末期がん患者への抗がん剤投与について質問です 慶応大医の近藤誠医師が末期がんの患者は抗がん剤を | 癌治療で死なないために・千島学説的ガン代替治療と超ミネラル

癌治療で死なないために・千島学説的ガン代替治療と超ミネラル

病気を治すのはお医者さんでも薬でもありません。
あなたの免疫、自然治癒力です。
そして、「人間ドック」にかかる医者はいませんし、こんなものは、欧米の先進国にはありません。
誤った医療常識を見直し、自然治癒力を高める「千島学説」と微量ミネラルを紹介します。


テーマ:


末期がん患者への抗がん剤投与について質問です

慶応大医の近藤誠医師が末期がんの患者は抗がん剤をいくら打ってもガンは治らない非常に強い副作用で苦しむだけ苦しんで体力がどんどん弱り最後は抗がん剤で命を失うし寿命も抗がん剤を打つことで短くなるということを言ってました。
彼は末期がん患者は一切抗がん剤を打たないでそのまま余生を送るのが良い、抗がん剤打たないと寿命も延びるので家族と過ごしたり遣り残したことに取り組めてよいということを言ってました。
また医者、製薬会社、厚生省は抗がん剤を患者にたくさん使えば使うほど3者とも利益が得られるといってました。

また欧米では末期がん患者に抗がん剤はつかわない日本は欧米より抗がん剤の使用数や抗がん剤の売り上げがずば抜けて多いこれは抗がん剤を投与しなくていい人にまた必要以上に使ってるためで病院、医者、製薬会社は大もうけしてるが多くの末期がん患者は苦しみながら大金使って寿命を縮めて治ることなく死んでいってると非難してます。

近藤氏の言ってることはおおむね正しいですか?

患者さんが抗がん剤を拒めば治療もできないし今は医学やがん、抗がん剤の情報は多く出てるので患者も無理で望みのない抗がん剤治療はしないと思いますが悪い医者や病院ががん患者をだまして治療することなどあるのでしょうか?

また海外、特に欧米は末期がん患者にはいっさい抗がん剤治療はしないのでしょうか?
日本よりも抗がん剤の使用量、回数ともにすごく少ないのでしょうか?
また欧米の末期がん患者さんのほうは抗がん剤治療をしないという医師の判断をすぐ受け入れるのでしょうか?
「あなたは末期がんです治療法はありません残りの余生を楽しんでください」と急に言われてすぐ納得できるのでしょうか?
何か助かる方法はないか、何かいい治療法や治療薬はないか探したりしないのでしょうか?

最後に抗がん剤を大量に投与してなくなった方は免疫細胞がほとんどなくなっておりそのため患者を解剖すると体の中がカビだらけだということを聞きましたがそれは本当でしょうか?

もし本当なら抗生物質を一緒に投与すればよかったのではないでしょうか?
あとカビというのは具体的に名前は何ですか?アオカビとかクロカビですか?

 




この質問の回答はここから別サイトに飛びます

NPO法人 超ミネラル水普及研究会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります