徳島孟浩然ヴォルティス

Tokushima mo-ko-nen Vortis


テーマ:

2017.10.14 アウェイ岐阜戦

2ー0 (得点:内田、岩尾)

ヴォルティスが第一関門をクリアーした。

ひとつ前の記事で、
残り6戦を展望したわけだが、
岐阜、熊本のアウェイ2連戦に勝利できれば、
残り全勝は夢ではない。

そんなことを書いた。

まずは第一関門クリアーである。

第二関門である熊本戦に勝利すれば、
僕たちのヴォルティスは、
全勝してしまうのではなかろうか。

そしてその先には、昇格が待っている。

その意味で熊本戦は、
今シーズン最重要ゲームと言えよう。

熊本戦は、
負ければ終わりのプレーオフ決勝と思って、
戦おうではないか。


試合を簡単に振り返ろう。

前節の草津戦につづいて、
強烈なプレス(寄せ)が機能していた。

わたくし孟浩然(もうこうねん)が、
「ハエたかり戦術」と呼んでいる
ヴォルティスらしいプレスが効いていた。

徳島の虎・前川大河のプレーに象徴される
あの「捨て身のプレス」こそが
今のヴォルティスを支えている。

とはいえ、このたびの試合は、
プレスしつつも守備意識が高かった。

プレス(寄せ)とは、
自分の持ち場を留守にすることも意味する。

相手選手1人に対して3人たかれば、
まわりの相手選手2人は
フリーになってしまう。

このたびのヴォルティスは、
「自分の持ち場」に配慮しつつ、
冷静かつ効率的にプレスできていた。

おかげで無失点。

ヴォルティスの成熟を
ひしひしと感じた一戦となった。


特筆すべき活躍を見せたのは、
やはり徳島の若大将、
内田裕斗(うちだ・ゆうと)である。


選手全員の頑張りで勝利しただけに、
特定の選手を挙げるのは躊躇されるのだが、
内田裕斗の積極性が、
チームに勢いをもたらしたのは事実である。

恐れを知らない若大将が先陣を切って、
岐阜陣営に何度も切れ込んでいた。

いくぶん単調なプレーもみられたが、
彼の「ゴール前への侵入」は、
岐阜にとって脅威になっていたように思う。


内田自身は「クロス」に
こだわりがあるようだが、
いまの彼の武器は「侵入」にある。

クロスの場面でもドリブルで切れ込み、
ゴール前に侵入できれば
内田はもっともっと恐い存在となろう。
(彼はシュートがとても上手い)

それにしても、
久しぶりのスタメン出場で
この活躍である。


これは並大抵のことではない。

内田はいつおとずれるかわからない
出番に向けて入念に準備していたのだ。

たいした男である。


もう1人だけ選手を挙げることを
お許しいただきたい。


そう、
徳島の機関車、
徳島のトーマス、
広瀬陸斗(ひろせ・りくと)が復活した。

途中出場ではあったが、
ほれぼれとするプレーを披露した。

慣れたサイドバックではなく、
めずらしい中盤での出場。

広瀬は強い。

非常に体格が良く、
体幹が強烈なため、
ボールを簡単に奪われない。
バランスを崩すことがない。

孟浩然が好きであった、
「デイビットソン純マーカス」を
彷彿とさせる強さを見せつけた。

そして視野が広いためか、
パスのセンスが最高である。


誰も予想できないような、
意外性のあるロングパスを
バンバン通していた。

サッカーセンス抜群である。

怪我をしていたのに、
どうやってこれほどのセンスを
磨いたのであろうか。

この試合を通して、
力強さとセンスを誇る
そして、底なしの体力をもった
中盤選手が出現したと言えよう。

広瀬の中盤はいい。

さすがロドリゲス監督、
本当に確かな目をもっている。

広瀬陸斗が中盤でプレーできれば、
馬渡と内田をサイドで起用できる。

陸斗(りくと)&裕斗(ゆうと)
二人そろっての久しぶりの活躍、
これほどうれしいことない。

↓ ひとつ前の記事
練習試合とはいえヴィッセル神戸に大敗、ヴォルティスは残り6試合全勝できるか?
↓ クリックよろしくお願いします。
ヴォルティスブログ人気ランキングにリンク
にほんブログ村 サッカーブログ 徳島ヴォルティスへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。