2019.09.18(水)


おはようございます。

朝6時頃から雨の予報
10時頃から小雨が降りだしました。
予定してなくて空いた4時間
残りのシュラブローズの
軽い花後剪定が終わりました。

土曜日からの三連休も雨予報
木・金で庭を回ってみます。

今日のベストローズ
というか3品種しか咲いてません。

2007年 イギリス 完全四季咲き ER
「プリンセスアレキサンドラオブケント」

 



春バラを数年遡ってみました。
「ゼフィリーヌドルーアン」
系 統:ブルボン
作出年:1868年
作出国:フランス
作出者:Bizot 
花 色:ローズピンク
花 形:丸弁カップ咲き
初開花:2019.05.02
初開花:2018.04.23
初開花:2017.05.05
初開花:2016.04.28
初開花:2015.04.30
初開花:2014.05.01
初開花:2013.04.26
初開花:2012.05.01
枝張りがよく、
おう盛に枝が伸びる
巨大な壁面でもカバーできる
ほとんど棘がなく管理しやすい。
アガサクリスティの
ミステリー小説「杉の柩」の
犯人を捜す切欠となるバラ
として登場しています。

2014.05.01 初開花


2014.05.12


2015.04.30 初開花


2015.05.07


2016.04.28 初開花


2016.05.06


2017.05.05 初開花


2017.05.13
北側のバラに
日があたらないので
この年にオベリスクに
仕立て直しをしました。


2018.04.23 初開花


2018.05.01
フェンスの高さより
低く仕立て直しました。


2019.05.02 初開花


2019.05.07


アイドルから「写真あげるよ」
リハーサル会場から見える景色
さてどこなんでしょう。


ご訪問どうもありがとうございます。

 

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸
応援ありがとうございます。

2019.09.17(火)


おはようございます。

夏が戻ってきたような暑さ
気温が31℃になり夏日でした。

秋剪定対象外ですが
ローズ・ポンパドゥールと
ラローズドゥモリナール
少しでも枝を短くしたいです。
庭の中心で暴れまくってます。

木曜日と金曜日でなんとか
できればと思ってます。

今日のベストローズは
「クロード・モネ」
2012年作出、フランス
デルバール、ダマスク
咲き終わっての秋剪定
10月の開花は後半でしょう。


春バラを数年遡ってみました。
写真整理がしてある年までです。
数年の春の花を見ることにしました。

「エルモサ」
系 統:Ch チャイナ
(ブルボンの分類もある)
作出国:フランス 
作出者:Marcheseau
作出年:1837年以前  
開花性:四季咲き
花 色:ピンク
花 形:カップ咲き
他の草花に溶け込むのも上手
初開花:2019.04.30
初開花:2018.04.22
初開花:2017.05.04
初開花:2016.05.03
初開花:2015.05.04
桃色のカップ咲き
外側の花びらが少し反り返る。
一番花から初冬まで繰り返しよく咲く
ほのかな甘いティーローズの香りがする。
ほぼ無農薬でもオーケーです。

ブロ友さんのMmeroseから
苗をいただきました。

2015.05.04 初開花

 



2016.05.03 初開花

 



2017.05.04 初開花


2017.05.08


2018.04.22 初開花


2018.04.24


2019.04.30 初開花


2019.05.07


ご訪問どうもありがとうございます。

 

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸
応援ありがとうございます。

2019.09.16(月)



おはようございます。

夜から午前中にかけて
強い雨が降り続きました。

10時半ごろ雨が止み
午後1時頃になると
バラの葉が乾いてきたので
3週間ぶりの薬剤散布です。

散布していると
虫が飛び出してくるのを見て
今までにない結果に少し驚きました。
10日に一度の薬剤散布に戻します。

秋剪定後のバラですから
開花しているバラは
当然、少なくなってます。

「エリアーヌ・ジレ」
花形、花色ともに
変わったお姿のギョーのバラ

 



オリジナルの交配種
「香純(かすみ)」
咲きだしたところと
開花したところです。

 



「感謝」
京成電鉄創立100周年記念のバラ


「クリスティアーナ」
夏最後の開花
秋の開花待ちです。


「クロード・モネ」
花色は濃くなってきました。
反対に絞りが薄くなってます。


「ジャルダン・ドゥ・フランス」


「ジュリア」
花色が明るく咲きました。


「ダーシー・バッセル」
大きな蕾が開きだしてます。


「ツル・ミミエデン」


プリンセスアレキサンドラオブケント


拙いブログになりました。
読んでいただいて感謝します。
明日からは春バラを数年遡り
見て行こうと思います。
初めは、10番目に初開花した
「エルモサ」から始めます。

ご訪問どうもありがとうございます。

 

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸
応援ありがとうございます。

2019.09.15(日)



おはようございます。

秋剪定(夏)は
やってもやらなくてもオーケー
(教科書どうり)

バラ園では、剪定するようですが
自宅のバラは、自分で楽しめればいい
秋の剪定は、そんな感じでいます。
少しでも咲き始めているバラは剪定
つぼみの状態は、そのままにしました。

それでも確かに花は激減しますね
秋剪定が進み残ってるバラ
「アルシデュック・ジョゼフ」
小さなツルバラ通りの生長
一日花は持たずです。


「エリアーヌ・ジレ」
これから開花するところ
ギョーのバラ、魅力的です。


「かおり」
薬剤散布より剪定優先
小さな虫の跡が少々


オリジナルの交配種
「香純(かすみ)」
自分で交配したので
虫に弱い感じがします。


「クロード・モネ」


「ダブル・デライト」
花色が一色です。
赤が優先してます。


品種名不明のバラです。
交配したバラかも?


プリンセスアレキサンドラオブケント
長い品種名ですがベストなERです。


「芳純」
咲き進んできましたが
すべて剪定終了しました。


ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール
お隣が写ってます。
朝早いので窓が
開いてなくてよかったです。


「ルージュ・ロワイヤル」
咲き進んできましたが
これで剪定しました。

 



ご訪問どうもありがとうございます。

 

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸
応援ありがとうございます。

2019.09.14(土)

 


おはようございます。

今日は、朝から信濃町まで
二か月に一度の定期の診察でした。

以前は私鉄で通ってましたが
速度が速くて揺れるので
最近は、JRにしてます。
すべて高架で速度もゆっくり
車両が安定してると感じます。
所要時間は同じくらいです。

帰宅してからさっそく
秋剪定と庭の掃除
午後3時までかかりました。
それでも三分の一くらいです。

今日咲いてるバラ
秋のような「芳純」
香り強く花色も濃く
しっかり咲いてます。

 



「スイート・ジュリエット」
強い香りが好きなバラです。

 



ルージュピエールドゥロンサール
春と同じような花色、花形です。


「ルイ十四世」
赤色が強いですが
秋の赤黒色を待ちます。


「ルージュ・ロワイヤル」
秋の剪定時期ですが
咲きだしてきました。

 



「ダブル・デライト」


「みやこ」


「ボニカ’82」


「粉粧楼」
今日、すべて剪定しました。


「クリスティアーナ」
花色真っ白けです。
日曜日に剪定予定です。


北側の鉢置場から秋剪定
大きな癌腫病を発見した
「ツル・ミミエデン」
丸刈り状態にしました。
冬剪定までの成長を見ます。


ご訪問どうもありがとうございます。

 

ポチッと応援お願いします。
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸
応援ありがとうございます。