#終わらない夢を描こう


競技を引退して観る初めてのオリンピック。

試合へ向かう表情、そして試合後の表情。

どんな結果でも
その表情はキラキラしていました。

最高に素敵でした。

そして眩しかった。

私の選手としてのオリンピックの夢は
叶わなかったけれど

引退して一社会人として
私が出来ることは何なのか。

それは、色んな方のおかげで水泳を通して
学べて
助けられたことを

次は、私が皆さんにしてもらったように
誰かの力になりたい。

そういう夢を持って、進んでいきます。

私も、皆みたいに
キラキラ眩しく誰かの力になりたい。



APOLLOPROJECTさんの企画に賛同して
投稿させて頂いています。


アスリートとしての夢を追いかけた後
その経験を活かしたり
地域社会に貢献することを
新たな夢として持つことが
引退後のアスリートの難しさだと思います。


セカンドキャリアといえば
難しく聞こえるけれど


きっと、なりたい自分ややりたい事は
どんなアスリートにもあるはず。


1人では、先がわからなくて
考えることが難しくても
きっと教えてくれたり
救ってくれる方がいるはず。


私も模索中の身ですが
この投稿が
誰かの役に立てたら嬉しいです☺️










竹村幸星