現役店長[福島雄一郎]の実話に基づいた職場のエピソード -2ページ目

現役店長[福島雄一郎]の実話に基づいた職場のエピソード

【福島雄一郎 公式サイト】
ビジネス書『ぼくが教えてもらった「仕事で大切なこと」』の著者で、現在もドコモショップで勤める現役の店長です。このブログでは、これまで私が経験してきた“職場の体験談”を紹介しながら「働く意味」を発見していくエピソード集です。


テーマ:


RCC(中国放送)さんから、

ラジオの出演依頼がありました。


現役ドコモショップ店長[福島雄一郎]の実話に基づいた職場のエピソード-RCC1


こんなこと聞きたい!(ゲストコーナー)
出演日:2月18日(水)
時 間:13:20~13:35(15分間)
http://www.1350.jp/gogo1/bnumber/2009/20090218.htm


現役ドコモショップ店長[福島雄一郎]の実話に基づいた職場のエピソード-RCC2

「本名正憲の今日もゴゴイチ」
<毎週月~金 正午~午後3時放送>

周波数は、AM 1 3 5 0

ご訪問ありがとうございます。

↓クリック

ブログランキングに投票して

頂ければ嬉しいです(-^□^-)

------------------------


収録内容 第一部(8:44)


テーマ:

ご訪問ありがとうございます。↓クリック
ランキングに投票して頂ければ嬉しいです(-^□^-)


「樽の話」

これは、「自分ができていればいい」と思っていた私が、「人を育てる」事について考えるきっかけとなった樽の話です。



いい?ここに樽があります」

店長はコピー用紙の裏に大きな樽の絵を描きました。



現役ドコモショップ店長[福島雄一郎]の実話に基づいた職場のエピソード-樽の話


「そこに水を入れたら、樽の中は水でいっぱいになるよね。でも、もし底に穴が開いていたらどうなる?」


「すべて、こぼれ出てしまいます」

私が答えます。


「でしょ?あんた一人が一生懸命水を溜めようとしても、底に穴が開いていたら意味ないでしょ?一人だけがんばっても、水は溜まらないの!下に穴が開いているんだったら、どうやったらその穴が埋まって、水をたくさん溜められるようになるかを考えなさい。仕事ってそういうものなの。実績では、確かにいつもあんたが一番だけどね!でも、自分ひとりができてもダメなんよ!」


<詳細はこちら>
ぼくが教えてもらった「仕事で大切なこと」


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス