世界は一つONENESS
$木歌(Mocca)のほじょぽじBlog
キノコきのこきのこきのこ 毒 その2きのこキノコTwitterでFollow Me !!毎日つぶつぶ つぶやき中。@MoccaNew  

FaceBook木歌ページ 
  • 19 Sep
    • 木歌 Mocca9年ぶりの歌もん NewAlbum「 Φ 」[Phiふぁい]発売予約開始!!

      2017年10月7日 発売開始予定!木歌 Mocca NewAlbum「 Φ 」  [Phi] (ふぁい)MOC-001 ¥2000本日よりCD通販予約開始!(発送は10/7以降となります。)そして「ボクウマレルヨ」ツアーin Autumun決定!(詳細は別ページfbイベントページで。)★CD&リリースライブ予約はこちらまで!→ info@moccarin.com:件名 に CD予約 とご記入願います。***************************歌手,「木歌(もっか)」が9年ぶり、待望の歌モノアルバムをついに発売 !内的宇宙のビックバーン! 歌姫、木歌(もっか)が解き放つ永遠(とわ)の言葉たち。***************************2008年に前の所属バンド[Buri木歌]でのアルバム「フロウイングトラベルタ」をリリースしてから、彼女はバンドを解散、もっと、深く、純粋に自分から生まれる表現を求めてソロ活動に専念した。2011年前後のあのとき、たしかに世界の雰囲気は極まっていた。その場の雰囲気を感じ取り、場と一体になる即興を主体としたソロライブを行っていた彼女は、その空気を敏感に感じとっていた。2011年3月11日大震災の2日前。何かを察して突然東京を去り、故郷岐阜へ移った。情報過多の都会の中、五里霧中を跳んで生きる生活から、地に足をつけ、自分の声に耳を澄まし活き活きと生きることができるようになるまで、バランスは極と極を行ったり来たり。躁と鬱の狭間で、彼女は死にもの狂いで、真ん中を探していた。自分と世界の 真ん中を探していた。そして彼女は思った「歌うためのの人生ではなくて、人生のための歌をみつけた!」彼女の願いは「永遠に歌い続けられる歌がほしい。」怒涛の時を生き抜いて出された、10曲の答え。ついに完成したのは、黄金比を表す「Φ(ふぁい)」という名のNewアルバム。この、アルバムに収録されている、歌をうたうことで、彼女の人生は救われてきた。歌を歌うと、みんな喜んでくれる、「伝わるよ。」と、泣いてくれる。老若男女はもちろんのこと、ホスピスで、障害者施設で、海外で、色々な宗教施設で、多くのボーダーを超えてこのアルバムの楽曲たちは歌の力をもう一度信じさせてくれた。彼女はその中で、重大なことに気づいた。「わたしは、みんなの代わりに歌をうたう。この声は、私がたまたまもらった、贈り物。みんなで使わなければ意味がない。」このアルバムは、あなたの代わりに木歌がうたう、心の歌達です。そして、今回はそんな彼女の音楽史の中で衝撃を受けた豪華ミュージシャンが関西、関東、中部から、大集結!実力派かつ個性的なメンバーが加えた、一音一音は聞いたことのない新鮮な印象を与える。民族楽器から発展した木歌のシンプルなコード展開だからこそ、複雑に絡み合うメロディ。ピアノに、 布袋寅泰さんのバンドなど音楽王と名高いHoppya神山(PINK)。パーカッションに、八代亜紀さん堂本剛くんのバンドなどで活躍するキラキラスティーヴエトウ。そして、ドラムに、京都を主体に活動する名老舗バンドsoftからPON2.を引っ張り出し、エレクトリックギターに、関西アングラ業界の重鎮 marron まで駆り出した。ベースに、同胞の岐阜発信の百姓バンド「かむあそうトライブス」のボーカル、ベースの天才やじー。最後の優しい名曲「ちいさなiloveyou」のギターは若手HOPE 赤須 翔!Mix,マスタリングにもdubwiser KNDと時間をかけ、録音から発売まで、約2年を要した。アルバムジャケットデザインには、ペインターでもあるNANDE a.k.a. Gokubuto択一したセンスで、アングラとメジャー、躁と鬱どちらも行き来できる仕様になっている。中には、開けてびっくり、Light Painter(OHP) の、ハラタアツシが木歌の楽曲でLight Paint を行った時の瞬間が切り取られている。彼女の音楽に、細部に魔法をかけた、Φphi。彼女を支えた、多くの才ある仲間たち先輩たちに、心からお礼を言いたい。世界の平和な時間のために、彼女は一生歌い続けるだろう。このアルバムはそれを証明する。***************************作品情報 MOC-001Artist: 木歌 (Mocca)Title: Φ [phi(ふぁい)]Format: CD発売日: 2017.10.07定価:2000円(税別)track list:1.空中をクロール Crawl in the air 2:592. あきなう Autumn 6:243.感覚 Sense 5:174.Desert. 5:17(@七ツ寺Studio(Nagoya). Before the rehearsalof The physical poets. )5. ボクウマレタヨ I was born. 7:166. 月と想い Moon&Mind 7:007.再会する星々 Reunited Stars 6:298.もし鳥ならば If I were a bird 4:549.ニービーヤーボ Ni-Bi-Ya-Bo. Story of water 5:4010. ちいさなi love you    Small i love you 6:47All Songs Written by 木歌 Mocca(Tr5. ボクウマレタヨ I was born. 出典:『子どもたちの遺言』(谷川俊太郎・詩/田淵章三・写真/佼成出版社刊)より「生まれたよ ぼく」)参加アーティスト**************************************************Vocal & Guitar : 木歌 (Mocca)https://moccarin.com/Piano & Synthesyzer : ホッピー神山 HoppyKamiyamahttp://www.k-mania.com/gm/Percussion:スティーブエトウ Steve Etohttp://www.steve.vc/Drums : PON2 (Soft)http://www.softribe.jp/Guitar : marronBass : やじー(かむあそうトライブス) Yajihttp://www.milmil.cc/user/kamuasou/profile.htmlGuitar(Tr10) : 赤須 翔 Sho Akasuhttp://akasusho.com/************************************************************************All Sounds Mix & Mastering by KND (Soft)Recordings byKND(Soft) (PON2 & marron Take)Hanawo Fiori (Hoppy Kamiyama Take.)http://hanawo.exblog.jp/Studio dub reel (Mocca Vocals.1.2.4.5.7.9.)http://www.dubreel.net/Liquid lightings(OHP) : ハラタアツシ Harata Atsushihttp://aohpalight.tumblr.com/Photographer : Yuta UnoArt direction & Design : NANDE a.k.a. GokubutoSpecial Thanks Place ☆BatteringRam(Kyoto) . Circus(Tokyo). SteerageCatholicChurch(Tokyo)七ツ寺Studio (Nagoya)Special Thanks for ☆ All of my friend’s & Family. ∞2017.10 Made in Japan

      18
      テーマ:
  • 23 Jun
    • 各務原 田んぼ祭り2017無事おわりました。その2

      感動の1日目を明け。二日目。眠い目をこすりながら、18日(日)11:00~12:00 声と呼吸のワークショップ by 木歌(もっか)@手力雄神社 旧社務所 さすが、神社。 めっちゃ、きただけでもう、なんかスッキリしてる。なんて人も。そんな中での、声と呼吸のワークショップ、効果抜群でした。心身ともに、リフレッシュ。とってもきもちいいい。今日だけ、居合わせるメンバーでの声合わせは、自然発的に起こって、空間と、季節と、溶け合う。本当に刹那の時間。旧社務所でのワークショップ、初めてでしたが、氣が場にも久しぶりに通り抜け、本当に気持ちのいい空間でした。 13:00 密かに裏では、本物の、村上神社(すぐ、隣の、那加地区の氏神)で お田植え祭をやっていました。 ここも、古くて、かっこいい神殿です。上には、お神輿。14:00 おじんじゃマルシェ @手力雄神社なんとまろやかな、曇り。本当に、見事な曇りでした。気温は暖かく、雲の中で守られているかのように平和なマルシェでした。何事もなく、皆で楽しめたことに感謝です。 お神社の、奥様❤️ラブリー と 木歌 酵素人参を頬張る。 弥栄夫婦 富山からガマちゃん と 大阪からかえさん! いつものhitomixとMikity. 世界が誇る、「OZEKI 提灯」のレターセット密かに、書けるようになってたんですが、、来年はもっとPushしま〜す!!かわいいの。提灯に絵買いて、手紙にできるんです。岐阜のお土産に、最高のワークショップです。 旅人の木のCoffee はやっぱりうまかった〜いい匂い〜〜〜〜〜〜 KatoJukenFactory さんの小屋。もっと、お絵かきとか子供達にしてもらいたい! 無農薬で、変わった野菜を売ってます〜ここで買った苗も丈夫ですくすく育ってま〜す! Art 雑貨のFuseyaMiki は似顔絵書き。お隣は、 RICO RICO & prants Brothers.今回は、陶芸教室でした。自分で、植木鉢を作ろう。ワークショップが随時開催!!みんな、かわいいの作ってました。 オマテラスオオミカミ モデル 手ぬぐい。¥1000 .などなど。密かに、本年度、初、出店と、させていただきました、「Moccos 」です。商品も、ギリギリまで、がんばりました。w美しい〜〜染め作品を中心に、低価格な健康染め下着も。あとは、天然石そのまんまのピアスや、定番の、松の木チャームまで!と、盛りだくさんです。All come from Natural をテーマに、展開中です。いつかどこかでお会いしましょう。 本部。みんなで、守る。本部。飲み物と、ご近所限定、お菓子引換券交換所。ママたちの溜まり場にもなっていて、頼れる本部でした。 ご近所さんが、集まって、立ち話。最高。そんな雑貨屋コルリ。 新店もOPEN ! かわいいおもちゃたくさん。 岡崎からきてくれた、唯一の出店者。RISO RISO 、おじんじゃライブデコレーションも、手がけてくれて、しゃれおつカツ、ヤル男です。野菜丼 ハブちゃん&Kentoくん !!!! 元気な、成瀬夫妻の、D’sキッチン。安心。 45Sweetsはもう、ソッコー売り切れ。一口、チーズケーキを恵んでいただき、もう、歓喜。ゆうちゃんの、笑い声も、轟いてて楽しいね。 ココヤシ工場さん 南国の香り漂う。 木のいろいろ雑貨と、一緒にきてくださいました。今度は、ビンテージ物、古着、誰でも出せる、フリーマーケットスペースの、アイデアも持ち上がっています!^^物も、ご縁も、巡らせましょう。 弥栄の酵素人参おいしかった〜体に良い、酸っぱさ。            配置表に、神様 が出て来ちゃうのが、なんかほっこり。 16:30〜おじんじゃ LIVE出演:マンデンカン、マウンテンマウンテンズ、木歌(mocca)昨晩の紅白幕から、一点。白の幕で。シャボン玉とびました。w 木歌 マンデンカン  みんないつの間にか、踊りまくり。 後ろで、踊ってるの全く知らなかった。 マーケットも、だんだん増してきた気がする3年目。 恵那から、マウンテンマウンテンズ。 おいしい、無添加ゴーバルソーセージの出店も売り切れごめん。 シャボン玉 いい感じで、子供パニック。とっても、楽しい1日で、会場一体となり、最後はおじんじゃセッションも。もちまきも! セッションでは、ドラムス、Bass、ギター、ギター、太鼓、ダンス!ダンス!ダンス!と、次から次へと、続いて、盛り上がりました〜〜!^^ご参加くださった、仲間たち、ありがとうございました!!!楽しい仲間と、神社で祭り!贅沢なひと時を皆さんと共有できて、本当によかったです。本当に、楽しい1日となりましたこと、感謝です。改めまして、手力雄神社さまをはじめとする、地元の方々には感謝しかありません。あと、庭箱鉄道さんの 臨時バス も運行して、手力雄神社と、新那加駅を最初から最後まで繋いでくださいました。遠方から、お越しくださったみなさま。本当に、ありがとうございました。また、お稲は、すくすくと秋の収穫に向けて、育っていくこととなるでしょう。虫除け、草よけ、台風よけ、いろんな祈りを受けて。みんなの、楽しんだ、足跡が、愛おしいです。笑。 2日間、本当に、ありがとうございました。そして、今年も、これから、すくすく育つお稲を見守っていきたいと思います。黄金に輝く稲穂の秋を、無事、迎えられますように。祈 木歌 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::次回、各務原 田んぼ祭り 2018 は2018年6月16日(土)17日(日)に決定!!笑来年も、皆さん元気で、笑いましょう。 viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      6
      テーマ:
  • 22 Jun
    • 各務原 田んぼ祭り2017無事おわりました。その1

      感謝です。 梅雨にもかかわらず、17日18日のお祭りを避けてくれた雨の恵みに感謝しながら、書いています。やっと少し雨が振り、今週末から梅雨本番の様子です。 今回も、多くの助けと恵みをいただき、かけがえのない楽しい時間を2日間過ごすことができました。節々で、感動と感謝の涙を堪えていました。w本当に、来てくださった方々、関わってくださった方々、ご近所様、手力雄神社さま、本当に感謝です。 3年目となりまして、また、お祭りの見方や感じ方が変わってきました。必死でやってきたお祭りでしたが、ほっと、この時の豊かさに気付きながらできるようになってきて、心から、長く続けていけたらいいなぁと、思う季節のお祭りです。朝から、晩まで、皆の笑顔が堪えませんでした。 「楽しかった〜〜〜〜!」と帰ってくれて本当に、こちらこそ、楽しかったです。みんなが帰った後は、まるで夢の後。本当にお祭りって、不思議な力をくれます。心の豊かさや、本当の楽しみが、こうした祭りの準備から、かたずけまで、全部で、得られるからたのしいです。人と、神社を通して、自然を通して、繋がることができる時間は日本人のみならず、素晴らしい気持ちにさせてくれます。 実感するお祭りに、なってきて、何より私が嬉しいです。今年は、「もちつき弥栄」Familyが早くから、最後までいてくださり、お祭りの、節々で祝いの餅をついてくれて、神社にとって欠かせない、「もちまき」まで体験できました。神様にまず田植え無事すんだ祝いとして奉納し、その祝いの食べ物を、皆にまく。神社で、やる意義がまた一つ叶って、充実しました。 17日(土)7:00~の田植えは、五穀豊穣祈願から、 半日の田植えで、たくさんの人、特に家族ずれの方々がたくさん来てくれました。予定よりも、多くの面積に田植えでき、万々歳です。 子供達の、はしゃぎっぷり、喜びっぷりが、田んぼに響き渡る。若い、農業に関心のある、男女も集まり、田んぼに足を突っ込む楽しさを分かち合いました。wアフリカンダンスの「ながやちえこ」ちゃんの呼びかけで集まってくれた、太鼓隊「アンカフォサバ / Ankafo3」from 池田町Sawa & KEN & YOUsaku の太鼓をバックに、楽しく進んだ、手での田植え。炎天下の中、応援太鼓を叩き続けてくれました。遠くの駅から、聞こえて、太鼓の音を頼りにここまで来たなんて人も。笑 お世辞でもなく、本当にこうやって響く音や、みんなの楽しい気持ちって、土に栄養が行きそうって、感じられる。三重から駆けつけてくれた、太鼓のあつJ ガマちゃん(From富山) の田植え歌も、みんなで歌ってほんとに楽しい間に、伝統まで学んで、田植えは終了。 毎年、密かに目玉の、Moccos野菜もっかママランチをみんなで頬張り、田んぼでの作業の後の会食は最高の気分です。2017年度は、5丗の田んぼに、「ハッピーヒル」という自然農仙人の福岡さんの品種を。1反に「はつしも」という去年までずっと自分の田んぼで繋いできた岐阜の品種と、2種を今年は植えてみました。そして、大きな方の田んぼは、代掻きした所と、なんも、耕さず、なんも、植えない。休ませる場所を作ってみました。休ませることで、田んぼがどれぐらい栄養が戻るのかやってみようと思います。田んぼの畦には、大豆と黒豆も巻きました。皆様が楽しんで植えてくれて、お米ができます。感謝です。 そして、昼過ぎには、ハブヒロシくん(From岡山)の丹田ワークショップで、呼吸を強化. 17日18:00~ [日本神話:天岩戸開き伝説] 奉納演奏会 今年、4回目となる奉納演奏会。日本神話:天岩戸開き伝説。毎年、表現することで、はじめはちんぷんかんぷんの日本神話でしたが、理解が増しています。特に表現する人ほど、理解できて、とても良い活動だと思います。やってみることで、神々の個性的な世界を体現することができます。 どの神々も、個性的で面白い人が見事に集まりました。誰が欠けても実現できなかった舞台です。 光溢れる世界は、笑い声。 そして、なんと、今回は、手力雄神社様のご協力で、雅楽隊も参加!竜笛、しちりき、笙 で、本物感UP. 素晴らしい、コラボレーションに、みんな感動していました。このシーンは、国生み、神作りのシーン。 愉快な、日本神話の一面です。神々紹介。イザナギノミコト(男の神):ゆきゑ (凪の木yoga)イザナミノミコト(女の神):Ai (ベリー)アマテラスオオミカミ(太陽の神):木歌(Mocca )(歌)アメノツクヨミのミコト(夜の神):タキセマイ(コンテンポラリーダンサー)スサノヲノミコト(風、海の神様):まっすん(魂ダンサー)オモヒカネのミコト(知恵の神様):Tiny (ダンサー)アマノウズメノミコト(踊る神様):Mari_Aテジカラヲのミコト(力の神様):まさる(ブスースマン)八百万の神様(いろんな神様):ムーンワーカーズ(ゆかちゃん、みちおさん、ひとしくん)&Angels(サトエサン、ながやちえこ)音楽隊やじぃ(かむあそうとらいぶす) Bassハブヒロシ(SUNDRUM) 遊鼓坪内淳 (SUNDRUM)ジャンベ倍音人Rord ディジュリドゥ、ダラブッカ、カホン演出脚本:木歌 (もっか)演出助監督:やまだしげき音響:タクちゃん(マンデンカンサウンド)ヒデくん照明:けんさん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・手力雄神社様をはじめとして、関わってくださるみなさんのおかげで素晴らしい、熱い真剣な舞台を作ることができました。本当に、感謝です。心に、刻まれる一夜となりました。みなさんにとっても、そんな一夜でありますように。毎度、お客様、ご近所様ありがとうございます。Thank s for All !!・・・・・・2日目。につづく。。。。。。 viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 15 Jun
    • 日本神話:「天岩戸伝説」奉納演奏公演 2017

      2017年6月17日(土)@各務原 手力雄神社◎ 日本神話:「天の岩戸伝説」奉納演奏会 ◎18:00~ @手力雄神社 入場無料(野外ステージ);初穂料(ご寄付よろしくお願いいたします。)各務原田んぼ祭りは、田んぼと、神社で行っています。稲作と神社(祈り) は切っても切れない関係です。そこで、お神社様に恩返し。日本神話を皆で体現します。今年で3度目の再現です。音楽と踊り、舞台に仕掛け。神々が集まると、てんやわんやの大騒ぎ。日本のルーツ、自分のルーツとなった、個性的な神々が集まります。ここから始まった、自分のルーツをぜひ体験しに来てください。2017年度 出演者 音楽隊: 雅楽隊 :竜笛、笙、しちりき木歌(もっか)[歌] : 天照大御神/アマテラスオオミカミ(太陽の神、長女) 各務原出身歌手。岐阜から世界中へいく。田んぼ祭り主催。ハブヒロシ(from岡山SUNDRUM/馬喰町バンド)[太鼓、ダンス] 遊鼓奏者インドネシアの国立芸術大学スラカルタ校でのガムラン音楽研修や、セネガルの人間国宝ドゥドゥ・ンジャエ・ローズ・ファミリーのもとでのサバールドラム修行など、世界各地の音楽を学ぶ。世界の音楽を学べば学ぶほど自分の出自というのを見つめざるを得なくなり、長年の模索を経て西暦2012年に遂に自作の太鼓 「 遊鼓 」 が生まれる。それと同時に、現在に生きる新たなる活力・遊び・神話を再び生み出すハイパークロスなチーム「 金ノプロペラ舎 」を設立。2017年、遊鼓を叩きながら東京から移住先の岡山県高梁市有漢町まで約770kmの道のりを歩く「 遊行遊鼓 ⿻ Let's go OKAYAMA!!! 」を完遂。その2カ月後には東京から亡き祖父母の故郷である宮城県亘理郡まで遊鼓を叩き歩く「 遊行遊鼓 ⿻ ハブの原郷ワタリ 」を完遂。現在は自ら開発した「 宇宙飛行暦 」の制作や「丹田呼吸法」の伝承、「打っただヒカル」等の造形活動の他、「馬喰町バンド」や「SUNDRUM」、「高梁市地域おこし協力隊」のメンバーとしても活動中。やじー(かむあそうとらいぶす)[Bass] 岐阜の山村バンドかむあそうトライブス(http://www.milmil.cc/user/kamuasou/)の唄、作詞&作曲、「ベサンギ」(bass&g)と呼ばれるハイブリッドな弦楽器の奏始者。(岐阜の匠「ヤイリギター」の職人と共に開発)かむあそうトライブスでの楽曲や未発表曲をその日その場に居合わせたメンバーで創作・即興セッションを展開。村内では鍼灸師として奮闘する四児の父、多くの自然治癒を観察するにつれ人体だけではなく地球、社会、宇宙の自然治癒現象に着目し言葉を拾いアウトプットし続けている。 坪内淳(from 三重 SUNDRUM) [太鼓、ジェンベ] 坪内あつし(per)1982年兵庫県生まれ。打楽器奏者、音楽家。10才のときに初めて祭の太鼓を叩く。その後様々な音楽を経験する中で特にダンスミュージックに踊らされ、ルーツの太鼓と音楽を学ぶためにアフリカへ渡り、現地の音楽家達と生活を共にして各民族の伝統太鼓を学ぶ。ジェンベ、ブガラブーなどのアフリカンドラムを組み合わせ、独自のスタイルでの演奏を行っている。打楽器と歌とダンスのバンド『SUNDRUM』を主宰。国内外でライブ活動を行い、国際芸術祭や音楽フェスに出演する。 近年はアジアに活動を広げ、韓国伝統音楽家や台湾原住民アーティストとのコラボレーションCD作品制作、パフォーマンスも行っている。また世界各地の路上でも演奏活動を行っている。photo by bozzo倍音人Road (Diju.ダラブッカ] ディジュリドゥ・口琴・Gank drum・Handpan・レク等の倍音演奏家。人力テクノから体の芯に響く気持ち良い音まで変幻自在。2017年からIllustrator、Belly DancerのAgehaと共に活動を開始。舞う:ダンサームーンワーカーズ:八百万の神々まさる:手力雄の尊/テヂカラオノミコト(力の神様)Mari_A  :天宇受売命の尊/アマノウズメノミコト(踊る神様) bellydancer・bellydanceinstructor2012年より毎年トルコへ渡航し、踊りと文化や歴史について学ぶ。東海地区を中心にターキッシュスタイルのベリーダンスを踊る。ブログ*http://ameblo.jp/nyaaanyaan/赤褌のマッスん :タケハヤノスサノヲノミコト(海、風の神様、末っ子) 昭和56年生まれ。幼少よりブラックミュージックに親しみ、10代後半より、ヒップホップな世界へと旅立つが、途中、舵取りを誤り、名もなき世界に漂流。独自のダンス感とメッセージを胸に漂い続ける。岐阜在住ご当地マスコット的お祭りダンサー。年末には、不定期ソロ公演「ナキガラデオドレ」開催予定タキセマイ : アマノツクヨミのミコト(夜の神様、次女) コンテンポラリーダンサー。ロンドンのダンスセンターThe placeを拠点とする、ロンドンコンテンポラリーダンススクールで学ぶ。近年は、コミュニティダンスのWSや、振付など、ダンスを通して、様々な方との交流を楽しんでいます。美濃加茂市、studiosouko450にて、コンテンポラリーダンスクラスを定期開催中。Tiny :オモヒカネのミコト(知恵の神様) ストリートダンスを通して、言葉を超えて通じ合えることに感動し、HipHop、ブレイクダンスを主にダンス活動を始める。ダンスチーム「STORY TIME」主催。ダンスを通して、地域活性の活動も行う。今は、ジャンルにとらわれない「根源的に肉体から発せられる」ダンスに興味を持ち始め、ストリートダンスの枠を超えて、人間として踊ることに没頭中。Ai : イザナミの尊(女の神) 現在一児の母であり妻。ベリーダンス歴は浅いが、“あなたの身体は神殿です”のフレーズに心突き動かされ、2017.3 単身バリ島へ飛ぶ。バリの女神ミシャールによるSacred Earth Mistical Danceとの運命的な出会い。ダンスシスターと共に踊る事で地球と繋がり、あふれる愛と本当の自分でいられる解放感、喜びを知る。その後、舞踏家ふじえだむしまる氏によるWSを受けるなど踊りを探求し続けている。共に踊ってくださる仲間、踊らせていただける機会、いつも募集中!ゆきゑ: イザナギの尊(男の神) 演出助監督:やまだしげき音響:たくちゃん照明:けんさん 場所:手力雄神社 (野外ステージ)岐阜県各務原市那加手力町4 4tejikaracho naka kakamigaharashi Gifu japanTel: 058-382-3383 viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      5
      テーマ:
  • 04 Jun
    • 各務原 田んぼ祭り2017 vol.3 6/17.18に開催!

      田んぼの季節がやってきました。この季節、一面に広がる水のはった田んぼに、太陽が反射して道をつくる。この田園風景が、ノズタルジックで、、でも毎年新鮮で、一番好きな時間かもしれません。春にはレンゲ。夏には一面、緑色の稲が風に揺れ、、秋にはもう、一面、黄金の稲穂。故郷に広がる、田園風景が私は大好きです。今年も、2Days 田んぼ祭り、開催します。6/17は泥んこになって田植えです。どうぞ、日本の美しさに触れてください。-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------今年で3年目の、「田んぼ」にまつわる、お祭りです。 ◎ 各務原 田んぼ祭り 2017◎~ Japanese Waterfield festival 2017 Kakamigahara ~「稲作中心、自然な暮らし。マジ気持ちいいよ!」をコンセプトにみんなで楽しむ季節の行事。全て* 入場無料!(寄付求む!)Free charge 初穂料制(恵みをいただいた分、お気持ちをお願いします。Donation please ! )ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーその1・ずっと無農薬の田んぼで、田植え!with Music !6/17 (土)7:00~12:00 @那加兼橋町55(みんなのmy田んぼ)集合!7:00~:田んぼで五穀豊穣のご祈祷。By 手力雄神社  自分の手で田植えスタート !!10:00ごろ: 休憩時には*田んぼで「アフリカンウキウキチューニング」 by ながやちえこ先生~12:00 : 田植え終了 ランチ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーその2・田んぼの近所の神社(手力雄神社)でお祭り!稲作と神社(祈り) は切っても切れない関係です。今年で3度目。6/17 (土)18:00~ @手力雄神社  自分のルーツ、日本の神さまを知ろう! ◎ 日本神話:「天の岩戸伝説」奉納演奏会 ◎音楽:木歌(もっか) [歌、鳴り物]ハブヒロシ(from岡山SUNDRUM/馬喰町バンド)、[太鼓、ダンス]やじぃ(かむあそうとらいぶす)、[Bass]坪内淳(SUNDRUM) 、[太鼓、ジェンベ]ダンス:木歌、Mari_A、まっすん、タキセマイ、まさる、ゆきゑ、Tiny、山波 愛 2015 2016==================================================ちなみに日本神話:「天の岩戸伝説」 とは?日本の女神と男神、イザナミのミコト、イザナギのミコトが結ばれて日本列島ができます。イザナギのミコトが体を洗うと、アマテラスオオミカミ(太陽)ツクヨミのミコト(月)とスサノヲノミコト(海,風)の神様が生まれます。ある日、太陽の神様、アマテラスオオミカミが、弟の、スサノヲノミコトの度が過ぎるいたずらにより、この世に嫌気がさして大きな岩戸の中に隠れてしまいます。太陽を失った世の中は、真っ暗になり大飢饉。困った神様たちは集まって会議をします。知恵の神様、オモヒカネのミコトが良い知恵を出し、踊る神様、アマノウズメのミコトが踊って、お祭り騒ぎ!お祭り騒ぎが気になった、アマテラスオオミカミが、チラッとお顔を見せた隙に、力持ちの神様、テチカラオのミコトが登場!岩戸を開き、世の中に光が取り戻されるのか!?みんなの力で岩戸を開こー!!==================================================その3.「おじんじゃマルシェ」マーケットでご縁がつながる! おじんじゃライブも同時開催! 6/18(日)14:00~19:00 おじんじゃマルシェ@手力雄神社おじんじゃライブ(16:30~19:00)出演:マンデンカン(アフリカン太鼓)、マウンテンマウンテンズ、木歌(Mocca:うた )、and more出店:雑貨屋コルリ、D'sKitchen(パニーニ、豚丼) 、伏屋美希 (Art雑貨&似顔絵)、KatoJukenFactory(木製雑貨)、旅人の木(coffee)、45sweets(お菓子)、もちつき弥栄、王様の手(タッピングセラピー&温熱体験)、ココヤシ工場(トライバルステンシル)、ピリカ(麻帽子とアフリカ雑貨)、risoriso(ご飯もの)、山のハム工房GOBAR(ゴーバル)(15:00以降) 、Moccos(染め物) 、POLApinkpearl(ハンドマッサージ)、and more ...----------------------------------------------------------------------その4。ワークショップで共感しよう。自分で感じることが何よりもの価値。17日(土)14:00~15:00  [丹田呼吸ワークショップ]   byハブヒロシ(Sundrum,馬喰町バンド)先生 (お祭り価格¥1500)@手力雄神社 18日(日)11:00~12:00  アマテラスオオミカミから学ぶ「声と呼吸のワークショップ」      by 木歌(もっか) 先生 (お祭り価格¥1000)@手力雄神社 (天候により、メンバーの承諾やる気により、田んぼで行う場合もあります。意思表示を!)すべてのお問い合わせ:Moccos_japan@yahoo.co.jpFaceBook イベントページ https://www.facebook.com/events/1890810334525392/?active_tab=discussion======================================場所,全面協力/:各務原 手力雄神社  那加総社Place : Tejikaraojinnjya 岐阜県各務原市那加手力町44 tejikaracho naka kakamigaharashi Gifu japanTel: 058-382-3383===============================どなたさまも お立ち寄りください。Any one can come.======================= viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      4
      テーマ:
  • 01 Mar
    • 歌うことは、祈ること。in フィリピン.

      2017年2月19日〜2月28日まで、フィリピン、マニラに行ってきました。 今回、舞踏家ふじえだむしまるさん率いる、The physical poets(Tpp) の音楽メンバーとして招いていただき、フィリピン国立芸術高校での芸術祭に参加してきました。そこは、マニラ市内の空気とは全く異なった空気の綺麗な、山の上(Mt Makilnc)にありました。宿泊施設は、プール付き!リゾートかと見間違う王妃が建てた施設。手厚い、歓迎に感謝感謝の毎日でした。 1日目は、高校でのOrpning セレモニー.各国からの参加アーティスト達とTppの公演。フィリピンのエリート高校生達、とっても素朴で可愛くて、大盛り上がり。 2日目は、その同じ山にある、芸術大学のほうで、公演。古い講堂でした。100年以上前に建てられたその、建物は、多くを知っていて、幽霊がでると噂の立派な講堂でした。今回、我らTppには、歴史を教えてくれる、カメラマン三木男さんが毎晩のように、フィリピンの歴史について教えてくださり、本当に知らないことばかりで、恥ずかしくなりました。フィリピンには古典やフィリピンらしいものというのはありません。ずっと長い間、占領されてきたからです。日本も占領時代にとてつもないことをしてきました。3日間でこの美しい島の人を100万人以上も殺したそうです。この日の、公演は知らず知らず、皆の集中力も増し、素晴らしい時間でした。フィリピンのサポートしてくれている講師の方が、「今回、アメリカから日本からゲストがきて、芸術の力で平和な時をつなぎ、惨劇があったこの場所を癒してくれた。」と語ってくれた時に、溶けていく何かと、ほんとうに歌ってきて、ここまでこれて良かったという想いが溢れました。 3日目からは、連日高校生達とのワークショップ。声と呼吸のワークショップを通して、楽譜通りに弾くことに集中しがちなエリート芸術家の卵ちゃん達と、自由に自分の体から、心から、魂から表現するための基礎を練習しました。 さすが、高校生。1日目でどんどん自由な表現が出てきて、2日目には自分たちでお話を作りました。3日目にはお話の詳細を広げ、もっと各個人が個性的に。誰も、見たことのない、聞いたことのない、公演にしよう!と、それぞれの個性にぶつかっていきました。そして、同時に、舞踏クラスのダンスに、音をつけていくこともしました。これは、「自分の表現としての歌」と、それ以外に「背景になる歌」と2種類の歌があることも皆で学びました。4日目はマニラで一番大きなショッピングモールでの最終発表会。自分のライブや公演の200倍はドキドキする始末。先生と呼ばれることがこんなにも大変なことだとは、知りませんでした。はーーひーーーふーーー生徒達の公演は、ほんとうに美しい時間になり、生徒達のやりきった後の顔は忘れらせません。感動をありがとう。5日目6日目は、教会巡礼。スペイン領だったマニラには美しい、カトリックの精神が宿っています。フィリピンの人がそのことに、誇りを持っていることを知れて、良かったです。フィリピンローカルの楽しみ、美味しいものなど、いろいろ紹介していただきました。7日目からは、天国の山の高校を離れ、ダウンタウンへ。 高校の公演でご一緒した、アメリカのJazzミュージシャン達と合流して、スペイン領の城内庭園で行われていた、野外フェスティバルで歌ってきました。 自由で平和な雰囲気と、残された無残な城壁とのコントラスト。鎮魂の想いで、この楽しい時間に感謝すると同時に、謝っても謝りきれない、どうにもできない想いを、歌にできるたことに感謝です。国境を越え、言語を越え、芸術を通して平和な時間を作れることにほんとうに感謝する旅でした。自分の、やっていること、やりたいこと、それをまた確信して進めるような機会をありがとうございました。招いてくれた、フィリピンのArtist Mr Vimさん, ふじえだむしまるさん。共にしてくれた、The physical poets のメンバーのみなさん。フィリピンでできた、友達達。そこで、死んでいった多くの関わりある、魂。たくさんの悲しい死の上に、自分の今の幸せがあることに、気づくことができて感謝です。私が、今、生きて、歌っていること、全てに意味があることを教えてくれて、ありがとうございました。意味大き旅でした。Mocca xxxxx viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      4
      テーマ:
    • 歌うことは、祈ること。in フィリピン.

      2017年2月19日〜2月28日まで、フィリピン、マニラに行ってきました。 今回、舞踏家ふじえだむしまるさん率いる、The physical poets(Tpp) の音楽メンバーとして招いていただき、フィリピン国立芸術高校での芸術祭に参加してきました。そこは、マニラ市内の空気とは全く異なった空気の綺麗な、山の上(Mt Makilnc)にありました。宿泊施設は、プール付き!リゾートかと見間違う王妃が建てた施設。手厚い、歓迎に感謝感謝の毎日でした。 1日目は、高校でのOrpning セレモニー.各国からの参加アーティスト達とTppの公演。フィリピンのエリート高校生達、とっても素朴で可愛くて、大盛り上がり。 2日目は、その同じ山にある、芸術大学のほうで、公演。古い講堂でした。100年以上前に建てられたその、建物は、多くを知っていて、幽霊がでると噂の立派な講堂でした。今回、我らTppには、歴史を教えてくれる、カメラマン三木男さんが毎晩のように、フィリピンの歴史について教えてくださり、本当に知らないことばかりで、恥ずかしくなりました。フィリピンには古典やフィリピンらしいものというのはありません。ずっと長い間、占領されてきたからです。日本も占領時代にとてつもないことをしてきました。3日間でこの美しい島の人を100万人以上も殺したそうです。この日の、公演は知らず知らず、皆の集中力も増し、素晴らしい時間でした。フィリピンのサポートしてくれている講師の方が、「今回、アメリカから日本からゲストがきて、芸術の力で平和な時をつなぎ、惨劇があったこの場所を癒してくれた。」と語ってくれた時に、溶けていく何かと、ほんとうに歌ってきて、ここまでこれて良かったという想いが溢れました。 3日目からは、連日高校生達とのワークショップ。声と呼吸のワークショップを通して、楽譜通りに弾くことに集中しがちなエリート芸術家の卵ちゃん達と、自由に自分の体から、心から、魂から表現するための基礎を練習しました。 さすが、高校生。1日目でどんどん自由な表現が出てきて、2日目には自分たちでお話を作りました。3日目にはお話の詳細を広げ、もっと各個人が個性的に。誰も、見たことのない、聞いたことのない、公演にしよう!と、それぞれの個性にぶつかっていきました。そして、同時に、舞踏クラスのダンスに、音をつけていくこともしました。これは、「自分の表現としての歌」と、それ以外に「背景になる歌」と2種類の歌があることも皆で学びました。4日目はマニラで一番大きなショッピングモールでの最終発表会。自分のライブや公演の200倍はドキドキする始末。先生と呼ばれることがこんなにも大変なことだとは、知りませんでした。はーーひーーーふーーー生徒達の公演は、ほんとうに美しい時間になり、生徒達のやりきった後の顔は忘れらせません。感動をありがとう。5日目6日目は、教会巡礼。スペイン領だったマニラには美しい、カトリックの精神が宿っています。フィリピンの人がそのことに、誇りを持っていることを知れて、良かったです。フィリピンローカルの楽しみ、美味しいものなど、いろいろ紹介していただきました。7日目からは、天国の山の高校を離れ、ダウンタウンへ。 高校の公演でご一緒した、アメリカのJazzミュージシャン達と合流して、スペイン領の城内庭園で行われていた、野外フェスティバルで歌ってきました。 自由で平和な雰囲気と、残された無残な城壁とのコントラスト。鎮魂の想いで、この楽しい時間に感謝すると同時に、謝っても謝りきれない、どうにもできない想いを、歌にできるたことに感謝です。国境を越え、言語を越え、芸術を通して平和な時間を作れることにほんとうに感謝する旅でした。自分の、やっていること、やりたいこと、それをまた確信して進めるような機会をありがとうございました。招いてくれた、フィリピンのArtist Mr Vimさん, ふじえだむしまるさん。共にしてくれた、The physical poets のメンバーのみなさん。フィリピンでできた、友達達。そこで、死んでいった多くの関わりある、魂。たくさんの悲しい死の上に、自分の今の幸せがあることに、気づくことができて感謝です。私が、今、生きて、歌っていること、全てに意味があることを教えてくれて、ありがとうございました。意味大き旅でした。Mocca xxxxx viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 09 Feb
    • 屋久島[はだかのじぶん]リトリート

      屋久島。世界自然遺産として、世界的にも有名なYAKUSHIMA.「大自然」というにはまだ足りない、「超自然:スーパーネイチャー」という文字を屋久島で見かけ、「なるほど」と腑に落ちました。初めて屋久島に行った時、私は自分らしさを取り戻した感覚になりました。その自分らしさとは、幼い時の少女のような自分でした。それは、儚いようで、実はものすごく強い自分でした。それは、この超自然が当たり前にある屋久島だから起こせた、「魔法の時間」自然の一部のはずの「人間」である私は、なにかの記憶障害で忘れさせられていたことを超自然に包まれて、思い出したように思います。本当の自分を思い出してからの日々は、自分のHOMEに帰ってからでも、効力を発揮し続けています。自分らしく、物事を選択しようとし、自分らしく、しなやかになれる体を手に入れました。そんな、体験を、皆様でシェアできたらと思い、屋久島 [はだかのじかん] リトリートを計画しました。3月20日の「春分」を境にしたこの1週間は、春のお彼岸とよばれ「無欲悟道」に一番近い日とされています。ぜひ、この機会に、「はだかのじぶん」に戻ってみませんか?木歌(もっか)  【日時】3/17(金) ~ 3/20(月) 4泊4日【料金】38000円 (全日宿泊・4食付き(朝2回・夕2回) 全5講座(3/17~20))*途中参加も歓迎です。料金は別途ご相談ください。1講座から受けられます。( 3000円/1講座 )※宿泊については人数に限りがございます。(周辺に他宿泊施設あり)温泉料金、食事代”各自”、◎イベント参加費、屋久島内の移動費(現地精算) 、等は含まれません。なお、屋久島内の移動費は参加人数等によって変動いたします。(レンタカー利用 or バス利用 1000円〜2000円程度/1日 )【集合場所】3/17(金)〜参加ジャングルキッチン 近未来鹿児島県熊毛郡屋久島町安房1475−393/18(土), 3/19(日)〜参加Cafe 水照玉鹿児島県熊毛郡屋久島町永田下向江1170-1【持ち物】動きやすい服装、ヨガマットor敷物(300円にてレンタル)、寝袋(お持ちであれば)、大いなる好奇心[ご注意]ワークの場所は、天候などにより、変更する場合がございます。ご了承ください。食事に関して、アレルギーがある方は、ご予約時に申し出てください。全て、自己責任とさせていただきます。参加されてからの払い戻しは一切致しません。キャンセルは参加、1週間前までに。【ご予約・お問い合わせ】Moccos リトリートmoccos_japan@yahoo.co.jp講座のガイドご紹介 木歌(Mocca) (声と呼吸のワーク)声を楽器のように扱うスペシャリスト。日本国内、海外で活動し、声から作り出されれる世界観は国境や言葉を超える。2001年からの歌手活動暦で培った、様々な歌唱法の経験から、その人独自の声を引き出そうとします。「声の持つ魔法のような力をあなた自身に。」 ゆきゑ(YOGA)曹洞宗の寺院で生まれ育つ。メキシコに魅せられスペイン語と中南米の民族舞踊を学ぶ。2007年ダンスのケガ予防でヨガに出会い身体づくりを通し心身の変化に気づき精神づくりを学ぶ​知ること、そして変わること。忙しさの中でも忘れてはいけない大切なこと。足元を照らし在り方を問う姿を通して、健やかな明日が来ることを信じています。呼吸ひとつで自らを、世界を変えることができると本気で思っています。 さーや:秋山清香 (屋久島さーやYOGA)Yogaインストラクター、タイマッサージセラピスト。10代の頃から、世界中の文化・宗教と日本の伝統芸能に深い興味を持ち、歌舞伎の裏方の世界に身を置きつつ、インド・ネパールなど、アジアを中心に世界中を旅してまわる。Yogaとの出逢いをきっかけに本格的に修行を始める。現在は屋久島に住み、屋久島の大自然の中で多くの人々に、地、水、火、風、空、自然に還り一体となるYogaの場を提供。監修:ふじえだむしまる_______________________________________声と呼吸のワークショップ屋久島リトリートツアー編~Schedule~_______________________________________3月17日(金)屋久島到着 屋久島の旅人の集まるジャングルキッチンに集合です。 この日のうちに、屋久島に到着してください。港からは、バスかヒッチハイクで来てください。(え?ヒッチハイクのしやすさも島の魅力のひとつです。ゆっくり温泉に浸かり、海風にあたり、川へ出かけたり、まずは屋久島の空気に触れてみましょう。夜 :イベント有宿泊:ジャングルキッチン (ドミトリー形式)食事:各自。ジャングルキッチンで自然食が食べられます。3月18日(土)日の出を見に行きましょう。 6:30〜7:30 朝日を眺めながら朝日Yoga.屋久島在住のさーやちゃんから春田浜でWelcomeYogaをお届けしてもらいます。(敷物持参:レンタルヨガマット¥300) 朝食:各自移動:島の西側 CafeGuestHouse水照玉Studioへ。(所要時間1時間半)昼食:各自 ゲストハウスに隣接する 自然派料理研究家、藤枝ヒロコさんの営むCafe水照玉にて。13:00~14:00 昼寝 & 自由行動 永田には、ウミガメが産卵にくる美しい浜辺があり、そこにつづく川も素敵です。14:00~15:30 木歌 [声と呼吸のワークショップ] [じぶんを感じるワーク] 舞踏家ふじえだむしまる氏のもつ、板の間のKokyu Studio(水照玉)にて。 16:00~17:30 木歌&ゆきゑ [自然とたわむれるワーク] 夕日の美しい永田浜にて ゆきゑYoga ののち、風と戯れる、夕日と戯れる、砂と戯れる、波と戯れる。意識して戯れてみましょう。 早めの夕食:GuestHouse水照玉夜: 高橋竹山2代目さん(三味線)とふじえだむしまるさん(舞踏)のライブイベントが島の東側、ジャングルキッチンにてあります。自由参加。宿泊 :GuestHouse水照玉3月19日(日)朝食:cafe 水照玉 10:00~12:00 木歌&ゆきゑ [調和を感じるワーク]Yogaと声と呼吸のワークショップで体と心をほぐし、自分の響き、内側と外側の世界から一緒に参加している人と、調和してみましょう。きっと、無理なく調和できることに驚くはずです。そして、不協和音や、衝突も、素敵なアクシデントとなって、次の調和を生むことを知っていけるでしょう。無意味な動きに、意味をつけてみます。ランチ:cafe水照玉 にて各自でランチ。14:00~17:00 [五感解放ワークショップ]屋久島在住の舞踏家、ふじえだむしまるさんと野外でのワークです。からだと心を、本格的に屋久島の自然に委ねてみましょう。 温泉(移動1時間)夕食:宿泊:GuestHouse水照玉3月20日(月:祝)春分の日は自然を讃え生物を慈しむ日と、法律で祝日に定められています。おもしろいですね。きっと、自然をいつくしむには一年のうちで最適な時なのかもしれません。この日は、自由行動です。変化した あなたで、屋久島を自分で感じに行きましょう。夜:ジャングルキッチンで「木歌ライブ」 春を祝います。生まれてきたことを祝います。参加者の方と表現できる発表時間を設けます。思い切り表現してみてください。宿泊:ジャングルキッチン朝、目が覚めたら、ご挨拶して、解散です。どうぞ自分の世界を輝かせてください。 _______________________________________ご参加、お待ちしております。予約、ご質問など、こちらへどうぞ。moccos_japan@yahoo.co.jp viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 05 Feb
    • 2017年明けまして、おめでとうございます。

      謹賀新年:酉 (このひよこちゃんは昨年からのうちのメンバーです。ただいま3羽お庭で飼っています。毎日卵を産んでくれています。)立春を過ぎました。旧正月が明け、光の到来です。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。今年は、初心に返って、本当に大切なことを見直し、始めていくような年にしたいと思います。書き初めは、「健やか」と書きました。自分の健やか、皆様の健やか、それが、世界平和の根源だと思います。ふと、今を見ていると、「実感の時代」だと思うのです。インターネットもとても便利で、有効活用させていただいておりますが、偽物と本物はどこにあるのか未知数。情報が多すぎて、何が本当に自分にとって、大切なのか、わからなくなることも多々ある時代です。そんな中だからこそ。ご縁や体感はリアルに体感で出会って繋がっていくものです。押し付けがましい音楽ではなくて、感じる余白を持ち合わせた音楽を。酔わせる音楽、上げる音楽。いろいろ好きだけれど、自分自身を感じる音楽を。「ライブ活動」を通して、「声と呼吸のワークショップ」を通して、いろんな方々と触れられ、自分の価値観を広げていけることに感謝です。今年も、全国、世界各地で、活動してく予定です。ブログを観ていると、あまりに記録が少なくて、寂しくなりました。でも、記憶に残っているからいいんです。残らないものは、忘れていけばいいんです。私の歌も、生で聴いて欲しいのです。また、地球のどこかで、お会いできる日を楽しみにしています。もっか 拝 viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
  • 15 Sep
    • Mov: 「Liquid」木歌&ohpハラタアツシ

      「Liquid」(液体) をテーマにSessionした動画です。どうぞ、トロけて、流れて、繋がって。 Mov by Shiva Akira 2016/05/07 [ Liquid ] @渋谷LX木歌(Mocca) moccamocca.amebaownd.com(FaceBook) facebook.com/MoccaNew/ハラタアツシ(Atsushi Harata )aohpalight.tumblr.com/ viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      7
      テーマ:
  • 09 Sep
    • 旅から旅へすべてが日常。

      こんにちわ。残暑お見舞い申し上げます。わたくしは、6月末の田植えを終えて、一息ついて、ほっとして。日本を出ました。6月末から8月頭まで1ヶ月と少しの、ヨーロッパツアー。 イベント詳細などは、FaceBookの木歌ページでもご確認いただけますので、日々のアップデートをこちらでごらんいただければ幸いです。https://www.facebook.com/MoccaNew/今回はドイツ :ベルリンフランス :パリオランダ:アムステルダムノルウエー:アーレンダル で、Liveと声と呼吸のワークショップを行いに行きました。とても素敵な出会いと、多くの方々のご声援と支えによって、素晴らしい時間を共有できました。ありがとうございます。 どこも同じように感じたのは、「石」の文化。日本は、木材家屋によって培われてきた文化背景がありますが、石の文化はやはり長い。ライブさせていただいた場所や、ワークショップを行ったStudioもどこも軽く100年越えの建物で、その響きは、実に深く複雑で、歴史を感じました。たくさんの、記憶ごと、声とともに、跳ね返ってくるような。そんな重厚感のある響きでした。そして、自然の姿を良しとしてきた日本とは、比べ物にならないほどのデザイン力をいたるところで感じました。どことっても、おしゃれ。。。 教会でもSingingテロ!と題し、いろんな国の教会で歌ってきました。ときに、誰かが踊りだしたり、すばらしい賛辞を送っていただけたり。管理人の方がノリノリで、パイプオルガンまで弾いてくださったり。素敵なハプニングが続出でした。 歌声は、はるか彼方。すべてのDNAに訴えかけることができることを、実感して帰って来ました。連日、Liveにこぞって遊びに来てくれたり、急遽ライブを組んで下さったり。様々な人種の、様々な年齢層の、様々な職業の方々の、心の奥深く、はるか彼方に触れるような、そんな歌が歌えた気がします。反応はざまざまでしたが、「UNIQUE!! 」こんなの、始めて!聞いたことない!みたことない!それこそが、最大の賛辞の言葉であることを、教えてもらいました。この糧を大事にして、また、歌い、日々精進させていただきます。 ベルリン在住のDidiさんのOh Yhea Redioベルリンに出演させていただきました。教会で、歌う映像もありますので、面白おかしく聞いてください。 viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      2
      テーマ:
  • 29 Jun
    • 2016田植え祭り。ありがとうございます。

      2016年6月18日。19日。に無事、今年も、田植えを行うことができました。改めまして、ご参加くださった皆様に御礼申し上げます。 「楽しい暮らし再発見!」ということで、自然のリズムで生きることを、みなさんとシェアすることを始めて今年で3年目でした。3年目で、しっかりとした信頼関係が出来上がってきていることに、喜びを感じています。本当に、ありがたいです。岐阜に戻って、5年がたちました。おかげさまで、岐阜でも楽しい人々に囲まれながら、充実した日々を過ごしています。「自然と共に。」とあえて言うのが恥ずかしいほど、当たり前に。 それでも、なかなか、岐阜の都会の人は、田植えなんかには興味もありませんし、田畑はまだまだ、退職した老後のぜいたくな遊びの一つという感じもあります。それでも、私がこうして始めたことに、付き合ってくれる、同世代の皆様は、「海いこうぜ~!川いこうぜ~!」というようなのと、同じノリで参加して、楽しんでくれました。田んぼのどろんこプールに入って、みんなで並んで苗を植えるのは、本当に楽しい時間です田んぼが私は大好きだーーーっと、今年もおもいました。 その昔、みんなでやる田植えは「合コン」のようなものだったと、聞いて衝撃を受け、途中から「FAMILY 向け 田植え合コン」という、テーマでいました。子供にも参加して欲しいし、大人もオシャレしてわくわく遊びに来て欲しい。という思考です。田んぼスタイリングも楽しんで、オシャレに決めて、遊びながらやりました。w楽しめば、みんながいれば、しんどいことも、そうでもない。  そして、18日には、東京から今年もやってきてくれた「バリアージダンサー」の美女たちも楽しんでくださり、今年も、美しい~~~ラインを引いてくれました。ピシーーーっ! そして、19日はこちらも、東京と伊勢から参加してくれた「SUNDRUM」も田んぼプールで泳ぎまわりながら、一緒に「田植え歌」できました!(だんだん慣れてまた来年はもっと歌えるようになっていく予定。)一度「田植え歌」の中でやってしまうと、あると、ないと、では、全然気分が違います。 栃木から来てくれた、自然な農業しながら美味しいご飯を出してくれてるSmileFirmKitchen のマサマホちゃんが教えてくれたんですが、「怒っている時に種を撒いても育ちが良くないという話がある。だから、子供や若い女が楽しい気持ちで苗を植えるとすくすく美味しい米ができる。」という、面白い話。 なるほど、納得する。生き物同士の、関わり合い(食物と生産者)について新しく気づくことができました。手植えで毎年、大爆笑して植えるから、だから、うちの米は豊作でうまいのか。 その中でも、田植え歌をなぞって一人一人、回していった掛け声の時間がすごく良かった。即興で、歌回し。田植えの楽しさ、今日の天気、昨晩のいい女の話。 面白かったです。今年の米も、おいしく育ちそうです。あとは、草をすこし、こにょこにょ、泥に埋めたりするのを夏何回かやって、見守ります。大地、水、に感謝です。何にもしないで、田んぼがすくすくお米を育ててくれるのを実感すると、本当に、祈りたくなるんです。祈ることぐらいしか、ないんです。(もちろん農薬も、肥料も、虫除けも、しません。金も労力もかけません。)今年も、豊かな気持ちを共有させていただきました。田んぼに向かって、手力雄神社さんに、五穀豊穣を祈願して祝詞を読んでいただき、田んぼの前で、ご祈祷を受けました。 去年の米が、今年の苗に繋がっています。「繋がっている。」人の関係も、文化も、習わしも、意味も、人と自然も、米と虫も、去年も今年も来年も、ず~~~っと、繋がっている。ただ、ただ。ということを、再発見しています。本当に、どれだけのことを、人間は意識して行うために、複雑に考え、研究し、壊し、また、再発見してゆくのか。知れば、やれば、なんて、シンプルなことなんだろう。と、単純な私は思っている3年目です。「現状で大満足する。」自然と働くと、そう、教えてくれます。私の生き方まで、だいぶ楽になり、笑顔が増えました。歌を歌って、表現活動をして生きていく。というのは私にとって、孤独を感じる作業でもあります。でも、田植え祭りは違う。みんなでやるヤツ。 一年 に一回。私が、これをやるのは自分と地元をつなげる大事な祭りです。人と関わること(愛し愛されること)こそ、楽しい人生の秘訣!だから、2日間楽しいことばかりでした。一番楽しんだのは、主催の私だと、自負しています。 今年は、箱庭鉄道さんにご協力いただきまして、JR那加駅、新那加駅と手力雄神社、田んぼをつないでいただけたことも、ものすごく面白かった。バスが通ると、この祭りに気が通る気がしました。楽しくご参加いただき、感謝です。バスの時刻を伝えてくださる、制服姿のバスのおじさんが、映画のワンシーンのようでした。18日15:00~旧社務所で、ワークショップ:私の呼吸と声のワークショップの時間は、神社の空気を感じられた、特別な時間でした。バリアージ主催のChie Noriedaさんのワークショップは楽しくて筋肉引き締まりました。 18:00~「天の岩戸開き編」木歌とゆかいな仲間達。バリアージダンサーs&Chie Norieda(天照大神)& 武村国藏(Drm)&工藤桂(G) From 東京弥生時代(縄文時代)松久ひろゆき(サトビックヴィーナ)じゅり(コンガ)はっちゃん(Dijuridoo)まっすん(手力雄の尊)たいち利枝(天宇受売命)YousukeAsano(照明) :今回2回目となる「日本神話」のワンシーン「天の岩戸開き編」ができたことすごく嬉しく思います。せっかく手力雄神社さんでやらせていただくので、みんなで日本がどうやってできたかを知ることは、自分たちのつながりを知ることだと思って大切にしていきたいことの一つです。創意工夫で見事に暗幕で岩戸を模し、岩戸が開くと、後ろに控える「天照大神」と金びょうぶ。緊張感高まる演出と、ダンス。美しくて、キレのあるダンス、バリアージダンサーズに、今年も岐阜はメロメロでした。やりきった後の、爽快感といったらない、集中した時間でした。最後は、爆裂Session !! 会場全体、近所のおじいちゃんおばあちゃんも踊ってました。「踊るあほうに見るあほう!同じあほなら、おどらにゃ損、損!」です。19日12:00~17:00「おじんじゃマルシェ」今年はたくさんの方々に出店していただきまして、感謝です。コルリ(雑貨)フラマン(雑貨)ちゃわんむし(陶芸)ぴりか(雑貨)プランツ兄弟(植物)KatoJukenFactory(木製雑貨)Ho-bi-ya(雑貨)D'sKitchen(豚丼、パニーニ)MikiFuseya(似顔絵)旅人の木(Coffe)Hifumi (カレー)しあわせはっち(パン)おたからファーム(野菜)庭箱鉄道(鉄道Goods)手力雄神社(かき氷)Moccos(染物)前日の晴天とは打って変わって、雨の中になりましたが、旧社務所内もかわいい雑貨が並び、素敵な空間でした。そして、外での出店も、おじんじゃの空気と森に癒されながらの、気持ちいいものでした。私自身は、[Moccos]で初出店。藍染、茜染のお洋服や手ぬぐいなんかを中心にプランツも出品しました。思っていたよりも売れ行きは好調で嬉しかった。出店すると、ゆっくりいろんな話ができて、楽しかったです。 15:00~はアフリカン太鼓のマンデンカンが外でライブしてくれました。そして、2日間、お祭りにお餅を添えてくれた、餅つき「弥栄」さんも。みんな、つきたてのお餅と、石臼の餅つきに、感動。 19日 17:00~「祭りじゃ祭りじゃ編」SUNDRUM From 東京&伊勢 のLIVEと木歌LIVE.ものすごい勢いと躍動感で、最後はみんなで踊りまくりました。すんごい嵐。祭りそのものでした。 ざぁ~~~~~っと振り返ってみました。覚書。関わりいただいた方に、改めまして、感謝です。また、収穫も楽しみであります。本当に、ありがとうございました。もっか 拝(ちなみに、無事、田植えも終わりまして、私は今、ドイツベルリン空港でこれを書いています。一ヶ月とちょっと、ベルリンに滞在したのち、オランダ、ノルウエーに参ります。世界は一つ、愛しかないこと、歌いまくってきたいと思います。ライブもですが、声と呼吸のワークショップもやってきます。私の知ること感じることをシェアしてこようと思います。そして、いろんな人の考えや感じていることを聞いてきたいと思います。)また、世界のどこかで、お会いできること楽しみにしています。 viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 08 Jun
    • A ME 「Yasashii Ame」6/8(水)発売開始。

      雨にぴったりなCDが、雨の時期に出来上がりました。ご予約いただいていた方々に続き、本日は、みなさまへ発売開始の日取りです。 songs:1.KAZE (Winds)2.AMADARE (Raindrops)3.BARA GUMO (A nimbus of rose)4.Amazing Grace~Feeling Goo5.MAGIME (Misery)6.WakeUp Happiness. personnel:Vocal/ 木歌=MOCCAPiano&Bass& Mixing/ Fiori HanawoGuitar/ Samuel Hällkvist (From Denmark)Drums/ Frederik Juul Hauch (From Denmark)JACKET design by Mai britt (From Denmark)Band name: A ME(あみー)album tittle:  Yasashii Ame.Plice : ¥1500recorded: 2015-2016通販ご注文はこちらへ:moccos_japan@yahoo.co.jpお名前、ご住所、注文枚数。をよろしくお願いいたします。 viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 31 May
    • 田植え祭に行こう!2016 How to get there?

      [ 田植え祭りへ行こう!] 2016年18日19日場所 :Adress (田んぼと神社は歩いて10分ほどの近くです。)田んぼ:各務原市那加五反田町20(7:00~12:30)手力雄神社:各務原市那加手力町4 ○ さあ お車で。(駐車場80台手力雄神社)By Car .東名高速道路「一宮」から、東海北陸道「高山」方面へ10分。岐阜 各務原インター下車北へ。5分。○ 東京から約5時間○ 大阪から約2時間半○ 京都から2時間 ○さあ 電車と、箱庭鉄道バスを使って。By Train & Bus.JR岐阜駅 から「高山本線」へ 名鉄新岐阜駅 から「犬山方面」へ乗り換え。JR那加駅 or 名鉄 新那加駅 下車。そこからは、☆ お田植え祭り専用バスが出動しています。(庭箱鉄道さんにご協力いただいております。)(バス停に時刻表などの看板はありませんが、公共のバス停と同じです。) 那加駅→ 新那加駅→ 田んぼor手力雄神社  ぜひ!この機会に、わくわく箱庭バスをご利用下さいませ!!(((o(*゚▽゚*)o))) 朝一番の、田んぼへもバスで。遠方から、電車でお越しのお客様も、お酒を飲みたいお客様も、これで安心。朝は、7時の田植えに間に合うように、駅から田んぼまでをつないでくれます!18日はワークショップ、公演に合わせて。19日は、おじんじゃマルシェ、公演に合わせて、運行!帰りも、しゃべりすぎても、大丈夫な時間まで、運行してくださいます。感謝、感謝です。みなさん楽しむしかないでしょ~!この日だけの、プライベートバス気分味わってくださいね^^※バス停は、駅の通常のバス停です。(新那加駅はコミュニテイバスのバス停です。)※当日は、混乱を避けるために、看板や時刻表の掲示がありません。※ 手力雄神社前には、時刻表を掲示します。※バスの運転手さんにはちゃんとお礼と挨拶を。(素敵な運転手さんなのでぜひ悩み事でも相談してください。)※箱庭鉄道をご支援いただけるようでしたら、運賃箱に、お気持ちをお願いします!!※箱庭バスピンバッチのグッツ販売もあります!(オススメ!かわいい!) viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 22 May
    • A ME アミー (New sounds has come.)

      New BAND [A ME]  アミー! ○雨の日に、下北で、Jamったんだ。ああ、うだうだした天気の1日だな。と思ってたんだ。街は雨の中、神輿を担いでいた。八幡様のおまつりだった。なんせ、北欧デンマークからきた音友達でさ、おとなしくて優しくて、どこか重い。そんな2人だった。日本人の僕らまで、白夜が続く薄暗い曇り空の夜のない、世界を想像できた。つまらないような、眠いような、けだるいような、湿度が多い。手につかめるものなど何もなくて、家に帰ったら、ハナヲさんがJamの音を送ってくれてた。聞いて、びっくりしたね。鳥肌がたった。変な音楽だった。あぶり出しの絵みたいに、ぼわっと現れたと思った。何がどうなっているのかわからなかったけど、大事なツボはよくわかった。その、ツボ押し、念押しのために、録音を全員が重ねた。そうしたら、わたしには物語になっていた。「雨のわたし(Ame)」の物語。セリフは、「神様とわたし」しかいない。あとになって、ひやかしが欲しくて、誕生日に集まった仲間たちに、冷やかしを入れてもらった。(Tr5.MAGIME (Misery)最後の曲(Tr6.WakeUp Happiness.)は、晴れた日に。光が差し込む、聖堂の中だった。雨の日は、この最後の曲ために用意されたかのようだった。重たい雲をのせて、起き上がった幸せは、「YasashiiAme」が教えてくれ教えてくれた音。死ぬときに、何かわかるとすれば、こんな音が聞きたいと思った。そういえば、あの、最後の曲を録音した日に、「なんて死ぬのにいい日なんだ!」って言っていた。死ぬのなら、こんな日に死にたい。そんな晴れの日だった。もうすでに天国。ありがとう、A ME 。[Electric Press Kit for "A ME" 1st album.2016]band name: A MEalbum tittle: Yasashii Ame. ¥1500recorded:2015-2016 注 :ジャケット らくがきVar(販売CDジャケットとは異なります。) songs:1.KAZE (Winds)2.AMADARE (Raindrops)3.BARA GUMO (A nimbus of rose)4.Amazing Grace~Feeling Goo5.MAGIME (Misery)6.WakeUp Happiness. personnel:Vocal/ 木歌=MOCCAPiano&Bass& Mixing/Fiori HanawoGuitar/Samuel Hällkvist (From Denmark)Drums/Frederik Juul Hauch(From Denmark)☆CDリリースを記念して、「ありがとうシール」を CDご購入の方にプレゼント!(数量限定) & 国際交流で大活躍の、「ありがとうシール」は、Ameメンバーが出会った外国人の人ももらえる傾向があります。(数量と渡せる雰囲気限定)CD通販 お申し込み : moccoss_japan@yahoo.co.jpName:Adressご住所 :phone:5月以降の出荷になります。JAPAN ONLY.送料140円(定形外郵便)  viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      1
      テーマ:
    • 声と呼吸のワークショップの話。その3

      「声と呼吸」の関係について、考えて行くと、「心と呼吸」の関係も良くわかってきます。今回は「緊張」について。声を出したり、歌う前に、緊張したことがある経験をお持ちではないですか?固い声になったり。きつい口調になってしまったり。優しい声や、伸びる声は緊張していると、難しいものです。動きもそうです。緊張していると、がさつな印象を与える動きをします。もしかしたら、少し口調や態度がガサツに見えてしまう人は、緊張しているのかもしれません。そんな時は、、、チャーンス!自分の呼吸を観察しましょう。心臓の音まで聞こえてくるかもしれません。そして、ゆっくり歩きましょう。呼吸を聞きながら(意識しながら)ゆっっくり歩けるようになれば大丈夫。それができれば、自然に声が出やすくなっています。そのために、まず、呼吸を「意識」するんです。ある程度の「緊張」は、とても魅力的です。それは、別名を「集中」とも呼ぶのです!何かに、意識が、集中している時。それは「緊張」になります。その「集中」が自分自身へ向けられたなら。。。それは、すばらしい表現になると思います。もし、誰かを説得するのなら、きっと、あなたの気持ちは伝わります。もし、ライブをするなら、きっとその緊張は、醸し出す気迫へと変わります。ワークショップでは、呼吸を意識することから始めます。だから、静かな場所でないと、、以外と難しいです。ですから、呼吸に集中できるまでの落ち着きがある人、、でなければできません。。注:(そのためご参加を小学生からに制限させていただくことにしました。)よく響く声を出すには、何よりも、自分を硬くさせすぎず、その溜まった力を利用(意識) して、発声へ向けることが必要です。緊張しすぎていると、いい声はでないのです。それができるようになるために、「呼吸法」をガイドします。そこからワークショップが始まります。私が歌う前にずっと重ねてきた、おまじないのような呼吸法。自分の体に、自分の声を響かせましょう。それが、いい声、伝わる声。の答えだと考えています。もっか 拝 Photo By SHIVA . Ohp by ハラタアツシ /2016/7/May viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 16 May
    • Fes:6月18日.19日:田植祭2016@各務原 手力雄神社

      2016年6月18日(土).19日(日)田植祭  2016@各務原 手力雄神社:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::田植祭を岐阜県各務原市那加総社 手力雄神社さんにて行う運びとなりました。ほったらかしだった「田んぼ」を無農薬、手植え、天日干し、での「なるべく自然農」をゆるりとモットーに、やり始めて、3年目となります。ひとえに、関わっていただいた皆さまのおかげです。おかげさまで、今年も田んぼを皆さまと一緒に体験し喜び、お米の力の凄さをまた実感する時がきました。                 本当に感謝です。やればやるほど、過程が見えれば見えるほど、ミエナイチカラにお祈りしたくなります。もう、あとは、お天道様の言う通り。昔はよくわからなかった感謝がじわじわでてくるのがわかった2年目でした。本年も手力雄神社さんにお力添えいただいて、五穀豊穣を祈願していただきます。毎年、多くの気づきと豊かな時間をありがとうございます。岐阜の人、東京からを始めとする全国世界各地からお集まりいただく人、そして、おじいちゃんおばあちゃんから、同世代、子供達いろんな世代の人、いろんなお仕事の人、「お米つくり」を通して、様々な種類の人が集まって、様々な幸せの交換をしあう場所となることを嬉しく思います。 ただいま、すくすくと苗床が育っています。(本年は始めて田んぼで水耕栽培)これは2日間にわたる「田植え」にまつわるお祭りです。「楽しい暮らし、再発見!触れてみよう、自然な暮らし。」 FaceBook EventPage はこちら!(⭐︎出店情報、苗床の成長日記、随時更新していきます!)今年は、2日間、朝から昼までの「マジ田植え体験」 午後の休憩には、18日(土)は「ワークショップ」で豊かな時間。    19日(日)はお神社で「おじんじゃマルシェ」で平和的マーケットを開催します。 そして、夕方から夜にかけては、手力雄神社にて熱い熱い、音楽とダンスを!!東京、三重から、素晴らしいダンサー、ミュージシャンをお招きし、もちろん待ち受ける濃ゆい岐阜人達がしっかり共に演奏奉納いたします。 2015奉納舞 バリアージダンサーさま達今年もやってきてくださいます! 18日(土)~天の岩戸開き編~(日本はじまり物語)19日(日)~人生はお祭りじゃ編~と、盛りだくさんの2日間。どうぞ、どなたさまもお入りいただけますのでぜひご参加ください。(¥初穂料制:おこころもち❤️物資可) ☆ 6月 18日 (土)~自分の手で、田植えしよう!~>7:00~ 集合場所:各務原市 那加五反田町20       (ずっと無農薬の田んぼです。)>12:30~ お昼ご飯 (そのまま田んぼでランチ¥500) 各自休憩(手力雄神社まですぐ近く。お神社に休憩どころあり。仮眠可能。@旧社務所車で15分「美人の湯」有〼http://www.bizin-yu.co.jp/)>15:00~  バリアージ感性ピカピカワークショップ(4歳以上)/もっかの声と呼吸のプチワーク(小学生以上)(初穂料/おこころもち)@社務所内20畳ほどあります。>18:00~ 開場  @社務所内「田植え祭:奉納の儀 (音楽とダンス)」 ~天の岩戸開き編~バリアージ (舞)(From東京)弥生時代(民族楽器バンド)with 武村国藏(Drms)& 木歌( 唄 ) とゆかいな仲間たち。        ☆19日(日)(手力雄神社では12:00~17:00 おじんじゃマルシェを開催します。)~自分の手で、田植えしよう!~>7:00~  集合場所:各務原市 那加五反田町20      五穀豊穣を願って手力雄神社宮司による<御神事> 20分ほど       >12:30~ お昼ご飯 (神社に移動:おじんじゃマルシェにて)>17:00~@社務所内「田植え祭:奉納の儀(音楽とダンス)」 ~人生はお祭りじゃ編~SUNDRUM (太鼓&舞)(From東京&伊勢)マンデンカン(アフリカン太鼓&舞)& 木歌( 唄 ) とゆかいな仲間たち。 ●「自分の手で、田植えしよう!」にご参加のあなた様。持ち物:汚れても良い格好、着替え、タオル、日よけの帽子、  飲み物、サンダル、必要な人はサングラス、MyカップMyはし (できればお持ちください!)※ 雨天の場合はカッパ (雨天決行)※ 裸足が嫌な人は靴下を履いたまま田んぼに入る方法もあります。  ☆おじんしゃマルシェ出店者募集中(いいものいっぱい!循環する世界マーケット。)19日(日)12:00~17:00(11時ごろから準備していただけます。)出店料1000円(当日徴収)※飲食店の場合、岐阜県の営業許可証が必要です。(保健所へ。ask!! 058-380-3002 )※作ってきた菓子を販売するには、菓子製造業の許可があれば大丈夫です!他県の方でも出店できます。田植え祭りに関する、お問い合わせ:ideacomefrom@gmail.com viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
    • 声と呼吸のワークショップ@Gifu Studio450.5周年Party.

      2016年6月05日(日)@美濃加茂 souko450~  声と呼吸のワークショップ ~時間 : 14:00~ 15:30(90min)Fee   :  ¥2500 定員 :15名【 会場】岐阜県美濃加茂Studio Souko 450https://www.facebook.com/ss450/岐阜県 美濃加茂市西町4-50TEL : 0574-42-8037ご予約は以下のメールにお申し込みください。もしくは、参加ボタンではご予約完了いたします。burimocca@me.com ********************************************************************同日、StudioSouko450ではスタジオの5周年祝最中!丸一日楽しめるようになっております。外に、円形の農園(NOEN)を持つ、生きる事そのものにアプローチをかけるStudio450.もちつきに、BBQ!そして、17時からスタジオ主人 やまだしげき 氏とスタジオを囲む、素晴らしい表現者の方々でのSpecial公演もあり。ぜひ、お時間に余裕をもって、楽しみに来て下さい。FB イベント詳細 ↓https://www.facebook.com/events/963392890443956/```````````````````````````````````````````````````````````````````````````````深く深呼吸。声は、この世で一番人に響く楽器です。そして、あなたの声が、一番あなたに響きます。朝一番に響かせる、自分の声。夜最後に響かせる、自分の声。あなたの声を見つけましょう。あなたの声をあなたに響かせることで、あなたの心と体がほぐれていくのが分かるでしょう。声は健康のバロメーターでもあります。声の出やすいストレッチと呼吸法を合わせて、ゆっくりワークしていきます。※ よりよいうがいを伝授!Myカップをお持ちくだい。※ 締め付けない楽な服装で。(お着替えできます。)※ PrivateLessonも受け付けています。* 個人レッスンの場合は、個人の声に耳をすませ、自分がどうなりたいか、相談しながらやっていきます。⭐︎ Guideガイド:木歌(mocca) 声を楽器のように扱うスペシャリスト。日本国内、海外で活動し、声から作り出されれる世界観は国境や言葉を超える。2001年からの歌手活動暦で培った、様々な歌唱法の経験から、その人独自の声を引き出そうとします。「声の持つ魔法のような力をあなた自身に。」https://moccamocca.amebaownd.com/みなさまお気軽に!ご参加おまちしておりま~す! viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      テーマ:
  • 11 Apr
    • Live:Ame.1stAlbumリリースParty.@Nagoya

      2016/5/11(水)「Ame の水曜日」@名古屋 喫茶 デシベル~Band [Ame] 1st アルバム{Yasashii Ame} リリパ in Nagoya 岐阜在住 world wide Vocalist 木歌(mocca) と デンマークコペンハーゲン在住の音楽家 OrbitStern の2人(G:Samuel Hällkvist Dr: Frederik Juul Hauch).そしてMusicMonster 東京下北生まれ下北在住 Fiori Hanawo. の4人で 2015秋の雨の日。下北沢のレストランで 衝動的に行われた、Jamsessionの 音源を奇才 FioriHanawo が再度Mix.それを元に、新たに各個人がオーバーダビングを重ねていった。すると、その6曲の音源から、あぶり出しのように、素晴らしい世界観とメロディー達が現れた。そのアルバムを、「Yasashii Ame.」 と呼んだ。そして、バンド名を 「A me.」 (ひとりのわたし。)と名付けた。偶然が作り出した、奇跡のAmeの日。この日は、奇しくも[水] 曜日。このAme に濡れに 来て欲しい。時間Time : 18:00 open ~終電まで。Entrance Fee : ¥1500( 1D付き ) & Liveおひねり大歓迎制 .●●● Live ●●●おひろめNewBand [ A me ] vo :木歌 (mocca ) From Gifu. G&Dr : Orbit Stern ( From Denmark ) Samuel Hällkvist / Frederik Juul Hauch    Mixing&compse.pf.bass : FioriHanawo (From Tokyo) ピン: Headeh ( Jenbe from マンデンカン) ●●● Dj ●●●smooth_D Equino coks KANBE ●●● Dance ●●●Mari_A ●●● Paint ●●●Miki Fuseya ●●●Fryer Design ●●●Hitomix 場所: Place 「喫茶decibel」 Adress : 愛知県名古屋市中区栄5-6-33ご予約:お問い合わせ 052-243-7525 (喫茶デシベル)info@decibel8.com Welcome to Japan.2016/05/11.FB EventPage : https://www.facebook.com/events/189174778130027/?active_tab=highlights viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 声と呼吸のワークショプの話。その2感想文

      ●あの日の感想文。1.Cさん 女性 30代今日は、素敵なレッスンをありがとうございました。とっても気持ち良かったです。人前であんな風に声を出せたこと、私にとって快挙です~今日は、ハートからの声が出にくかったのですが…声って、いまの状況が反映していることが良くわかりました。そして、声に引っ張られるように歩くレッスンを体験してみて、声が身体の調整をしてくれるということを実感できました。身体に不調があれば、声で調整していくこともできるんだなということがわかりました。身体の感覚、声の調子、呼吸を自分で視ることができて、自在にあやつることができれば、いつでも心地よい場所に帰れますね。また、次回を楽しみにしています。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::●あの日の感想文。2.Mさん 女性 30代声と呼吸のワークショップに参加しましたMです。昨日のうちにメッセージしたかったのですが、上半身の倦怠感と発熱したような感覚ととにかく眠たくて仕方なくて風邪ひいたのかなと思って早めに眠りました。起きたら嘘のようにクリアになったのでダイレクトにチャクラを刺激した反応だったのでしょうか。。ワークショップはチャクラごとに発声するのが、まさに今の私の状態がそのまま出ていて面白かったです。ちなみに第1チャクラ「ンー」、4の「アー」、5の「イーエー」、6の「ウー」、7の高音の裏声は覚えたのですが(合ってますか?汗)、2、3チャクラ忘れてしまって家でも実践したいので教えてほしいです。それと最後の3人グループでの発表は、動きも声も型がない自由な表現というので今までやったことがなく緊張しましたが最後はやりきった感があり気持ちよかったです。思えば今まで外に向けて自分を表現したことなかったのでスタート前は抵抗あったのですが参加者の皆さんが自然体だったので、自分の小さなプライドとか羞恥心や周りからどう思われるかとかの考えを捨てようと思えました。そうやって体を動かしながら初めて腹の奥から声が出て、身体と心と声は繋がっていることを実感として掴めました。声は本当に面白いですよね(*^^*)私は小さい頃から声がこもって聞き取りにくかったり吃ったり、カラオケが苦手だったりコンプレックスだらけだったのですが、音・声・振動がもたらす様々な影響はとても興味津々です。普段の生活での表現!!是非次のワークショップでも取り入れてほしいです!私はずっと接客業で、対面の仕事は笑顔や動作など視覚的なことも大事ですが、一期一会のやり取りのなかで呼吸や空気感、声のコミュニケーションがとてもとても大事だと感じてます。もちろん対お客様以外にも社内、家庭内、友達、知人のコミュニティもお互い影響しあっていて、どうせなら気持ちのいい振動(影響)を表現して響かせたいです。本当に1時間半とは思えないくらい濃密な時間でした♪5月のワークショップも楽しみです(*^o^*)追記:改めまして。声と呼吸は本当に深くて底が見えなくて興味が尽きません!心身の状態で変わる声。緊張、リラックス、恋してる時の無意識に変化する声。意識的に変える声。その振動による、場や自他への影響。ワークショップが終わってからもしばらく経ちますが変化は続いてます。少しずつ少しずつ自分にも周りにも素直になってきました。教えてもらったチャクラの調律?も思いついたときにしてます。これするとなんかいいんです^^:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::シェアできる喜びを、感じています。ありがとうございます。生きていて、良かった!Mocca 拝 viaMocca's Website. Your own website, Ameba Ownd

      3
      テーマ:

プロフィール

もっか

自己紹介:
【木歌(Mocca)プロフィール】 Musician....

続きを見る >

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

月別

一覧を見る

カレンダー

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。