心と癒しのトータルサロン Mind Memory

トータルカウンセラーの みかげです
音譜

今日は知恵と智慧について。


 

生きている中で沢山の経験をして、人はそれぞれに”知恵”をつけていきます。

”知恵”とは
物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力です。



経験を通して、こういうときは、こうしたらいい!

こうなった時にはこう!

こうならない様に、こうしよう!

こうしたいのであれば、こうしていこう・・・・

そんな思考の動きです。


個人の”知恵”の動きや、判断は、その人個人の経験が根本となっている事が多く

万人に共通するものではない事があります。



成功の為のハウツ―本などは、個人の経験の中で得た”知恵”の公表なんだろうな・・・と思います。
 


参考にはなりますが、全ての人に共通するものではありません。


友人などの相談に乗ったりする場合、

たいていの人は、自分の経験上から得た”知恵”を語ります。

 

 


それは、大変参考になる方もあれば、

自分には向いていない・・・と否定する事もあるでしょう。

 

 



個人の”知恵”で成功した! 満足した! という出来事をシェアすることは良い事だと思います。

しかし、

強要することはないな・・・と思います。



理解できないのに、自分のものにしようとする必要もないと思います。

 




相談されたから、助言したのに・・・・

私の思いが通じない…

伝わらない…

 

なんて嘆いている方は、個人の知恵の一歩先にある 『智慧』 を身につけましょう^^

 

 


『智慧』とは
仏教用語で、物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力です。

自分と違う意見、観点、理解してくれる、くれないに関わらす

『そうなのね~』とありのままを認識すること。

 

 



納得しなくてもいいんです。

そういう考えもあるのね~と認めること。

認める…という事と、自分も、その意見や感覚に、賛同する事とは違います。


何事も、あるがままに容認し、見極め、

お互いに、参考にできると思うところだけをピックアップしながら、

相手を認め、自分を保つ事が出来たなら

それは 『智慧』 を得た事になるのかもしれませんね^^





 

ココロと癒しのトータルサロンMind Memory♪
各種セッション・講座などの詳細・お問い合わせはこちらから
ラブラブ
↓ ↓

http://mikagede.com/







 

ココロと癒しのトータルサロン Mind Memory

トータルカウンセラーのみかげです音譜


今日はトラウマについて。

トラウマの解消法

乗り越え方

対処法…いろいろあります。

 



でもね
 



実際は、そう簡単にトラウマを解消することなんてできないなって思います。

 

会話やカウンセリングをしていても、

その時は、そうか!そう思えばいいんだ!とか

そういう考えで見直せばいいんだ!

とか思っても


実際、トラウマと同じような状況に置かれたり

そのトラウマに関する 状況や、言葉、体験をするとひるんでしまう事って多いと思います。


トラウマでできた心の傷の深さにもよると思うのですが

根深い傷は中々癒えないな…と。



私にも沢山のトラウマがあります。

根深いものもあります。


色々な対処法も試してみましたが

トラウマがなくなったわけではないな…と思います。


そして


自分も自分のトラウマと向き合ってわかったことがあります。


実は、トラウマになっている出来事ではなく

そのトラウマによる、2次的、3次的被害?に実は悩まされていることが多のではないか?と。


例えば

親が厳しくて、こんな思い癖がついた…

親に対して言いたいことが言えなかった。

認めてもらえなかった。

というトラウマは最初だとしたら


そのあと、たまたま友達と意見が会わなかった。とか

忘れ物して、先生に怒られたとか

日常誰しもが経験するであろう、嫌なことに対して、過剰に反応してしまう。
 

 


その後も、自分の意見が通らなかったり

違う意見を言われたり、自分の感覚や思いと違うと感じたら

全て否定されたと処理してしまう。

 

 

これが、トラウマの2次・3次被害なんじゃないのかな?って思うのです。


根源は、親との関わりだったのだけど

そのあと、似たような状況すべてを、トラウマに結びつけてしまって

雪だるま式に大きく育ってしまう。

 


たとえ、根源の親との関係が改善されたとしても

その後に起こった出来事は、親とは違う人との問題であるから

根源を理解し、癒せても、中々そのトラウマから解放されないのではないか?

と思うのです。




私自身が実験的にやってきたトラウマ解消法は

トラウマとなっている出来事や状態、事象が起こったときに

”あの時のこと” と無意識に結び付けてしまっている自分に

”あの時” と ”今” の

相手の違い

状況の違い

自分の年齢や立場の違い
 

自分と相手の性格や年齢差の違い

ライフスタイルの違い

価値観の違い

時代の違い

をピックアップして、なるべく感情を入れないように

事実のみを検証するようにします。

 

 

 

そして

”あの時” と ”今” は違う。

と自分に言い聞かせるようにしています。

それを何度もやっていくと

自分がトラウマのように思っていたことも

こうなるんじゃないか…と思っていたいやなことも起こらない時が出てきます。


あれ?

思っていたのとは違うな?って。


自分がトラウマのように良くない方向へ行くのではないか???

と思い込んでいたことが起こらない。という事実を沢山作っていくのです。

 

 

治らない病気を患っていたり

身体に障害があったりすると

”みんなのように普通に” は過ごせません。


深いトラウマは、それに似たようなものかもしれないなって私は思うのです。


だから、



根深いトラウマは、解消するとか、克服するとかって頑張るよりも

気長に付き合っていくって思っていたほうが

いいんじゃないかな?って思います。


そして

障害のある方が、色々な方法を使ってスポーツをしたり

日常生活を送れるように工夫するように

心の傷認めて、工夫して生きてみるってのが

トラウマとうまく付き合っていく行き方につながるんじゃないかな…って思います。


そんなこと言うカウンセラーはいないかもね(^^;)




 

ココロと癒しのトータルサロンMind Memory♪
各種セッション・講座などの詳細・お問い合わせはこちらから
ラブラブ
↓ ↓

http://mikagede.com/

 








 

ココロと癒しのトータルサロンMind Memory

トータルカウンセラーのみかげです音譜

 

今日は 『焦り』についてかいてみようとおもいます。

 

 

 

 

焦る。

なぜ焦るのでしょう?

焦ってしまう時というのは

自分の思い通りに、早く結果を得たいと思う時や

自分が相手より優位に立ちたいと思う時

こうしなくてはならない!!と強迫観念にとらわれた時

 

などに起こりやすいようにおもいます。

 

 



”焦る” に使われる漢字の 『焦』 は

こげる・こがす・という意味の漢字です。


ぼうぼうと燃え立つ炎の中で小鳥をあぶっている・・・

 

という象形文字です(;´∀`)


要するに

 

炎の火力に対して、焼こうとしている対象物が小さすぎるから

焼けるを越して、こげてしまうってことです。アセアセ





思いや、結果に執着しすぎて

早く早く!!とボーボーもやしてしまったら

食えるものも食えないぞ!!って事。



早く食べたいと思って強い炎であぶったのに

まっ黒こげで、食えないってことです。(゚Д゚;)



これじゃあ、食えないじゃん!!ってなるから

もう一度初めから焼き直さなくてはいけなくなる・・・・・

二度手間、三度手間になるってことです。


焦ってやっても、空回りだけで

何も進まないですよね?



そう考えると、焦っても、良い事ないという理由がわかってくるとおもいます ニコニコ
 

 

焦っているな…と感じたら

深呼吸して、気持ちを落ち着かせて、気持ちの炎の火力調整してみましょう。

一人でできない時は

 

カウンセリングへお越しくださいキラキラ

 

 

 

ココロと癒しのトータルサロンMind Memory♪
各種セッション・講座などの詳細・お問い合わせはこちらから
ラブラブ
↓ ↓

http://mikagede.com/

 

 

 

 

 

 

ココロと癒しのトータルサロン Mind Memory

トータルカウンセラーのみかげです音譜


タイトルにある

愚痴・不平不満・批判・怒りは

人間であれば誰でも少なからず出ます。

そして

それらの思いを溜め込むことはよくないです。

 

かといって

拡散するものでもないと思います。


人間関係の崩れや、不和は

これらの思いが、色々な人に伝わり

伝わるたびに、原型をとどめない噂話になり

沢山の人に拡散されていくことが原因であることもあります。


自分が拡散している側になっている時は感じずらいですが

自分のことが、拡散されているかもしれない想像をしてみましょう。


とても嫌ですよね。


しかも

事実とは違ったものになり変わっていることがほとんどです。


しかし

愚痴や不平不満はどこからともなくあふれてきます。



そんな時は

私達カウンセラーが

皆様の『王様の耳はロバの耳』 の穴になります。



こらえきれず

誰かにいいたくくなったら…

カウンセリングのドアをたたいてみてください。


私達には守秘義務がありますからね✨
 

 

 

ココロと癒しのトータルサロンMind Memory♪
各種セッション・講座などの詳細・お問い合わせはこちらから
ラブラブ
↓ ↓

http://mikagede.com/

 





 

ココロと癒しのトータルサロン Mind Memory

トータルカウンセラーのみかげです音譜


今日は節分ですね^^

鬼は~外!!

福は~~内!!ラブラブ


今日は、誰の心にもある、鬼になりえるココロのお話。


人間には誰しも、『善』 のココロと 『悪』 のココロを持っています。

残念ながら、『悪』のココロを無くしてしまうことは出来ません。

『悪のココロ』 ってどんなものでしょう???

極悪非道で冷徹で、人を人とも思わないような行為。

ザ・悪!!なイメージを皆さん多かれ少なかれ持っていると思います。

 

人間が持っている悪というのは

初めからザ・悪!!ではないのです。

 

 

その根源となる、種になる”感情” と ”欲” をみんなが持っているのです。



代表的な種は、7つの大罪でおなじみの欲です。

暴食・色欲・強欲・怠惰・憤怒・傲慢・嫉妬。

言葉だけで見ると、わかりやすいようで。わかりずらいですね。

 


 

 

簡単に言うと

自分の欲のみで貪り、欲しがり、奪う事

自分のことしか考えずなんでも独り占めしたいと思う事

やらなければならない事を怠る事

怒りで我を忘れ、他者を攻撃する事

人を見下し、自分が一番正しいと思いあがる事

他者を妬み、うらやみ、恨む事


どの気持ちも、自分の事しか考えていない

自己中心的な感情です。

これらの感情の種は

自分の中にある、劣等感や焦り・無価値観を栄養分として育ちます。


最初は、ほんの些細な気持ちから始まり

焦ったり、劣等感を感じる事で、思いがどんどん大きく膨らんでいきます。

その思いに自分自身がとらわれてしまった言動や行動は

まるで鬼にとり憑かれたような様になってしまうわけです。ガーンあせる


『鬼は外』

囚われている感情・思い込み
誰しもの心の中にある 『鬼』の種…

自分の中で、大きく育ててしまう前に

摘み取って処分していきたいですね。

鬼の気持ちを自分の中からおい出し

意識の方向を変えることが出来たら

『福は内ラブラブ

自分に与えられている沢山の幸福や感謝の気持ちが満ち溢れてきますよ✨

 

 

ココロの鬼退治。

一人では心細い時は

お手伝いさせていただきますドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

ココロと癒しのトータルサロンMind Memory♪
各種セッション・講座などの詳細・お問い合わせはこちらから
ラブラブ
↓ ↓

http://mikagede.com/