12月から断続的に降り続く雨、そして、今週の積雪と

 

悪天候続きのイル=ド=フランス地域圏。

 

降雪や積雪によって、都市機能が低下するのは

 

いたしかたないですが、パリの交通網の混乱ぶりは

 

予想以上でした。

 

特に、バスの運行に関しては如実にそれが感じられます。

 

豪雪地帯にお住まいの方にとって、積雪12cmはなんてことは

 

ないでしょうが、首都圏では大混乱を招いています。

 

雪慣れしているカナダの方々や国内でもフランス東部に、

 

お住まいの方々はパリのこの状況をちょっぴり揶揄しているとか。

 

テレビで報道されていました。

 

ouest france

 

ところで、積雪の翌々日、外出時に、私の前を行くマダムが

 

凍った路面で足を滑らせ、転びそうになりました。

 

マダムは体制を立て直し、転倒は免れたのですが、

 

次の瞬間、私が道路に寝転んでおりました。コテッ

 

交通事故もそうですが、何かに、気を取られている

 

状況というのは非常に危険です。

 

マダムにすっかり気を取られ、完全に油断したのです。

 

我に返った時には仰向けの亀のようになっていました。

 

派手に転び、後頭部を打ったものの、それほど

 

強くではなかったこと、そして、着ていた膝上丈の

 

厚めのダウンジャケットがクッションの役割を果たし、

 

体への衝撃を吸収してくれたのも幸いでした。

 

私は右肘の軽い打撲程度で事なきを得ましたが、

 

報道によるとこの日、午前中の4時間で、救急要請が

 

パリ市内だけで、500件あったそうです。

 

救急要請には至らず、軽症で済む方がほとんどですから、

 

実際にはその何倍もの人がツルッとしているはずです。滑る

 

雪道では靴底に溝がないヒールや革靴はもってのほかですが、

 

雪用のそれなりの対策がされた靴でない限り、滑ります。

 

私の母も雪道で転倒し、腕を骨折したことがあるのですが、

 

普通の靴で、雪道を歩くのは本当に危険なことだと

 

身をもって、思い知りました。

 

今回は大事には至りませんでしたが、今後のことを考えると

 

やはり、転倒しないよう対策を講じる必要があります。

 

そこで、思わず、Amazonで、ポチったのが、

 

 

 

この かんじき

 

 

なわけない。

 

 

 

さすがに、パリで、これは履けませんよ。(名古屋でも履けんわい!)

 

ポチッたのは こちら

 

 

 

こんな風に、どんな靴にも簡単装着できる滑り止めです。

 

同じ商品も販売元によって、値段はまちまち。

 

こちらは送料込みで、このお値段!

 

もちろん、これを装着すれば万全とは思っていませんが、

 

何もしないよりははるかにましです。

 

また、携帯しておけば、旅先で、いざという時にも使えますよね。

 

凍結した道は本当に危ないですから、皆さまも

 

くれぐれもご注意くださいね。

 

皆さまの応援が更新の励みになります。

 

一日一回、それぞれに応援クリック、よろしくお願いいたします。

           ↓


   人気ブログランキング

 

☆こちらにもお願いします。 

     

 にほんブログ村

 

初めての方は 右 こちら も読んでくださいね。

 

読者登録していただくと更新通知が届きます。