日本の代表食でもあるお寿司は

 

フランス人にも大人気です。

 

SUSHI レストランはパリの

 

街の至るところにあり、また、

 

大きめのスーパーでは

 

お寿司の品揃えもそこそこ

 

充実しています。

 

関連記事 矢印 パリのスーパーのお寿司

 

でも日本のスーパーの

 

お寿司売り場に、必ず、ある

 

助六寿司は見かけません。

 

一般的なフランス人に、

 

かんぴょうや椎茸のうま煮が

 

入った、昔ながらのシブイ

 

海苔巻きが、アボカド・サーモン

 

ロールよりもウケるとは到底、

 

思えないので、それも納得。

 

しかし、フランス人は甘辛い味が

 

好きな傾向にあるので、

 

噛みしめるとジュワ~っと甘辛の

 

お出汁がしみだす、いなり寿司は

 

いつか、ダーリンに、食べさせて

 

みたいと思っていました。

 

そして、夏のバカンスで、

 

リトアニアを旅した時に、

 

日本に、住んでいたことが

 

あるというアイルランド人の

 

女性と話す機会があり、

 

「日本の食べ物で、恋しい物は

 

ありますか?」と尋ねたところ、

 

「いなり寿司の味が忘れられません。」

 

という回答だったのです。

 

それを聞いて、わたくし、

 

よしっ  いなり寿司を作るぞ

 

とスイッチが入りまして、

 

 

人生初のいなり寿司を作ってみました。

 

作る前は油揚げを煮て、

 

酢飯を詰めるだけだからと

 

安易に、考えていましたが、

 

油揚げを破れずに、開くにも

 

コツがいりますし、酢飯を

 

詰める際にも注意しないと

 

簡単に、破れてしまいます。

 

形は不細工でも自分で作った

 

いなり寿司のなんと愛しいことよ。

 

今までは深く考えもせずに、

 

いなり寿司を口に運び、

 

パクパク食べていましたが、

 

これから、いなり寿司を

 

食べる時には味わう前に、

 

形も観賞させてもらいますわ。

 

(大げさ?)

 

さて、いなり寿司を初めて、

 

目にしたフランス人ダーリン。

 

その第一声は

 

このクッション何?

 

お稲荷さんをクッション呼ばわりしよった!

 

そして、お味の感想は

 

美味しいけど、魚やエビが

 

入ってたら、もっといい!」

 

だそうです。

 

いなり寿司の素朴な味わいが

 

わかるにはハードルが

 

高かったかな。

 

次回はリクエストに応えて、

 

いなり寿司を逆さにして、

 

酢飯の上に、海老やお野菜を

 

添えて、彩りを加えてみたい

 

と思います。

 

宜しければ、その他のはじめてシリーズもどうぞ。

 

矢印 あんまんを作ってみたものの…

 

矢印 はじめての「そうめん」

 

皆さまの応援が更新の励みになります。

 

一日一回、それぞれに応援クリック、よろしくお願いいたします。

     

 にほんブログ村

 

☆こちらにもお願いします。 

         ↓


   人気ブログランキング

 

初めての方は 右 こちら も読んでくださいね。

 

フォローしていただくと更新通知が届きます。