系の。。。

立ち入り禁止の禁足地のようです。。

 

HONKOWAの「闇の検証」でも 玲子さんが訪れて霊視してました

 

 

私はここを訪れたのは初めてで

しみじみと お参りさせて頂きましたが

 

ここって もしかしたら 陣を張った日本武尊が 戦に勝った後

倒した敵を埋葬した場所…つまり

先住民族の古墳ではないか と思いました

なんか そういう絵が浮かんだというか。。

土饅頭的な。。。

 

そして 亡くなった人たちの祟りを恐れて 社を建てて 昔から祀ってきたけれど

長い年月が経ち 

何の場所かわからない いわくつきの場所になったのではないか と思いました

 

おそらく 古代からずっと

何の場所かわからないけど とにかく危険な場所だから

 

ここには入るな 触れるな 立ち寄るな

 

的な事が 語り伝えられてきたのではないでしょうか。。 

それが今でも 残っているのだと思います 

 

そして 長い年月の間 時には 能力のある誰かが

ここに眠る死者の怨念を利用して 誰かに呪詛をかけたりとか

してきたのではないか とも 思ったりしました

 

↓ 頭に浮かんだ絵

 

 

アメブロ調子悪い。。

画像のアップと削除が 全然 うまくいかなかった~ ><

 

今は 木や竹が生い茂る ちょっと怖い感じの林でして

きれいな社の後ろには 

そういう土饅頭とか 倒れた祠とかも全然ありませんが

なんだか こういう絵が 頭に浮かびました

 

 

 

 

 

 

 

 

多分 1週間ほど前だと思います。

今年 1月始めにアシガールSPの再放送を見て以来 

それからずっと毎日戦国時代のアシガールにハマっている私が(変な表現)

 

ふと突然 

HONKOWAの霊能者視っちゃんの漫画で

単行本に載っていたお話の一つを

思い出しました(漫画 ひとみ翔さん)(そこそこ以前の話 江戸時代のご先祖様がからんでる)

 

以前も気になっていたお話でして

作品の中に M町って出てくるので

私は それを読んだ時

あ これって きっと 栃木の壬生町かも~。。

と 思ったんです

 

で 今まですっかり忘れていたのに 

今回突然その話を思い出して

 

やっぱ あれって 壬生町だよね~。。

 

と あらためて1人で勝手に確信?推測したわけなんですが。。。

 

 

 

で おととい25日㈮の夜に 突然

 

明日 大平町の歴史資料館を見に行きたい

古墳時代の舟形木棺に 会いに行きたい!

(木棺の周囲に 木棺を守っている方達がいるような気がして♥)

 

と 思い立ち

ガクトさんの ♪残酷な~♪ の歌も(内容は戦国時代)突然思い出しましたので

 

昨日 26日土曜日 大平町の木棺に会いに行き 古代に触れてきました

その後 栃木の 客人神社へお参りして 

戦国時代にも想いを馳せてきました

 

三輪神社へも行きたいな~

と 栃木街道を 車を走らせていたら

 

前方 宇都宮方面上空が あり得ないほど真っ黒になっているのに気づきました

 

え?? 栃木は青空のちょー快晴なのに

北は 雪? 吹雪?なの?

うわ!!

ベランダの洗濯もの やばい!

 

と 三輪神社へのお参りをあきらめて 宇都宮へと車を走らせました

東 西 南の空は青空で太陽が輝いているのに

北の空だけ真っ黒 という 異様な天気の中

車は 雲の下に入りました

 

案の定 やっぱり雪が降ってきまして

そこは壬生町でした

 

で 気づいたのですが

厚く黒い雲は 壬生町の上だけでした。。。

 

車の運転席から見ると

自分の頭の上には 真っ黒い雲があるのに

周囲の 東 西 南 北(宇都宮方面)の空は

青くきれいに晴れてるんです。。。

 

なんだこの天気は。。。

ありえないほど 壬生上空だけ黒い。。。

他の地域は晴れてるのに 壬生だけ雪。。。

宇都宮 晴れてるじゃん。。

 

 

壬生町 何かあった?

恨み?ねたみ? 生霊?

明日の駅伝?

。。。。。

 

郡市対抗駅伝に備えて 栃木街道のあちこちにカメラを設置していたカメラマンさん達は

歩道でぶるぶる震えてらっしゃいました

 

 

。。。

何か 。。

知ってほしい とか。。

苦しかったとか。。。 悲しかったとか。。。

そういう 「過去の人の気持ち」というか「想い」というか。。。

念を感じるなあ。。

歴史的に1月26日って 壬生で何かあったのかな。。

と なんとなくですが そう思いました。。

 

以前 

とある戦の激戦地で その戦の話を聞いていたら 天候が急に荒れだしたことを

思い出しましたので。。(これも 壬生。。)

 

 

そして 今日 ネットで 一生懸命調べてみました

新暦1月26日は 旧暦で 何かあったのかと。。

 

やみくもに めちゃくちゃにあてずっぽうで調べていたのですが

とある事実を発見して 愕然としちゃいました

 

視っちゃんの漫画に出てくるそのM町の歴史的事実の日が

旧暦の12月11日だったのです。。

 

え~~~??!

それって 新暦だと今年の1月16日?!

私が なんとなく 視っちゃんの漫画の話を思い出した頃前後?!

 

うわ~。。。。

そうなんだ~。。。

 

あの件は 視っちゃんが解決してくれたから もう 終わっているけど

思い出した私に 

たまたま壬生を通った時 

荒れた天候を使って教えてくれたんだ。。

 

つらかった。。くやしかった。。。って。。。

 

人の念って 天気を変えちゃうのなんて簡単みたいらしいですものね。。。

 

そっか。。。

そういうことだったんだ。。。

 

過去の方達のおかげで。。。 古墳時代や 戦国時代や江戸時代の方達。。。他の時代の皆さま。。。

皆様のおかげで

私達は 今現在 平和で静かな生活を送れています。。。

本当にありがとうございます。。。

 

 

うちの近くの葬儀場で

誰かの通夜の時間 

突然 葬儀場周辺の上空(うちも含む)に真っ黒い雲が発生して

ゲリラ豪雨が降ってきた時は ちょー怖かったでした (笑)

通夜が終わったころの時間 嘘のように雨が上がったので さらに恐怖(笑)

 

 

 

 

 

徳川幕府の終焉

テーマ:

NHKのヒストリア 鳥羽伏見の戦い(2018 11月放送) を 録画で見ました

 

そういえば

 

家康公の呪術部門?側近の天海和尚が 

 

水戸藩から将軍を出さないように

 

的な事を言っていたそうですが(昔 何かで読んだw)

 

もしかして 鳥羽伏見の戦で

徳川慶喜公が大阪城で不可解な言動をして 最後には脱走した

というのは

 

天海和尚の呪術が効かなくなって 

大阪城にかつて君臨していた豊臣軍のスピリット達がよみがえって 

慶喜公に色々 囁いた(悪魔のささやき的な)からではないか

 

と 

 

番組を見た後 ふと 思いました (^・^) (ゲゲ個人の感想です)

 

 

私は 20歳の頃から 新選組 土方さんのファンですので

 

この件に関しては ずっと あまり良い印象を持ってはいなかったのですが

 

ふと

 

てっとり早く言えば 

 

豊臣の祟り 

 

みたいなことかなあ。。。と 思った次第です

 

 

天海和尚がかけた大阪城への術が 何らかの形で破たんしたんでしょうねえ。。。

 

淀城が 幕府軍を 中に入れなかったのも

もちろん 連絡をくれなかった幕府軍への不信感もあったでしょうが

 

 

という名前からして 

 

もしかしたら 淀の方のなんらかの遺志?(悪魔のささやき的な)が

働いたのかも。。。

 

とかって 推測すると 興味深いです 

 

 

戊辰戦争の時 大阪城も 燃えてしまったんですね。。。

 

 

大阪城が燃えて 豊臣が滅びたから

 

大阪城が燃えた時 徳川幕府政権は完全に終わった

と 

みな 思ったでしょうね。。。

 

大嶋先生の本やブログ Happyちゃんのブログを読んでいると 

ほんっとに 過去の自分の人生 いろいろ気付かされます

 

長い間

自分の性格の弱さで 生きにくい 生きづらい と思ってきましたが

実はそうではなかった!!

と ほんと 今50代になって 次々わかってきて・・・ 

 

えーっ?! あの時のイジメって 相手から嫉妬されてたからなんだ!

 

とか

 

あの時自分が悪いと思って反省したけど 

実は相手から八つ当たりされて 巧妙に「反省しろ!」と追いつめられてただけだったんだ!

 

とか

もう~ ぼろぼろぼろぼろ 色んな過去の出来事が 

今 自分の中で 腑に落ちるというか 気づくというか

 

あの時 実はあーだった!!

衝撃の新事実発見! 

 

とばかりに 毎日  

 

私の嫉妬されるほどの優秀さ 持って生まれた素晴らしさw

 

が明るみに出てw

悔しさwに 気が狂いそうです(笑) wwwwwwwww 笑いが止まらない

 

ずっと 

なんで自分ってパワハラされるんだろう と悲しんだり

(40年前 30年前はパワハラなんて概念はなかったけど 今の言葉で変換してみました)

 

苛められる自分は よっぽど ダメな人間なんだなあ

と 落ち込んだり 

 

怒られたから反省して 次は もっと頑張ろう

と 無理矢理ポジティブでテンション上げてみたり

 

ほめてもらえないから ほめられるまで努力しよう!

と 意地悪で性格の悪い相手に むなしい優しさを求めてみたり

 

相手に悪くて断れないから と

妙に卑屈な態度で こじつけの言い訳を考えて 夜眠れなくなったり

 

あそこの集まりへ行くと 毎回嫌な空気で頭が痛くなるから 行きたくないけど

そんな事思ったら失礼だから 気にしないようにしよう

と 自分の素直な感情に蓋をしたり

 

あ~あ~・・・

自分に悪い事 してきたなあ~・・・

私のせいじゃなかったんだ・・・

 

全部 相手からの嫉妬だったんだ~・・・・

 

気付かないで 辛かったなあ~ 自分・・・

可哀想なこと しちゃったなあ~ 自分・・・・

 

 

ほんと 最近 嫉妬されると 頭にビビビ!とくるのがわかるようになりました

感電?みたいな感じで 瞬間的に 頭が痛くなるんです

 

こんなの 長年 知らないで浴び続けていたなんて・・・

頭の中にいろいろ溜まってしまうわけだ・・・

 

と つくづくよくわかります

 

そして 自分でも知らないうちに 身に着けた癖 

嫉妬されないように動作していた

というのにも  気づきました

 

ある集まりで わざとへたくそに 本の文章を音読していたんです!

上手に読むと 嫉妬されちゃうから 

嫉妬されないように 上手につっかえてみたり 

ほんとは読めるのに 読めないふりしたり 

自分でも気づかないうちに 巧妙な手口wを使っていたんです

 

今日 自分で気付いて 愕然としちゃいました

 

 

なんで ここまで 他人に気を遣ってきたんだろうなあ。。。

 

過去 幼い頃に 

自分でも覚えてないけど 

よっぽど相当 嫉妬を浴びて ビビビ光線で 辛い想いをしたんだろうなあ。。

 

今は 過去の自分を励まして 過去の書き換えをしている最中です

 

そして 今 嫉妬の念を浴びたら

 

ありがとう! あなたのその嫉妬 私に富として流れてくるから!!

喜んで 受け取ります!!!

 

と 感謝して頂戴しております(笑)

 

 

10年以上前 私が 保護者会の会長をしていた時

子ども達の団体が 関東大会で金賞をとり

武道館で行われる全国大会に出場できました

 

武道館へ行くぞーーーー!!

 

という合言葉で頑張ってきた子ども達ですが

 

10年以上たった昨日 ふと

 

ゲゲは

 

あ~。。そうか~。。。あれって 引き寄せた っていう事なんだ~。。

 

と 気付きました

 

 

これは想像ですが 子ども達のうち 誰かが熱心に真剣に 

 

私は絶対武道館へ行ける!!

 

と 決めていたんでしょう。。。

 

 

なので

神様力? あるいは 引き寄せが発動となり(変な表現)

 

指導者の先生を引き寄せ

他の小学校と合同になる という事も引き寄せ

会長としての私を引き寄せ

楽器とか お手伝いの子達や 色んなものも引き寄せ。。。

 

なおかつ その子は

厳しい練習や その他毎日の小学校生活を楽しんでいたのでしょう。。。

 

私って幸せだなあ。。。

とも 思っていたんでしょう。。。

 

そうしていたら

関東大会で 見事金賞をゲットして

武道館へ行けることになったのでしょうね。。。

 

そうか~。。。

 

そうだったんかあ~~~。。。。

 

私が 保護者会の会長になったのは 運が悪かったからではなく

(オイ。。テヘペロ)

その子の願いをかなえるために

神様に? ハイァーセルフに? ボルテックス状態で?

集められたからだったんだぁ~~~。。。。。

 

 

なるほど

 

なるほど~~~~。。。。。。

 

そうかぁ~。。。

 

そうだったのかあ~。。。

 

 

おそらくダメだろう。。。と 思ってる大人も多かったらしいし

練習は厳しいし

楽器は古いし 足りないし

練習環境としても そんなに良くないし

お金はないし。。。

 

と 

 

ほとんど誰もが 

 

全国出場なんて そんなん 夢物語だよ 無理だよ

 

と 思っていた中

きっと その子だけは 諦めなかったんだろうなあ。。。

そうして 見事 全国大会への切符を手にしたんだろうなあ。。。

 

そうかぁ~~~。。。

 

 

たまたま運が良かったから 全国へ行けたんじゃなかったんだなあ。。。

 

その子(誰だろう。。)が 引き寄せたんだなあ。。。