「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー初の長編小説が遂に単行本化 | お宝感動ナビ!(写真集画像・DVD動画)
2005-12-01

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」リリー・フランキー初の長編小説が遂に単行本化

テーマ:ベストセラーランキング上位



リリー・フランキー:東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情、青春の屈託。この普遍的な、そして、いま語りづらいことが、まっすぐリアルに胸に届く、新たなる書き手の、新しい「国民的名作」。超世代文芸クォリティマガジン『en-taxi』で創刊時より連載されてきた著者初の長編小説が、遂に単行本として登場する!

リリー・フランキー
1963年福岡県生まれ。武蔵野美術大学卒業。文章家、小説家、コラムニスト、絵本作家、イラストレーター、アートディレクター、デザイナー、作詞・作曲家、構成・演出家、ラジオナビゲーター、フォトグラファー…など多彩な顔を持ち、ジャンルの壁を自由に往来しつつ活動。『東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン』は著者初めての長篇

ベストセラー(デイリーランキング)

ベストセラー(ウィークリーランキング)



写真集 東京タワーが建ったころ―50年前の私たち

modelさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス