PONTE DEL PIATTO@広尾イタリアン

テーマ:

少し前になりますが、誕生日で広尾のイタリアンに行ってきました。

長年の友人のY子が予約してくれたお店は、PONTE DEL PIATTO

 

「前菜・小鉢好き」という私の好みをばっちり抑えてくれたお店セレクト。

季節の食材を使ったお任せコース、

1口前菜の盛り合わせからドルチェまで、全部で11品も出てきました。

 

シックで落ち着いたインテリアのレストランは、とても居心地もよかったです。

 

 

◆始まりの一口料理

◆赤パプリカのスパイシースープ 仔羊のポルペッティとクスクス

 

一口前菜の盛り合わせだけでも、ちっちゃく可愛く、

それぞれ違う器に趣向を凝らした4品も出てきて、最初から嬉しい驚きでした。

パプリカのスープは思いの外スパイシーでパンチあり。

 

 

◆戻りカツオのマリネ 焼きナスピューレ 梨とラディッシュサラダ

◆手長海老とジロル茸のソテー アーティチョークの呉まとモルタデッラ

 

大好きなナスと梨がこんな形で出てくるのは楽しい♪

 

 

◆カワハギのリゾット 百合根とカラスミパウダー

◆燻製した秋刀魚と舞茸 山椒風味のタリオリーニ トリュフ添え

 

カワハギと百合根とカラスミが一緒に口の中に入るととってもいい組み合わせ。

秋刀魚と山椒のパスタは秋の風味で美味しい~

 

 

◆金華豚のロースト ポルト酒のソース

◆4種のチーズソース 自家製ニョッキ

 

メイ料理は本当は鳩のローストだったようです。

昔、フランスエズのシェーブル・ドールという有名なフレンチレストランに行った時、

その時のメイン料理も鳩のローストで食べられなかった残念な思い出があります。

ヨーロッパでは鳩がすごいご馳走なんだと思いますが、私はちょっと無理。。

なので、豚肉にしていて頂きました。

ものすごく柔らかい美味しいお肉とソースでした。

チーズのニョッキは美味しかったけれど、もうおなかがいっぱいだったので

極小サイズの20g。

今だったらもっとたくさんいただきたいわ^^

 

 

◆巨峰のず子っと仕立て カシスのメレンゲ

◆ブロンドチョコレートのムースと栗 きな粉とラムレーズンのアイス

 

ドルチェが2つも!どちらもとっても好みのお味でした。

ブロンドチョコレートって最近流行ってるそうですよ。

 

 

そして最後には、こんな大きなデザートの盛り合わせが出てきました。

これ80㎝くらいあったかなぁ。びっくり。

テーマは「森」だそうです。

 

イタリアのいくつものミシュラン1つ星から3つ星レストランで修業されたシェフの

ご実家はお寿司屋さんだとか。

そういう背景からもこんなに繊細で楽しいイタリアンと和の融合したお料理を

提供していただけるんですね。

とても美味しく素晴らしいレストランでした。

ぜひまたいつか再訪したいです。

 

ナイフとフォークPONTE DEL PIATTO(ポンテ・デル・ピアット)

東京都渋谷区広尾5-19-7 協和ビル1F TEL:03-3473-0707

 

 

 

今年は本当に天変地異が多いですね。

台風や地震の被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

 

もうすぐ法事で四国に行くので、その前に夏のハワイ旅行の記録を

書き残しておきたいと思います。

 

ワイキキのあるオアフ島の他にもうひとつ島に行くなら・・

P。も私も迷わずハワイ島を選びました。

緑豊かなカウアイ島や、マウイ島、豪華リゾートのあるモロカイ島やラナイ島など

ハワイ諸島には魅力的な離島がたくさんあって、新婚旅行でも4島リゾートに

泊まりましたが、一番印象的だったのが圧倒的なスケールの自然が残る

ハワイ島でした。

島のほとんどが真黒い溶岩台地の風景が続く中に、突然現れるリゾートという

シチュエーション。

旅行の計画を立てていた時には、キラウエア火山を空からヘリコプターで

見学しようと思っていたのですが、その後キラウエア火山の噴火があったので

島の反対側の火山の近くには行きませんでした。

7月に私が行った時にはもうほとんど収まっていたようですが。。

 

今回のハワイ島では、サウス・コハラ・コーストの二つのリゾートホテルを満喫。

 

私達が宿泊したのは、マウナラニ ベイ ホテル&バンガローズ

いつもお世話になっている蓼科山荘の建築家のオジサマが、35年前の

建築当初から関わられていたホテル。

 

「マウナラニ」とはハワイ語で「天国に手が届く丘」という意味であり、

古代ハワイアンの聖地とも言われ、「地中海のロードス島」、「アリゾナのセドナ」と並ぶ、

世界3大パワースポットのひとつだそうです。

 


 

広大な敷地の中には、ペトログリフ、洞窟住居、フィッシュポンド、ヒストリックパークが点在。

食後の朝の散歩でちょっと行ってみようと歩きだしたら、イラストのような地図を頼りに

歩くのが大変でした。

 


古代この地は真水が湧き出すオアシスで、現在でもこのエリアは神聖な地とされ、

王族に謙譲するための魚を養殖していたという、澄んだ水面に木々が映し出された

美しい光景が広がるフィッシュポンド(古代の養殖場)。

 

 

燃えるような日差しの中、やっと辿り着けた 古代ハワイアンの洞窟住居。

 

 

角度によってはハート型に見えるこの割れ目の下に立つと、時間によっては

オーラが見えるといわれています。

 


 

 

ハワイ島1日目の夜は、美しい夕日を眺めながらの食事が人気のカヌーハウスで。

ハワイアンキュイジーヌ とっても繊細な味付けで美味しかった。

 

昼間は、目の前のビーチでシュノーケリングしたり、ショッピングセンターで買物をしたり、

有名なコナコーヒー農園に行ったり。。

 

 

100%コナコーヒー農園 GREENWELL FARMS    

 

ハワイ島西部には「コナ・コーヒー・ベルト」と呼ばれる多くのコーヒー農園が

点在する場所があります。

朝晩の寒暖差が激しいこの地帯の気候が、希少性が高く、良質な酸味が魅力の

100%コナ・コーヒーに最適なのだとか。

小さな白いコーヒーの花とコーヒー豆。

いろんな豆の試飲もさせて頂いて、農園オリジナルのコナコーヒーをお土産に

買って帰りました。

 

2日目の夜は、マウナケアビーチホテルへ。

今までに2度泊ったことがある懐かしい場所。

 

 

アメリカの大財閥ロックフェラー一族が開発した、ハワイ島ではかなり歴史のあるリゾート。

煌びやかな豪華リゾートではなく、なだらかな弧を描く白砂のプレイベートビーチがあり、

素晴らしい骨董品などの中に静かに泊まることの出来るラグジュアリーなホテル。

新婚旅行の時、私が部屋の中にいるのになぜか内から鍵が開かなくなって

ホテルの方が壁沿いに窓から助けに来てくれたという思い出もある大好きなホテルです。

 

 

ハワイ島では夕日のスケールも大きい!

海洋深層水を使ってのアワビの養殖も盛んだとかで、アワビも美味しかった~

 

 

マウナケアでは、夜マンタを見ることが出来ました。

餌付けをしているようですが、ダイビング以外でなかなか会うことが出来ないマンタに

会えたのは感激♪

今回はダイビングをしませんでしたが、マンタや色とりどりの熱帯魚を見ると

やっぱりダイビングがしたくなっちゃいましたね。

 

 

 

 

 

ここ数日の酷暑は身に応えますね汗

あまりの暑さに夏風邪を引き、暑いのが熱があるのかわからない状態になっていました^^;

 

朝の連続テレビ小説『半分、青い』

主人公にあまり共感出来ず、う~んて感じで観ているのですが、

先日仙吉さんが亡くなった回は、自分でもびっくりするほど涙が出ました。

最近いろいろあって、人の生き方とかについて考えることが多いので、

あんな理想的な最期を迎えることが出来た仙吉さんが羨ましい!(ドラマですが)

「われら青春!」と叫んでいた中村雅俊さんも90歳近いお爺さん役とは~

私も歳をとるはずです。

「楽しみにしたまま逝くって、ええんやないかね」

という和子さんの言葉にじ~んとしていたら、和子さんも亡くなってしまいました。

あと1か月、どんな展開になるのか読みにくい朝ドラだと思います。

 

■■■

 

お盆の週は、3日ほど軽井沢に行っていました。

ちょうど東京でも涼しい時だったので、北軽井沢は17度で寒いくらい。

全くこの酷暑の時に行きたいものだわ~

 

ランチは、来年も再訪するぞ!と心に誓っていた小諸にある CRESSENT

(去年の記事

 


 


桃とトマトとオリーブオイル&ミントというシンプルな味付けの桃パスタは、

桃の甘味がすべて。

今年は雹がふって木から落ちてしまったので、不作で大変だったそうです。

甘いところだけを厳選して提供しているということなので、パスタ&パフェで

合計4個くらいの甘い桃を食べているということだそうです。

桃好きとしては、1年に一度は食べたくなりますね♪桃

期待を裏切らない美味しさでした。

 

夏の軽井沢はどこも混みこみなので、今回は小諸周辺を探索することに。

帰路も軽井沢から高速に乗るよりも、小諸からの方がかなり時間短縮になるらしい。。

 

かき氷が大好きなのに、なかなか食べられない~ってことで、

渋い上田でかき氷を食べられるお店を探して行ってきました。

 

 

パティスリー ヴァールマタン

かなり桃と迷いましたが、マンゴーかき氷 練乳付き。

柴犬のケンちゃんがいるテラスで、とっても美味しかった~♪

会社のある三軒茶屋にも、最近TVに出ているというかき氷やさんがあるので行かなくちゃ。

 

 

自家製チーズ専門店ボスケソ
個人の小さなお洒落なチーズ工房

スペイン語で「bosque(ボスケ)」は森や里山のこと、「queso(ケソ)」はチーズを意味するそう。

ワインと合うチーズをたくさん購入。

たっぷりの軽井沢野菜と、ワイン&チーズの夕食を堪能。

 

 

にわとり食堂ちゃたまや

今回は軽井沢フレンチのランチではなく、卵かけごはん&親子丼という

なんとも渋い和風のランチを食べて帰りました。