先週、知人とお茶することとなり、向かった先は

 

Plaza Athénée(プラザ・アテネ)。

 

 

ハイブランドのショップが建ち並ぶ、モンテーニュ通りで、

 

赤のシェードが一際、目を引く、1913年創業のパラスホテルです。

 

「パラス」は5つ星を越え、宮殿(パラス)と呼ばれるにふさわしい

 

ホテルにのみ与えられる、フランスのホテル格付け最高位です。

 

パリのパラスホテルのサロンはどこも人気なので、

 

予約が欠かせません。(中には予約を取らない所もあり。)

 

もちろん、私たちも予約をしたのですが、サロンの入口で、

 

スタッフから奈落の底に突き落とされる言葉を告げられます。

 

予約が入っていないと言うのです。

 

満席のようでしたが、駄目元で、席を用意してもらえるか尋ねたところ、

 

「ご覧のとおり、満席ですし、ファッションウィーク中につき、

 

難しいです。」と。

 

そりゃ、そうでしょうね。ただでさえ、人気なサロンのうえに、

 

ファッションウィークときたら、予約もなしの(予約はしたのですが)

 

よそ者の入る余地はないでしょう。

 

最も優先されるべきはやはり、宿泊客。

 

世界中からプレスやバイヤー、デザイナーにモデルが

 

パリに集結していますからね。

 

ごねたところで、どうにかなるわけでもないので、さっさと

 

諦めましたが、ラクジュアリーな空間で、優雅な午後の

 

ティータイムを楽しむ予定だっただけに、しょんぼりです。

 

ちゃんと予約は受けてもらったはずだったのに~ キィー

 

実はプラザ・アテネを予約する前に、Four Seasons George V

 

(フォーシーズンズ・ジョルジュ・サンク)の予約を

 

ウェブサイトから試みたのですが、いつもは

 

24時間以内にくる返信メールがきませんでした。

 

そこで、電話で確認をしたところ、ファッションウィークで、

 

繁忙を極めているため、返信が遅れていると言っていました。

 

直接、要望を伝えると希望した日にちでは

 

予約をとることができず、その翌日であれば、

 

予約可能とのお返事をいただきました。

 

それから、3日後、ようやく、ジョルジュ・サンクから

 

ウェブ予約の返信メールが届いたのですが、いきなり、

 

「Monsieur Chan(ムシュウ チャン)」から始まっておりました。

 

 

    誰だよ?チャンって?

 

 

パラスホテルなのに、ダメじゃん。

 

コピペして、よく確認せずに送信しちゃったのねー。

 

ファッションウィークはファッションの街パリが、より華やかに

 

盛り上がりをみせますが、開催中、パラスホテルの利用は

 

セレブの方にお譲りして、避けた方が無難なのかもと思いました。

 

それより、ジョルジュ・サンクの返信メールを主人に見せて以来、

 

私を「マダム・チャン」と呼びはじめ、鬱陶しいので、

 

なんとかせねばと思う今日この頃です。

 

一日一回、それぞれに応援クリック、よろしくお願いいたします。

           ↓


   人気ブログランキング

 

☆こちらにもお願いします。 

     

 にほんブログ村

 

初めての方は 右 こちら も読んでくださいね。

AD