mmのマッタリブログ ー AudioやJazzのこと

mmのマッタリブログ ー AudioやJazzのこと

Yahoo!ブログよりお引越ししてきました。よろしくお願いいたします。

ALTEC6041の間に飾っているアルバムを変えてから丁度1年程経ちましたので、今年も手の進むママに掛け替えをしてみました。

書き替え前(一部のCDは変更しています)




掛け替え後




今回LPレコードは、ブルー系のジャケットからチョイスしました。

 

Ann Burton With The Louis Van Dyke Trio – Blue Burton / Artone MDJ S-3063 1967.

 

Vocals – Ann Burton 

Piano – Louis Van Dyke 

Bass – Jacques Schols

Drums – John Engels

Alto Saxophone – Piet Noordijk (tracks: A3, B2, B4) 

Engineer – Luc Ludolph

 

A1    I Can't Give You Anything But Love

A2    Go Away Little Boy

A3    He Was Too Good To Me

A4    But Not For Me

B1    It's Easy To Remember

B2    You've Changed

B3    The Good Life

B4    In The Wee Small Hours Of The Morning

B5    Sunny

 


Eydie in love / ABC-PARAMOUNT ABCS-246 1958.

 

Vocals – Eydie Gormé

Arranged By, Conductor – Don Costa

 

A1    When The World Was Young

A2    In Love In Vain

A3    Here I Am In Love Again

A4    Why Shouldn't I?

A5    In The Wee Small Hours Of The Morning

A6    Love Letter

B1    Fly Me To The Moon

B2    When I Fall In Love

B3    Idle Conversation

B4    Why Try To Change Me Now?

B5    Impossible    

B6    It Could Happen To You

 

Blue Burtonは、どこか気怠くも淡々と唄い綴ると云った印象です。音質もこれにマッチしていて、クールなサウンドステージにポッとBurtonの音像が浮かび上がる。声の質感はどこまでも清楚で慎ましく感じます。

 

 

Don Costaのオーケストラをバックに唄う、Eydie Gorméの艶やかで張りのある声質は、キュートで愛くるしい。1958年のStereo録音は、ホールトーンの質感を丁寧に描写した見通しの良いサウンドステージで、中央にGorméの瑞々しいヴォーカルを心地良く描き出します。

このレコードは、mono盤よりもStereo盤をお勧めします。

 


ゆったりとした気分で女性ヴォーカルを聴くと、心が洗われてリフレッシュできます。

 

今日は、Bowers & Wilkins804D3のセットで、Jane Ira Bloom - Early Americansを聴いていました。

OPPO DigitalのユニバーサルプレーヤーUDP-205を用いてPure Audio Blu-ray盤を再生します。

 

このアルバムは、JazzTokyoのサイトで、及川公生氏から次の様に紹介されています。

 

JazzTokyo Current Issue No. 262

 

== 引用 ==

 

JIM ANDERSON 録音。空間表現と楽器の響き方に細心の魂を込めた秀逸録音。

 

録音はアバタースタジオ。木製の内装が音の自然さを持つ。スタジオ空間の持つ、ふくよかな響きの空間をマイキングで捉えた技は、ジム・アンダーソンの真骨頂。NYで快く見学させて頂いた時の技は、納得のいくものであり学んだ。

ソプラノサックスの音色はお見事。私の試行錯誤の難物。空間情報がたっぷり。これが、決め手だ。

 

ジム・アンダーソンは過去にないドラムスとベースに挑戦している。重低音のベースの力強さ。ドラムスの音像の濃厚さ。お歳を召してさらに重厚さと粘りの表現に挑戦。ミックスバランスが表現する音像の組み立て。支えるベースとドラムの質量感が前面にしっかり安定。オーディオ指向も気になる。

 

======

 

Jane Ira Bloom ‎– Early Americans / Sono Luminus ‎– SLE-70005 2016.

 


Soprano Saxophone – Jane Ira Bloom 

Bass – Mark Helias

Drums – Bobby Previte

Recorded & mixed by Jim Anderson at Avatar Studios, Studio B, NYC, July 16 & 17, 2015.

Stereo mastered by Alan Silverman, ARF! Digital, NYC

Produced by Jane Ira Bloom & Jim Anderson

 

5.1 DTS HD MA 24/96 kHz

2.0 LPCM 24/96 kHz

Pure Audio Blu-ray

 

1    Song Patrol

2    Dangerous Times    

3    Nearly

4    Hips & Sticks

5    Singing The Triangle

6    Other Eyes

7    Rhyme Or Rhythm

8    Mind Gray River

9    Cornets Of Paradise

10    Say More

11    Gateway To Progress

12    Big Bill    

13    Somewhere

 

ハイレゾフォーマットを活かした、リアリティのあるSoprano Saxophoneの響きは秀逸で、立体的な奥行き感のあるサウンドステージが展開されます。ドラムスの細微なニュアンスを程よい量感を伴って響かせ、ウッドベースは、胴鳴り良く弾力に満ちた艶やかさが心地よい。

個人的には、リズミカルな曲調の「1 Song Patrol」、「4 Hips & Sticks」に魅力を感じます。



 

神奈川県西部は、朝から雨が降り続いています。

大学1年の長女は、2月から自動車学校に通い始めました。暫くの間は、学校への送り迎えをヨロシクという、司令官からの御下命です。今日は生憎の雨模様、運転の教習を受けるのは大変ですかね。

 

娘を自動車学校に送り届け、帰宅してから、このレコードを聴いていました。

 

John Coltrane And Johnny Hartman / Impulse! AS-40 1963.

 


Tenor Saxophone – John Coltrane

Vocals – Johnny Hartman

Piano – McCoy Tyner

Bass – Jimmy Garrison

Drums – Elvin Jones

Engineer – Rudy Van Gelder

 

A1    They Say It's Wonderful

A2    Dedicated To You

A3    My One And Only Love

B1    Lush Life

B2    You Are Too Beautiful

B3    Autumn Serenade

 

1962年からの「Ballads」、「Duke Ellington & John Coltrane」に次ぐ3作目のバラードアルバムになります。Coltraneのレギュラーカルテットをバックにして、Hartmanは、渋くて太い、張りのあるバリトンヴォイスでロマンティックに歌いあげます。

ここでのRVGの録音は、Hartmanのムーディーな唄声とColtraneカルテットの織り成すハーモニーが絶妙なバランスで絡み合って空間に満ち溢れ、素晴らしいです。

Digitalファイルも高音質なのでお勧めです。ハイレゾやUHQCDなど様々なフォーマットで発売されています。