PRR GG-1

テーマ:

ペンシルバニア鉄道 GG1形
ペンシルバニア鉄道
ペン・セントラル鉄道
コンレール
アムトラック


ニュージャージー・トランジット
製造所
GEトランスポーテーション・システム (15両)
アルトゥーナ工場 (124両)
製造年  1934年 - 1943年
製造数  139両
運用開始 1935年1月28日
引退       1983年10月29日
投入先    北東回廊
主要諸元
軸配置2-C+C-2(2'Co)(Co2')
軌間1,435 mm
電気方式
交流11-13.5 kV 25 Hz
交流11-13.5 kV 60 Hz(いずれも架空電車線方式)
全長    24.23 m (連結器含む)
幅     3.15 m
高さ   4.57 m (パンタグラフ折畳時)
機関車重量215.5トン
先輪径   914 mm
動輪径  1,448 mm
燃料搭載量  1,610 L (列車暖房用)
水タンク容量 10,450 L (列車暖房用)
動力伝達方式   クイル式
主電動機     GEA-627-A1
主電動機出力  287 kW × 12基
最高速度  旅客: 160 km/h 貨物: 145 km/h
定格出力 連続定格: 3,450 kW  短時間定格: 6,000 kW
備考 16両は保存、その他は解体
GG1は、アメリカ合衆国のペンシルバニア鉄道(PRR、通称Pennsy)が開発・
保有した電気機関車の一形式である。
その流線型ボディの強烈な印象によって、世界的に知られた有名な機関車であり、
技術面でユニークな試みの多いペンシーの車両の中でも代表的な存在である。
本機は試作機の元の設計から、量産機では大きな修正が入っている。
この修正は著名なデザイナーのレイモンド・ローウィによるもので、「口紅から機関車まで」
手がけた彼の著名な成果の一つとなった。
GG1に先行して製造されたP5aの後期型とそのデザインを踏襲したGG1試作機4800号機
にはローウィは関わっていない。
1934年から1943年にかけ、電装品はGEとWH、走行系は大手機関車メーカーの
ボールドウィン社で製造され、初期の15両がGEで組み立てられた後124両が
ペンシルバニア鉄道アルトゥーナ工場で組み立てられ合計139両が製造された。
その後、ペンシルバニア鉄道の事業を引き継いだ各鉄道で、1980年代の初めまで
営業に使われた。

マンマ・ミーア見ました。

テーマ:

マンマ・ミーア見ました。

久しぶりブログに載せたい思う映画でした。
私の年代では知らない人の無いABBAのHIT曲です。

いつもの様に映画館に入りますと同年代にの方が多く初めはえっなんでと思いましたがその内納得ですABBAが流行ったのはもう40年前ですね
映画の内容は中々把握出来ませんでしたがABBAの曲が次々とかかってくる内に何故か涙ぐんで来ました。

懐かしさからでしょうね。

記憶は確かでは有りませんが実際のステージを観ているはずです。
同行者は曲が次々かかって頭が痛くなったと言ってましたが私には全然そんな事は無かったです。

家に帰ってから早速U-tubeでABBA探して早速聞きました。