K-POP談義④〜B.A.P「SKYDIVE」〜

テーマ:



こんにちは、12日日曜日はGRANRODEOというロックバンドの沖縄で行われたライブのライブビューイングに行ってきました。
昨日のライブは5年前の2012年時点でリリースされていた曲だけ披露するというコンセプチュアルな企画でした。彼らの曲は昔の曲にたくさん好きなものがあったので、なかなかたまらないライブになりました。


そんな2012年は今のK-POP界を彩るさまざまなグループがデビューした年でもあります。

それでは今回はそんな華の2012年デビュー組の中から1曲、MV考察を中心に紹介します。



▷B.A.P 「SKYDIVE」






B.A.Pは6人組ボーイズグループで、力強い歌声とリーダーのヨングクが作詞作曲を手がける楽曲が魅力です。

「SKYDIVE」は去年リリースされた楽曲で、私がB.A.Pに引き込まれたきっかけの曲です。
こちらの「SKYDIVE」のMVはなんと10分間あります。CD音源の曲の長さは3分半ほどなので、ドラマ仕立てになっている部分がほとんどです。


あらすじ
おおざっぱにいうと裏社会を舞台に繰り広げられる裏切り劇で、MVの最初にかかっているBGMはアルバムの一曲目の「Le noir」という曲ですが、ノワール映画のようなイメージです。


6人で一つのグループとして悪事を働いてきた彼ら。そんな中デヒョンは何者かによって愛する女性を人質にとられ、操られるがまま殺しを働きます。

{8B076E03-B401-4EB5-AF4D-4D1FC45128AC}
(女性が監禁された写真がデヒョンへ届く)


{9398E391-8262-44D7-B3C8-17A0B4DA0CCD}
(特殊な匂いに気づいたデヒョンが写真の裏に水をかけると住所が浮かび上がる)



やがてメンバーのヒムチャンを殺せという命令のもと、デヒョンは実行しようとしますがが何故かヒムチャンに勘づかれています。


{450235C5-51A1-4B49-9953-D18A74BEABE6}
(デヒョンに銃を突きつけるヒムチャン)


彼にあっさり銃を没収されてまい、人質にとられていた女性も死体となった姿で発見されます。


ヒムチャンがここまでの全ての実行犯だと思わされますが、最後の取引現場の殺し合いの後、全員撃たれて死んでしまった静寂の中にジョンオプが目を覚まします。

{CD378899-F475-425C-A935-D2979521BF85}


結局全ての黒幕はジョンオプであり、デヒョンに最後の1発を打ち込んでMVは完結します。




考察と感想
ジョンオプが裏切り者だったのか…という印象が強いのですが、そもそもなぜデヒョンがターゲットとなって愛する女性は殺されてしまったのか?ヒムチャンは裏切り者ではなかったのか?といったような疑問が残ります。

ファンの間でさまざまな憶測が飛び交っていましたが、私なりに納得できた解釈は、デヒョンがそもそも『裏切り者』だったということ。
裏社会で生きる6人、しかし最初の討ち入りシーンでデヒョンは1発も銃弾を放たないんです。他のメンバーがお金に溺れている中でも少し困惑したような表情を浮かべています。

{058FA02E-8571-4A09-8E4B-14BFD1F403B6}



ここからデヒョンが裏社会から足を洗おうとしていて、殺すことをためらうような、いわば他の5人にとっての『裏切り者』になることが暗示されています。

ジョンオプはデヒョンの様子に気づき、ヒムチャンと画策してデヒョンを陥れようとしたんでしょう。しかしジョンオプが最後はヒムチャンをも裏切り、自分以外の全員を殺してしまう。ジョンオプは最初の現場で撃った後の死体にさらに銃弾を撃ち込んだり、ジョンオプがナイフの刃の部分を素手で握りしめるシーンなどから彼のクレイジーさが分かりますね。

{D70666D2-2F54-41AA-A171-870E4B1992B3}


そもそもジョンオプは仲間では無かったのかもしれないし、結末は残酷なように思われますが




このように10分間で一つの映画を見たかのようなストーリーが繰り広げられます。
「SKYDIVE」の曲がこのストーリーに非常にマッチしていてまた良いんですよね…
最後の撃ち合いのシーンなんて迫力満点で、6人全員の演技力に思わず息を飲みます。
ジョンオプのメイクや目付きが猟奇的な演技にすごく合っていると思いますし、デヒョンの葛藤している姿もなかなか圧巻です。

前の記事でも触れたようにこの曲で音楽番組に出たときにダンスの全貌が見えるんですが、ジョンオプのソロダンスがMVの裏切り者であった彼を連想させてくれます。



(リーダーのヨングクはSKYDIVEの活動中、病気が発覚したため休養していました)


B.A.Pの「SKYDIVE」はMVのイメージから音楽番組のパフォーマンスなど全て含めて一つの作品のようで、私はとても好きです。
そもそも私がストーリー性のあるMVで、ファンの間で解釈が飛び交って憶測するのが大好きなのもあります。どこかの番組でリーダーのヨングクがデヒョンのことを「主人公であり裏切り者役」と言っているそうなんですが、公式から与えられるヒントはこれしかないわけです。
あとはMVを何度も見て毎回の発見から「もしかして?」となる感じと、正解は受け取り手に委ねられているのがたまらないです!

こんな感じのMVがK-POPにはたくさんあるので、意味が全く分からなかったりすると逆にそれが楽しくて何回も見て自分なりに解釈して満足しちゃいます。


ちなみに言うとこのSKYDIVEはビルボードワールドアルバムチャートで1位をとったり、MVも海外から高い評価を得ているようですね。



とっても魅力的なので私のようにSKYDIVEからでもB.A.Pを知ってほしいです(笑)
それでは〜

AD