京都 モダンアンテナ工房日記

京都 モダンアンテナ工房日記

モダンアンテナは、京都の職人が作ったモダンな着物や帯などを直接販売しています。

NEW !
テーマ:

 

こんにちは。
今週、来週と、2週も月曜日が祝日なので
あっという間に週末になってしまいますね。。

初心者目線でお伝えするブログ。
まず最初は、キモノの着る時期についてです。

 


私は、以前
キモノに種類などなく、
いつでもデザインや、季節の色にあったものなら、
着たい時期に、着たい着物を着る!というのが
当たり前だと思ってました。

夏には浴衣。それ以外の時期はとりあえず着物。
キモノのTPOも知らなかったので、ホント雰囲気で。。


そんな考えだったのですが
着物にも、季節によって種類があるのです。


キモノには、袷(あわせ)単衣(ひとえ)という種類があり
時期によって、着るキモノが違います。


は、裏地が付いた着物です。
2種類の裏地が付いており、
背中部分には、胴裏(どううら)という白の裏地。
(昔は、朱赤のもありました!)
袖口、裾、衿先には、八掛(はっかけ)という
色が付いた生地が、付いてます。

 


単衣は、裏地がなく、
表地だけで仕立てられてる着物です。
背縫いは、背伏せ布という別布で、
綺麗に包んで処理をされてる着物もあります。




※この写真は、背伏せ布が付いていない物です。

 

 


着用する時期は、

1月~5月→袷

 

6月→単衣

 

7月・8月→浴衣・夏着物

9月→単衣

10月~12月→袷




ここ最近は、季節の変わり目が分かりにくく
あまり捕らわれなくてもよいかもです。

 

 


間もなく、長ーーい袷のシーズンが到来なので
私なりの、10月の袷コーディネートをご紹介します!



着物 : cube /緑
名古屋帯 : リンゴと洋梨 


友達と一緒に、芸術鑑賞に行く
コーディネートです。

私自身、普段はキツイ感じに見られがちなので
優しく、落ち着いた女性の雰囲気に
近づけるようなイメージにしました。


10月は、涼しい時期ではありますが
あまり深みのある色は、
もう少し寒くなってから着たい!と思い、
着物は、生成・黄色・緑と、
さわやかな着物を選びました。

 

 

(平行がとれてなく、お見苦しくてすみません(((*ノд`*))

 

 

帯で、季節感を出したかったので
深みのある青色に
りんご、洋梨と、
果物が描かれたデザインで
秋らしさを取り入れました。

帯揚げは、
着物、帯にある黄色でリンクさせ
帯締めは、
シルバーで女性の上品さを演出しました。


着付けは、店長に手伝ってもらいました。。(/ω\)


ぜひ、今後のご参考になさってくださいませ。

 

 


テーマ:

 

マチに似合う着物

街 シリーズ

 

 

より身近で、より街になじむ着物を目指し

デザイン制作をしました。

 

こだわりのポイントがたくさんありすぎるので

発売までにぜひこの着物の良さをたくさんの人に

知っていただこうと思います!!

 

 

ワープ

 

並ぶ楕円。

端から端にかけて大きさが変わるシンプルでいながら

奥行きの感じるデザイン。

 

身体にそって斜めに並ぶ楕円。

 

規則正しくも、1つ1つのかたちが手描きのゆらゆらとして

あたたかみのあるデザイン。

 

 

大きな特徴は、大きさの変わる楕円。

 

布の縫い目で大きさが変わり、ぶつかり合うところで

動きの出るデザイン。

 

着物として仕立てた時に発揮する柄本来の大胆さ。

 

洋服でなく直線縫いで仕立てて、纏う人間の身体は曲線という

着物の特徴に沿った計算されたデザインです。

 

正面からみると左脇にむかって、楕円が小さくなっていく柄合わせ。

身体がきゅーっとしぼられて見えます。

女性にはうれしい着やせというやつです!

 

 

正面、横姿、座っている姿で

様々な表情を見せるデザインです。

 

楕円1つ1つにもこだわりを持っており

1つとして同じかたちのもはありません。

同じように見えてすべて違う。

 

手で1つ1つを丁寧に表現した、細かなところまで手をかけた楕円です。

 

見ていると可愛く見えてくるのでぜひじっくりご覧くださいね!

 

 

街中を着物で歩く姿もさらりと馴染みます。

 

レンタル着物の華やかさとはまた違う

普段着としての提案。

 

気合を入れてパーティなどに着ていく!!

なんてシーンもとっても素敵ですが、Tシャツ、Gパン、ワンピース…

そして着物。

 

となるくらい、より身近な存在になる着物。

そんなコンセプトで街シリーズの登場です。

 

街シリーズのワープの相方となる

セクターもまた魅力を解説いたします!^^

 


テーマ:

 

8月11日、12日の2日間、
京都BALにて展示させて頂きました!

少しでも多くの方に見て頂くことができとても嬉しく思います。

昨日に引き続き、展示のコーディネイトの続き3体をご紹介致します!

[前回ご紹介させて頂いた3体のコーディネイトはコチラ]

 

 



○流水にサカナ

夏着物:流水にサカナ / 生成
帯揚げ:正絹 絽 黒
帯:サカナカサ / モノクロ

大人の女性のモノクロコーデ。

全体を白と黒のみでまとめあげたモダンなコーディネートです。

 

サカナが涼しげに泳ぐ姿が、なんとも愛らしく上品な夏着物。

帯も着物のデザインと同じ魚を合わせたリンクコーデです。

帯は、帯締めの位置で、魚の目を隠すと、
幾何学模様としても楽しめる帆布帯です。




○デコ更紗/ダイヤ

浴衣:デコ更紗 / ダイヤ
帯揚げ:正絹 絽 ブルー
帯:ワーキングウーマン / オレンジ


手描き感のあるさらさ柄の幾何学浴衣。
青、黄色、ピンクとカラフルな配色で金箔を使用した、色の重なりが楽しい
オシャレな浴衣。
また、帯は「ワーキングウーマン」というタイトルを付けているのですが

タイトル通り働く女性たちがテーマの帯です。

 

ビタミンカラーのオレンジでハツラツとした

活発な女性をイメージしたコーデです。

 





○ウロコ構成主義 / 檸檬

浴衣:ウロコ構成主義 / 檸檬
帯揚げ:正絹 絽 ピンク
帯:帆布半幅帯 スペインの夜 / グリーン


様々な形の三角がたくさん配置され
カラシ・モスグリーン・生成の配色で、浴衣ではめずらしい色合い。
暑い夏にスッキリな印象です。

セオαの素材で、とても軽く足捌きがよくサラサラで
着心地の良い浴衣。


帯は同系色の深いグリーンの帆布帯。
 

帯揚げ・帯締めはマゼンタを使用し
差し色を反対色でビビットに。

 

クールな中にも女性らしさが見える
コーディネイトです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


夏もそろそろ終わりますが
まだまだ暑い日が続きます!

浴衣を着てお出かけのタイミングが少なくなるかと思いますが
是非、ご参考になさってください!