2018年度
6月23日(土)、24日(日) 


 カエル田植えカメ

無事おわりまっしたっ!
いなフェス ホームページブログ 

https://inafes.com/inafes-2018_thank-you/

 

さて、2日目の#いなフェやっぱり、の田植えから始まりました。

何と言っても、#いなフェス は、楽しくやりたい!から、太鼓のリズムに乗って田植えです。

太鼓の音も、稲の生育にきっといいはず。。!

別府くん夫妻 そして 音の人 ゆうな ちゃん。

アフリカンと和太鼓の自由な音が響く。。。
田んぼに向かって太鼓叩くのも、相当気持ちよかったご様子。

途中、オリジナル田植え歌をみんなで作って歌ってみたりできました。
そして、
田んぼの中で、ストレッチとダンス
アフリカンダンスの先生でもある、地球大好き!太陽のようなお二人。
杉町明子ちゃん&ながやちえこちゃんのおかげで、の~びのびに。
(この二人は美濃加茂StudioSouko450にてアフリカンクラスやってます!)

Babyはおんぶスタイルで、ご機嫌です。曇りでよかったね^^


お昼からは、場所を手力雄神社に移って、おじんじゃマルシェ が開催されました!

晴れて本当によかった。🌞

 

おじんじゃマルシェでは、たくさんの面白い出店者さんたちで賑わいました〜〜!
お客さんもあちらこちらで、笑顔だらけ。
今年はなんと、35店舗の皆さんが参加してくださいました!

 

自分もMoccos出店(染めものとハーブティとCD)&本部 で、たのしみましたが、、
もう来年は、いろんなお店、回って、体験したい。。。写真で振り返ると、行きたかったお店だらけ、、くぅ〜!!悔やまれるぅ〜!

お灸、目ん玉にして貰えばよかった!
よもぎ蒸しもしたかったし!
マッサージも受けたかったし
似顔絵も描いて欲しかったし!
クレープも食べたかったし、もう忙しすぎるのはやめよー!!2019!

また、皆様の来年のご参加も、ぜひぜひお待ちしております!

 

マルシェライブでは、心地よい風が吹いて、みんなが耳を済ませた、

HOLY SM☆KY

  

メキシコから岐阜に帰省しているメキシコ歌曲伝道師 

Sato ちゃん


とても気持ちがよかったです。

 

そしてそして、面白かったのが、、、

今年から現実化した、、おじんじゃART 

 

参加アーティスト:光富さよ(ストッキンッグアート)
         伏屋美希(ペイント)
         鈴村由紀(陶芸)

         浅野輝雄(写真:手力雄神社総代会長)
         月永 進  (写真)

         永田容子  (織物と絵画)
         林 隆一    (コーヒーとボールペンの絵画)
       
       
突如、お神社に出現した作品群。
いつもとは違う姿を表した、手力雄神社。それこそ、(非日常)!

異次元空間にきてしまったような、、自然物と神社とのGAPがとても刺激受けました。

こうゆうの大好きっ!一つ夢がかなった感じです。


今回おまとめ役で、アートディレクターをしてくれた 杉町明子ちゃんとまたワクワク!来年も楽しみです〜!

目指せ、いんたーなしょなる稲作アートフェスティバル

世界中から、いろんな感性を集めて、紹介したいな。

そして、#いなふぇす も終盤。。
恒例のもちつき!  (これも、外人さんめっちゃ喜びそ〜〜)w
餅屋 弥栄

参加者のみなさんで、お餅をついて回りました!
みんなでついたお餅は、それはそれは、
美味しい!
すごい
エネルギー餅

そしてついについに、夜18:00~ の

おじんじゃLIVEで〆。

今年のゲストは、KENTA HAYASHI
岐阜出身で、実家も近いKENTA !
今年は、前日の日本神話も体感
なおかつ、午前中の田植えにも参加してくれて、
どっぷり#いなフェス 楽しんでくれました〜!


かっこいいギターと、ループで織りなす世界観にみんな体がゆれるゆれる〜〜
世界レベルのアーティストの音に、セットに、しびれる時間。

わたしは、あかちゃんのご機嫌を見ながらのライブ!実は、とっても、楽しい。


子守あかり唄歌う。


最後はぐっすりと友人の胸の中でまた眠ってくれて、一安心。

この、空間インスタレーションは、

 

ストッキンッグアーティスト光富さよ さんにお願いしました!


和風の空間に広がる、宇宙。
音の世界とマッチして、みなさまぶっ飛べたでしょうか?

満員御礼の旧社務所内。
心地よい空気でフィナーレへ。

そう。

餅屋の弥栄の2人は、前日から


「最後に餅まきをしましょう。」といって仕込んでくれていたのです!

しかも、神様に一度奉納して、パワーいただいて、、、の餅!

わっと盛り上がって、せっかくなんで、厄年の方に出てもらって、わーーーーっと
祝い餅!

そして、ぱっと解散!

すごい引きの速さ!笑

満員御礼の室内での2時間にも及ぶライブは、盛り上がって、

集中できたけど、その分暑かったかな。。

また、来年も、改良を重ねて、

より良い「#いなフェス」 にしていきたいとおもいマス

しかしながら、今年のいなフェスの個人的反省
[体力うまく使わなきゃ。。]

日曜日の田植え、頑張りすぎちゃって、、
夜のライブ、、疲れ出てましたね、、。
反省。

とはいえ、本当に、たくさんの方々にご参加いただき、感無量です。
続けて行きたいと思える、自分なりの風習があって幸せ。
しかも、一人じゃ無理で、みんなでできる!というのがいいのです。
みんなの風習になったら、嬉しいな。


このイベントは、ほとんど投げ銭制のご寄付でまかなっています。
要するに、最初から約束された賃金はありません。

参加してくれる人の無償の愛 でできているフェスティバル。


だから、笑顔が絶えないのです。
自主性が高いから、面白い発想が生まれるんです。


それを受け取った人(お客さん)が、

ちゃんとした対価(お金なのか?褒め言葉なのか?ご褒美なのか?気持ちなのか?)
を払ってくれれば、その無償の愛は報われます

ぜひ、表現者の人に、ちゃんとした対価を示してください。
それも、「表現」の一つです。

そうすれば、毎年、毎年、どんどん、楽しいフェスティバルになっていきますよ〜〜。
質の高い芸能や芸術が、岐阜、各務原にやってくることになります。

 


世界中、みんなが「表現者」になれば、

みんながやりたいことを自由にやってくれます。
楽しそうです。
それを眺めているのが、とっても心地いい。

毎年、このフェスティバルは、

私の理想とする平和な世界を作っているんだということに気づきました。



うん。


今年も、平和に感謝です。
ありがとう。
🙏

木歌(mocca)  拝