佐藤 美月☆庄内多季物語工房 ~心のエネルギー補給スペースへようこそ~

佐藤 美月☆庄内多季物語工房 ~心のエネルギー補給スペースへようこそ~

山形県庄内からの新鮮便。採れたての物語を召し上がれ。


短い物語の泉の底に、きらりと光るあなただけの天然石が、きっと見つかる。それは、月の光と力を宿すと言われている、神秘的なムーンストーンかも知れないし、『カリブ海の宝石』と異名を取るほどの瑞々しい美しさを誇る、ラリマーかも知れない。
腕を伸ばして拾い上げ、水滴を弾く煌めきに暫しの間、魅入った後は、お好みのアクセサリーにして、さりげなく身に付けてみて。きっと、昨日とは確実に、世界の手触りが違っている筈。



いらっしゃいませ。そしてお帰りなさいませ。

庄内多季物語工房へ、ようこそおいで下さいました。

さて、今宵は、物語収穫人である私、佐藤美月と一緒に、サクセス・モデリングに、チャレンジしていきましょう。

今回取り上げるテーマは、微差をたゆまずに積み重ねていくと、それは後々大差となるということについてです。




私には、私よりも一桁上の年収を、楽々と稼いでいる友人がいます。

何と言っても桁が違うので、結構な差ですよねウインク

そこまで年収の額が違うと、考え方や言動などに至るまで、大幅に違うのではないかと思いがちですが、実際には、そんなことはありません。

フランクな彼女と話していて感じるのは、考え方も、言動も、私自身と比べると、良い意味で、ほんの少し変わっている部分があるという程度です。

言ってみれば、微差ですね。

でも、それを社会に出た時分から、淡々と長期に渡って、積み重ねてきているんですよね。

そのたゆまぬ積み重ねが、後々大多数の人達が追い付けないほどの大差となり、彼女の輝かしい人生の成功に、大きく貢献しているのだという印象があります。

それはかなり時間が掛かるやり方ではありますが、実際には、揺るがぬ成功へと繋げていける、最短距離の一つではないかとも感じています。

何故ならば、私達の人生は、何十年と続いていくものなので、二、三年調子が良ければそれで良いというような、場当たり的なやり方では、たとえ成功したとしても、それを継続していけないからです。

一度成功を掴んだのなら、ぜひとも、それを継続していきたいところですよね。

ですから、長期的な成功を目指すのであれば、その長期的な成功を支えるための磐石な土台が、必要になってくるわけですね。

その土台作りに欠かせない方法の一つが、微差を積み重ねるということだと考えています。

例えば、私達が管理している自らの健康も、微差を積み重ねることで、長期的に保てるものの一つです。

私達が常に健康を保つためには、ジョギングや水泳などの軽めの全身運動を、毎日継続することが、功を奏すると言われています。

それがたとえ軽めの運動であっても、毎日積み重ねることによって、健康を保てるようになるわけですね。

ところが、多くの人達は、軽めの運動という微差や、毎日継続するという微差を生み出すことを、軽視している場合があるものです。

それをやったところで、その時点で目に見える成果としては、微差なので、やってもやらなくても同じだろうと、思ってしまいがちなんですよね。

けれども、それを延々と怠った人達の行く末は、結局は病に倒れ、人生でやりたいことを成し遂げられなかったり、大切な家族を残して、志半ばでこの世を去っていったりという辺りに落ち着くものです。

もしも微差を軽視せず、淡々と積み重ねていれば、健康なままで、人生でやりたいことを成し遂げられたでしょうし、大切な家族と末長く、仲良く一緒に暮らせていたことでしょう。

そんな微差を積み重ねる大切さに関しては、様々な分野で感じることがありますが、私の場合は特に、当ブログの記事の執筆に際しても、感じることがあります。

ブログを長期的に育てていく過程では、たとえ一つの記事を執筆して投稿したとしても、その時点では、微差を生み出したことにしかなりません。

それだけでは、フォロワー数やアクセス数などが、一気に増加することもないでしょう。

つまり、目に見えて出る成果としては、殆どないようなものかも知れません。

それでも、その微差を淡々と積み重ねていくことによって、次第にフォロワー数やアクセス数などが、着実に増えていくようになります。

それから、記事数も多くなっていきますので、やがてはGoogleやYahoo!などの検索エンジンにも上位表示されるようになり、そこからも、アクセス数を集められるようになっていくわけです。

ですから、今はたとえ微差であっても、それを積み重ねていった先の威力を、侮ってはいけないんですよ。

そもそも、私達の人生を分解すると、数万日という日々の積み重ねによって、成り立っていることが分かります。

ところであなたは、一日二十四時間という時間が、毎日毎日、繰り返し与えられることの意味について、考えたことがあるでしょうか?

それは一気に与えられるわけではなく、今日という一日がきっかりと終わった時点で、明日という新しい一日が与えられるようになっています。

それは取りも直さず、一日は一日分、前に進めば良いんだよという意味だと思っているのです。

これが一日の中に、先取りで、今日と明日の予定を一気に詰め込んだり、サボってしまった昨日の分を取り返そうとするからこそ、一日分以上、前に進まなくてはいけなくなってしまって、苦しくなったり、辛くなったりしてくる場合が出てくるのだと思います。

私自身、それに関しては、身に覚えがありまくりで、穴があったら入りたい心境に陥ることが、多々ありますてへぺろ

でも、一日は一日分、前に進めば良いんですよね。

その代わり、焦ったりサボったりして、今日という一日の中に、未来への心配を取り込んだり、過去からの後悔を持ち越さないようにしておくことが大切です。

今日は今日という一日を、思う存分充実させて生きるために、使いたいものですね。

今日という一日の中で生み出した微差が積み重なれば、やがては大差となって、あなたの人生を、長期的な成功へと、導いていくことでしょうおねがい




あなたと同じ時代を生き、あなたと出逢えたことに、心から感謝しております。

今宵も最後までお付き合い下さいまして、誠にありがとうございました。

またのご来訪を、心よりお待ち致しております。



ふんわりリボン佐藤美月は、こんなバックボーンを持っています。詳しくお知りになりたい方は、こちらを紐解いてみて下さいね。




義理チョコ佐藤美月は、小説家・エッセイストとして、活動しております。執筆依頼は、こちらから承っております。→執筆依頼フォーム