働き方改革のお陰で、大型連休を取得するために企業は頑張ってますわな。

 

連休前になって、怒涛のように届く連休明けのスケジュール確認と予約メモ

連休が明けた後に滞りなく業務が遂行できるように、一気に仕事を片付けている様子が、大量に届くメールから伺えます。

 

で、連休前と連休中、自分のスケジュールをジグソーパズルのように組み立てながら、何から手をつければ良いかわからんパニック状態に陥っている末端にいるフリーターおばちゃん

 

先の仕事までしっかり入っているのはうれしいことだけど、なんと来年3月の予定まで入ってきてて

正直、「そんな先のことはどうなってるかわからん…」という再発がんの治療中患者にやり

ケモの予定とかも組み合わせないといけないから、ケモと仕事をWブッキングしてもーーーたという事があるわけです。

 

ところが、この前の診察で、「あれ?」と思うことが…。

 

ちょっと前までだったら、

「仕事が忙しくて…」というと

「仕事も大事だけど、まずは体のことを優先して」と言っていたドクターやナースたち。

 

なのに、この前、「この週は忙しくて…」と言ったら、

『忙しいのはいいことです。治療のペースを少し落としてもいいから、無理せず両立できるように続けましょう』と。

 

がん治療で仕事を続けられないとか、治療が終わった後も仕事に戻れないという人もいて、

いつも、これから治療を始めるという人には「会社が理解してくれるなら、絶対にやめたらアカンビックリマーク」とアドバイスしてました。

 

だから、ここにも「働き方改革」がいい形で現れてるのだと思いたいビックリマーク

 

・・・・で、大型連休で企業の担当者と連絡が取りづらいこの時期。

Wブッキングを発見して、めっちゃ焦っている今現在たら・・・